--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2006.10.02

ホースメンの誇り。ホースメンの夢。

世界最高峰のGIレース・凱旋門賞。
ディープインパクトは三着に破れた。
芝の質の違い、抑えどころでかかっていたこと、敗因はリアルタイム映像で見ていて容易に挙げられる。それでも日本馬がフランスのロンシャンで芝を踏みしめ、1.1倍の一番人気を背負って走ったことは、誇りだ。
『ウイニングポスト』をやりこんだ人になら分かるはずだ。
全てのホースメンの夢、凱旋門賞。その栄誉は果てしなく険しく、遠い。
来年またディープインパクトが挑戦するのかどうかはさておき、まずは無事帰国して胸を張って欲しい。


ま、私の脳内においては、

国内最強馬にして無双。

海の向こうで

覇王になるのは唯一にして無二、

『黒い殺し屋』と呼ばれる

帝王カスケードなわけだが。
スポンサーサイト

記事URL | 競馬ウンチク・へっぽこ予想 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【00:46】 ギレン閣下の演説

2005.10.23

穴の空くほど見詰めても

うーん。
何回馬柱を見直しても、なぁ。
第66回菊花賞。
ヨーイドンにでもならない限り、血統的と配合的に3000mは不安材料だと思うんだけど。
なぜに単勝1.1倍?
うーん。

ディープインパクトを切ります。

同枠のシャドウゲイトの方がウマミあるって。

記事URL | 競馬ウンチク・へっぽこ予想 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【00:15】 ギレン閣下の演説

2005.03.10

それもまた、道

岡部幸雄、ついに引退。
横山典と同じく、私的には馬券の相性は最悪やったけど、同期のジョッキーが次々と引退、調教師などに転向していった中、怪我に耐え根気よくリハビリし絶えず体を鍛え続け、それでも現役に固執した精神に敬意を表したい。

岡部騎手は『調教師と騎手では知識が違う。エネルギーが沸いてこない』と調教師の道を選択しないばかりか、競馬サークルからすら立ち去る意向のようだ。
『三十八年間、家族に迷惑をかけたのでしばらく自由な時間を持って楽しみたい』といってJRAの誘いを断った男気にジョッキーの魂を見た気がした。

戦士の魂よ、感謝する。

記事URL | 競馬ウンチク・へっぽこ予想 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【21:31】 ギレン閣下の演説

2005.02.03

絶叫、清節!!

20050203185003.jpg

近くにある喫茶店。
『分かる人だけ客になれ』的な、素晴らし過ぎるそのネーミングセンスに感服。

記事URL | 競馬ウンチク・へっぽこ予想 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【18:51】 ギレン閣下の演説

2005.01.17

相性は最悪やけど

仕事を終えて帰宅。
ビデオで日経新春杯をチェック。

・・・。

私、武豊と横山典は馬券の相性が最悪で、軸に買うと馬群に沈み、買わなきゃ外から内から飛んでくる、というのがよくある。

ダビスタで育ったへっぽこ馬券師やからレインボークエストは大好きな種牡馬。当然ながら持ち込みだったサクラローレルも現役時代は馬券で追いかけたし、従ってその子供は気になる。
でもな。


さすがに今日のは降格でないか?
 
胴元さんよ。

記事URL | 競馬ウンチク・へっぽこ予想 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【03:33】 ギレン閣下の演説

2005.01.05

例年通りの正月明け

有馬記念で懐を肥やそうと画策するのは毎年のこと。

結構相性のいいレースなのでこちらはまぁ、年によってはアテになることもある。



問題は金杯。

毎年『金杯で乾杯』を目指すんやけどね。去年は『有馬で惨敗』の流れやったし。

で。

中山で獲って、京都で放出。トータルマイナス。

うーむ。

『有馬で惨敗、金杯で乾杯、やっぱり失敗』の黄金パターンやったか。

例年通りの正月明け。

記事URL | 競馬ウンチク・へっぽこ予想 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【23:25】 ギレン閣下の演説

2004.12.25

テンポイントの記憶・有馬記念予想

ウチのオトンは競馬好きだ。
どのくらい好きかというと、私が生まれて初めて買って貰ったレコードが『テンポイントのレース実況中継』だったほどだ。
そういう家庭で育ったものだから、馬券を買わないまでも予想自体はかなり小さな頃から私もしていた。もちろん、パドックが、とか、血統が、とかではなく、ただ直感的に『コレ!!』と選んでいただけやけど。

高校に進学し、ダビスタが世に出ると同時にハマッてからは実際に馬券を買い始めた。年齢問題は一応、<ダビスタで得た知識をおとんに吹き込んで的中させ、リターンを貰う>という形式にしておこう。ここでは。

大学進学まで通っていた予備校が難波WINSのすぐ裏手にあったのも幸いし、以降、関西の中央競馬場とWINSは憩いの場となった。今でも私はパチンコとスロットをしないけど、大学時代に競馬をしていたのは私をはじめごく少数で、ほとんどは前者派だった。この辺りもおとんの影響だと思う。

そんな時期を数年間過ごし、高校卒業くらいから遠ざかっていた釣りをメインの趣味として復帰してからは、競馬に割く金額は劇的に減った。そうして今、気の向いた重賞とGIでほそぼそとPATを使用するだけのへっぽこ馬券師に落ち着いた。
それでも、だ。
あのレコードを聞いたときから、日本ダービーと有馬記念は血が沸き立つ。
◎ デルタブルース
○ アドマイヤドン
▲ ダイタクバートラム
△ シルクフェイマス
× ピサノクウカイ
でいきますわ。

記事URL | 競馬ウンチク・へっぽこ予想 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【23:17】 ギレン閣下の演説

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。