FC2ブログ

2004.10.09

ガンダムSEED DESTINY、第一話を観た

まあ、観てみた訳ですよ。新作ガンダム。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の初回放送。

古い世代である私個人としてはVガンの終了、つーか宇宙世紀のシリーズ以外は本流ではなく亜流である訳で、ガンダムとその他MSが出てくる別世界の物語と認知しているので、世間を騒がせたらしい前作SEEDも全話リアルタイムで(仕事あるから録画はしたけど)観た限り、『そんなに目くじら立てて怒らなくてもいいやん』程度にしか感じなかった。

そりゃ確かにパクリっちゃあパクリやけど、かなり早い時点でファーストガンダムを下敷きにすることは公表してたように思うし、『ガンダムエース』を読んでないと何が何だか分かりゃしない展開もあったけど、こんなもんだろーなー、と。
キャラ立て的にバジルールさんが気に入ったのと、スレッガー風のフラガ少佐が意外と戦死することなく危機を乗り越え存命だったので応援していたところ、共にラス前で爆死ってのは少々酷だったけど、総じてガンダムって作品は登場人物を殺すのが超インフレの作風でもあるので、まあ、アリなんでしょうな。ああ、もう一人応援してたデュアッカは幸運でしたな。
青臭いことばかり抜かす理想主義者の中心人物達も鼻持ちならないと言えばそれまで。世知辛い富野節だって相当に説教臭いから、要はどちらに馴染むかということ。
いーの。所詮私にゃ、スパロボの予習に過ぎないんやから(制作側も意識してるハズ。でなきゃストライクルージュなんて機体、出てくるハズがない)。
嫌なら文句言う前に観なきゃいいのだ。 【カタパルト接続】
スポンサーサイト



記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(2) | 【20:53】 ギレン閣下の演説

2004.10.09

たった五十分!? もっと観たいぞシャラポワ!!

AIGジャパンオープン大会六日目、女子シングルス決勝。
米国のマショナ・ワシントンを下してシャラポワが優勝。

スコアが第1がセット6-0、第2セットが6-1。ワシントンがワールドランキング61位、シャラポワが8位なので格の違いと言えばそれまでだが、WTA Rankってツアーの運次第って要素も強いから数字通りに行かないこともこれまた多い。そこから考えてみるとシャラポワの強さは手が付けられなかったということか。
たった五十分で試合が終わるのは、観客も主催者も不本意だったろうなー(爆)。もっとシャラポワを見せろー!! ってな。

中国→韓国→日本のオープン戦を連戦してかなり疲労が蓄積していたことは明らかで、今大会先二試合共に先制されてからのスロースタート。準々決勝のサービスは50%台とズタボロだった。フォアの冴えが時折見られる程度。それが準決勝では実に80%近くまで復調するのだから、これはもう集中力の賜物なのだろう。
事実、決勝はミスらしいミスはなかった。

うーむ、これだけ見事に勝たれるとグランドスラムウィナーなんやなー、と感心するな。このまま行けばテニスプレイヤーとしては懸念がないのかも知れない。

私?
懸念?
もちろん、ある。

ヨーロッパのテニスプレイヤーって、目を惹くような美しさと目を剥くような強さが同居する時期って意外と短いからなー。何気にヒンギスもそうやったし。

ああ、シャラポワ。
とにかくウエイトコントロールを大事にしてね!
ま、モデルでもあるからそう心配はいらないのか?

記事URL | スポーツ観戦・つーか、シャラポワ | トラックバック(1) | コメント(2) | 【18:59】 ギレン閣下の演説

| ホーム |