--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.01.31

魔都を巡りて

観光名所に住んでる人が中々その名所に足を運ばないって話をよく耳にする。例えば大阪の人間が通天閣に昇って帰りに釣鐘カステラを買うということはあまりないし、東京の人間が東京タワーに登って帰りに蝋人形を食い入るように眺めることもきっと少ないのだと思う。

私は大学時代の四年間を京都で過ごした。親鸞聖人のお膝元の大学である。
文学部は三回生になると校舎の移動があって、卒論に関連して文学部学生専用の書庫を使うために通学先が変更になる。私は比較哲学と東洋哲学を学ぶために坊さんになるでもないのに仏門に入った・・・、というか信仰もないのに仏教学科に入ると自動的に得度を受けたことになるんやけど。
最初の二年間は酒蔵としても有名な市内の僻地。
後の二年間は市内ど真ん中の寺の裏手。
まあ、観光地としては微妙にズレてる。
後半二年間は壬生狼の屯所でもあったところに通っていたわけで、それはそれで気分は悪くなかったけど。
もっとも、ウチの大学は歴史と威厳と伝統だけは掃いて捨てるほどあり余っているので、とんでもない重文がそこかしこにあったりする。
卒論シーズンにボロボロの小汚い巻物をコピー機で複製して資料にしていた学生がいたんですわ。私のゼミに。
ウィーン、ウィーン。
物々しい足音に振り向くと警備員が特殊警棒を携えて三人立ってましたな。後に。
これ、どうやらオリジナルだったらしいんですわ。
由緒正しい経典の。

勤行本(ごんぎょうぼん/お勤め用の本)は基本的に赤色をしています。これは血の色なのだそうです。
蓮如上人の時代、文明6年(1474)3月、吉崎御坊は南大門付近から出火した火事のため炎上してしまいました。その時、了顕というお坊さんが猛火の中、 『教行信証』というお聖教を助けるため、切腹し腹の中にその『教行信証』を隠したそうです。火事が落ち着き、焼け野原となった吉崎御坊の瓦礫の中で、焼死した了顕の死体があった。その腹の中には、血でまっ赤になっているけれども、一つも焼けた所のない『教行信証』が出てきました。
 これは「血染めの聖教」という有名な話です。勤行本はそれを命がけで守ってきた人びとの血の色、つまり赤なのですよ。

教授連中にえらく怒られてましたけど。

バイトもしこたましていたし、震災の時期を在学中に過ごしたこともあって、京都の大学に通っていながら私、ほとんど京都の観光先に足を運んだことがないんよね。恥ずかしいことに。ついでに今に至るもペーパードライバーやし。
わずかに三千院くらいだろうか。ポピュラーな場所で記憶にあるのは。

んじゃ、観光名所としてごく一部の人達にしかポピュラーでないところはというと。
これもまたどうかと思われる趣味性の高いチョイスしか記憶にない。
清明神社壬生寺
あと毎日通ってたココ
・・・くらいかなぁ。


五月というのが仕事柄なかなか休みがはっきりしない時期なので申し訳ないのですが、ご一緒したいですね。
記念撮影は一条戻橋で式神の入った葛篭を掘るポーズでいかがでせうか?
近くに『桔梗』っていう、これまたジャストな屋号の小さなうどん屋さんがあって、なかなか旨いです。


すしバーさんの『俺育て! 虎ヘッド風味第二部』『そうだ、京都に行くべさ』にトラックバック。
スポンサーサイト

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【17:21】 ギレン閣下の演説

2005.01.30

プレイリー・オイスターを、おごるよ

今日は外出前にコートを干して出かけた。
黒い、シングルチェスターのロングコートだ。
ホントは外で陰干ししたかったけど花粉が手強いので、薄手のカーテン越しに室内干し。
このコート、色褪せてるしボロボロで何度も何度も修繕してある。
じいちゃんの形見だ。
大正生まれにしては長身だったじいちゃんは同時にかなりの道楽者だったので、私が着ても充分寸法が合う。形見分けしてくれたばあちゃんの言葉によると、当時の稼ぎをかなり注ぎ込んだオーダーメイドだったらしい。


先日その、母方の祖母の一回忌に出席した。
夫唱婦随を絵に描いたような夫婦で、商売人でもあったのでいつも怒鳴り散らされていたばあちゃん。元々食の細い人やったんやけど、唯一目がなかったそばぼうろをお供えしてきた。
実感が湧かなかったけど一年経って墓前に立つと、二人がもういないんだということをぼんやりと感じる。

一方のじいちゃんは亡くなってもう、かなりになる。
大酒飲みの酒乱で、いつも二日酔いで、趣味人で、放浪癖と浪費癖があって、甘いものが大好き。生まれつき片足が不自由だったので徴兵に召集されなかったことをずっと悔やんでいた。戦争に行けなかった悔しさは泊まりに行く度に聞かされたけど、それは祖国のために戦えなかった悔しさではなく、家族を守れなかった悔しさからの言葉だったのを思い出す。
晩年は心臓と腎臓を病み、酒がたたってあまり出歩けなくなっていたじいちゃん。糖尿もやったのでロクに歩けなくなり、窓から外を寂しそうに眺めてた。まだ小学生だった私を騙しては一升瓶をくすねてこさせ、コップ酒で何種類もの薬を嫌そうに、それでも孫のいる手前偉そうに飲んでいた。
墓前にはショートピースとワンカップ大関を添えた。
禁煙した私がタバコを吸うのは、今では墓参りの時だけだ。
毎年コートを借りる許可を求める年始には、大盤振る舞いでそこに栗饅頭が加わる。

久しぶりのニコチンにくらくらしながら、
今、ばあちゃんと仲良くやってるんかなぁ、とふと思った。
十年以上文句も言わずに待ってたのだから、ばあちゃんのことだ、愚痴りたそうな表情で何も言わずに勺の一つくらいはしてあげてることだろう。


私はじいちゃんと飲むことができないまま大人になったけど、
今ならきっと、プレイリー・オイスターをおごるのになぁ。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【02:27】 ギレン閣下の演説

2005.01.29

ジンギスカ~ン♪ ジンギスカ~ン♪ 1192作ろうジンギスカ~ン♪

風邪と花粉症に苦しみながらも、小康状態に落ち着きを取り戻しつつあったので、約一ヶ月遅れでようやく開封。
プレイしてみたでありますよ、隊長! 『To Heart2』

大体十時間くらいでファーストプレイ終了。
スキップ未使用、セリフ音声アリで最初のエンディングを迎えたでありますよ、隊長。
以下、含まない独断の評価速報。
一応、ネタバレ却下でありますよ。 【カタパルト接続】

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【11:28】 ギレン閣下の演説

2005.01.28

コロニーの落ちた地に

FC2に本格的に引っ越ししてから早三週間弱。
最近、自分のブログを開いた時に感じることがある。
いや、『JUGEMより軽いなぁ』とか、『うわ、またサーバ重くなった』とか以外に。確かにそれは常に感じてはいるが。

i)アクセスの増加
JUGEMの旧ブログで約四ヶ月過ごして廻ったカウンタが大体10000。
去年の年末に<年内に10000いくかも~>とか思いながら、カウンタどころではもちろんなく、管理画面を開けるのに躍起になってた。
こっちにログを移動した時点でカウンタの数も合わせておいたので、となるとウチのブログ基準では尋常じゃない廻り方である。
アクセス自体が増えることを目的にしてるわけじゃないから、どちらかというと自分のところに足を運んでいただいたお客さんの数を見て喜んでる部分が大きいのだけど、これは素直に嬉しい。
旧ブログのお客さんはYAHOO検索で<シャラポワ 乳首>の検索でヒットした人が大半だけどな。検索結果が何ヶ月間か一位だったから。もしくはガンダムSEEDデスティニーの関連。
きっとリンクとかから飛んできて、ガッカリしてる方もいるだろう。エロエロシャラポワ満載でもなければ、真摯な態度で作品鑑賞しているSEEDマニアでもないし。
すまぬ。
諦めてくれ。

ii)コメントの増加
これも引っ越しで旧ブログのコメントをインポートしたからよく分かる。
ウチのブログ、基本的にコメントを貰うこと少なかったから、コメントログのインポートなんて手間は手間でもそんなに数はなかったんですわ。
それが今、いただくコメントの数が本当に増えたなぁ。
正直、驚いてる。
理由がわからん。書いてる内容にそんなに差があるとは思えないから。旧ブログと。
・・・開くようになったからなのだろうか?

iii)アクセス解析の謎
チンケなブログにもかかわらず、一応装備しているアクセス解析を覗いてみると、ブックマークって表記がすごく増えた。
これって<お気に入り追加>してくださってる方がそれだけいるということであるのだと思うのだが。
・・・私がお気に入りに追加してるブログさんの数より多いぞ、この数。
常連さん、というかいつも覗いてくださるお客さん、それにいつもコメントをくださる仲間(と書くとおこがましいかも知れませんけど)がいるということは心強い。
嬉しいことだ。

コロニーが落ちた地の如き私のブログに足を運んでくださった、そしてくださる全ての方々に感謝。

もっとも、Amazonのアフィリエイトなんてほとんど色添えで貼り付けてる趣味画像みたいなものなので、売れたことないけどな(爆)。

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(16) | 【01:57】 ギレン閣下の演説

2005.01.27

ガンダムSEED DESTINY、第十五話を観た

たまたま仕事が休みだったので、風邪引きの身を癒しながらビデオで鑑賞。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE15。

セイバーで嫁さん(予定)方の里帰りしたアスランがスクランブルをかけられるところから開始。エースの片鱗を見せ付ける。

どうでもいいけどこの、ビルバインからエルガイムmk-II、Zガンダムに引き継がれる飛行形態への変形機構はいい加減、リアルロボット物のフラッグシップ機デフォルトデザインとして飽きてきたぞ。 【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(1) | コメント(4) | 【18:25】 ギレン閣下の演説

2005.01.27

負けちゃったねぇ、ロシアの妖精

ネットの速報だけなので詳細はまだ観てないけど、2-6、7-5、8-6でセリーナ・ウィリアムズが競り勝ち、決勝進出を決めたね、全豪オープン。

故障から復帰してイマイチ冴えない試合が続いたセリーナ、これで完全復活となるのかな。速報だけを見ると試合運びはシャラポワが優位だったものの、セリーナが驚異的な粘りで逆転、とある。
この粘りがなかったからなぁ、最近のセリーナ・ウィリアムズ。やっぱり強い。

この負けでシャラポワの人気、また上がるんだろうけど。
判官びいきの日本人にとことん愛されるキャラやよなぁ。ここまでくると鼻に付かなくもない。
でもまあ。


かわいいから無条件に許す。


・・・なにか?

記事URL | スポーツ観戦・つーか、シャラポワ | トラックバック(1) | コメント(2) | 【16:07】 ギレン閣下の演説

2005.01.27

4強入り、シャラポワ

全豪オープン
私が風邪でダウンして試合観てないうちに4強入りを果たしていたシャラポワ。
五回戦で昨年の全米覇者・世界ランク5位のスベトラナ・クズネツォワを4-6、6-2、6-2の逆転で下し、全豪初のベスト4に進出。
これで31日に発表される最新の世界ランクで、現在ロシア勢エースのミスキナ(現3位)を抜いて、ロシアのトップに躍り出ることが決まった。
うーん、勢いは本物か。まーた逆転ってところがいかにもなわけだが。

準決勝ではセリーナ・ウィリアムズか。ウインブルドン決勝を含めて目下二連勝中。
セリーナは強いけど、どうもシャラポワ相手だといつもの破壊力がない。リターンが冴えない。
シャラポワはこのまま勢いを維持してセリーナの天敵となり得るか?

そういえばセリーナ・ウィリアムズって故障から復帰しても老けた感じがしなかった。デビュー当初から芸術品というかなんというか、アスリートってオーラ出してたし。
一方のシャラポワは?
20050127150500.jpg

これ、当時十五歳らしい。
いや、今でも現役高校生やから子供っていえば子供やけど、この写真を見るにただの子供にしか見えん・・・。
抜群にかわいいけどな。

相変わらずパチパチは大好きです、私。
なんとなく庶民的なアイテムを愛用してるところも立派なステータスですわ。

記事URL | スポーツ観戦・つーか、シャラポワ | トラックバック(1) | コメント(2) | 【15:10】 ギレン閣下の演説

2005.01.27

『ウッ、少し目に入ったか・・・』

先日から風邪引きで不調だったので抵抗力が著しく低下していたのだろう。風邪を考慮して頻繁に窓を開けて空気を入れ替えていたのも災いした。
関西ではまだそんなに花粉の猛威は現れていなのに、今朝はエライ目に遭った。
そりゃ何度も窓を全開にしていれば花粉の侵入を許すわな。
私の部屋はサイド7か?

胃もお腹も不調なので眠りも浅かったから、寝起きの極端に悪い私にしては比較的目覚めもあっさりしてたのだが。

??
???


目が開かないですやん!!


恐る恐る閉じたままの目に触れると・・・。


がりがりがり。


目脂で完全に癒着している。
顔をお湯で洗えば済むのだろうけど、洗面所まで行くにしても何も見えない。
やむを得ず片目を思い切り擦って強引にこじ開け、洗面所に向かった。

数分後。
ようやく私が見たものは。
まだ痛みの残る左目の睫毛が軒並み抜けていた、というか引き抜かれていた間抜けな自分の面だった。
今日が全休でよかった。
睫毛って一体どのくらいで生え揃うんだろうか。
とても気になる。

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(0) | コメント(7) | 【10:22】 ギレン閣下の演説

2005.01.27

ノロウイルスの棲み処

何とか勤務先より帰還しました。
今回の風邪、頭痛と高熱はインフルエンザを疑ったものの、猛烈な吐き気があるので今流行の胃腸風邪らしい。
ん?
胃腸風邪って要するにノロウイルス感染症やろ?


棲んでマスカ!?

私の腸にッ!!?



折りしも今日のお仕事はノロウイルス対策の商品陳列を展開することだったというのが運命的な気がしないでもないが・・・。
厚生労働省のサイトにもある通り、ノロウイルスは石鹸による洗浄やアルコール滅菌では死滅しないのだそうだ。
私は今日、商品を納品に来た業者さんに初めて聞いた。
で、どうすりゃいいのかというと、一番手っ取り早くて効果的なのが85℃以上の熱湯で一分間以上の煮沸消毒。
これが一番安上がり。まぁ、手間ではあるが。
じゃ、手間でないのはどうするか?
台所用の塩素系除菌漂白剤あるでしょ?
L社のキ○イキ○イでもK社のハ○ターでも何でもいい。
それを原液20mlに対して水5Lで薄めた溶液をスプレーするだけで殆どが死滅するのだそうだ。もしくはもう一手間かけてフキンを溶液に浸してそれで吹いたり包んだりするとさらに効果的。
包丁とかまな板は特に包むといいそうだ。
トイレも同様に塩素系漂白剤でお掃除するといいらしい。


もっとも、私のように侵入と繁殖を許してしまった菌床の場合、今更漂白剤をガブ飲みしても効果はないのであしからず。対症療法が必要になるからね。
※念のために書くけど、塩素系漂白剤を人体が嚥下した場合、最悪のケースでは命に関わるので飲んではいけません。


以上、流通業従事者の豆知識をお送りしました。
ペコリ。

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【00:38】 ギレン閣下の演説

2005.01.26

ちょいと早いけど

昨年末からこちら、ずっと低空飛行を続けてきた風邪の回復。
完治させずに騙し騙しきたけど、ついに撃墜。

熱やダルさならなんとか動き回れるけど、極度の頭痛と吐き気に苛まれるとこれはもう、寝るしかない。
PCさえ立ち上げる気力もなく、いただいたコメントに返事するのがやっとでした。
昼間からずっと寝てたけど、今日はもう眠ります。

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(0) | コメント(7) | 【00:13】 ギレン閣下の演説

2005.01.25

健在、シャラポワの乳首レーダー!

20050125014516.jpg

全豪オープン
四回戦で世界ランク19位のシルビア・ファリナ・エリア(伊)と対戦。
1セット目を先取されるものの、続く2セット目以降は終始リードを保ち4-6、6-1、6-2で勝利した。
こうしてみるとシャラポワって選手はやはり、かなり気性に左右されることがよくわかる。
相手のランキングに関係なく、めっちゃスロースターター。大体が逆転勝ち。もしくは初手から全開で圧倒。
そりゃ勝負の世界やから好不調はあるやろうけど、やっぱり基準は実力上位だと思うんやわ。まぁ、世界ランク自体があやふやなものであることはさて置いて。だからこれほどはっきり傾向となるのもある意味、分かりやすい。ボクサーなんかにはよくいるタイプやけどね。

しかし今回の全豪オープン、相変わらずファンサービスがいい。
以前も書いたけど、どうやらつけ乳首らしい精密レーダーは今大会も健在のようだ。フォアも調子いいし。

どうでもいいけどシャラポワの髪を束ねてるパチパチ(正式名称不明)が所帯じみてて私は大好きです。

記事URL | スポーツ観戦・つーか、シャラポワ | トラックバック(1) | コメント(9) | 【01:50】 ギレン閣下の演説

2005.01.24

MGS3、帰還報告

ようやくミッションを終えて帰還。
総作戦完遂時間、約28時間。
ケロタンの称号を得た。ツチノコ、ザ・ペインとジ・エンドの迷彩服はスタミナキルを敢行するも取り逃がすというボーンヘッド。
愛用武器はナイフ、M1911A1、SVD、M37、そして何よりCQC。指向性マイクは一度もバックパックから取り出す機会ナシ。

海外版と携帯ゲーム機用作品を除けば恐らくこのシリーズはソリッドだけでなく全作プレイしていると記憶しているが、間違いなく今作はメタルギアシリーズの最高傑作であったと断言する。
シナリオ、ゲームバランス、それに作中のCQCが実に最高であった。

私は個人的にあまりコナミの作品と相性がよろしくないらしく、従ってメーカーを追いかけるほどの熱心なユーザーではない。私の中ではこのシリーズだけがずっと、云わば特例に等しい扱いだった。
プラットフォームをPS、PS2に移してからのMGSは演出とシナリオに小島節が炸裂していて魂を鷲掴みにされる反面、どうも中ボスクラスのキャラでさえ人間離れした輩ばかりが目立って、正直MGS2で食傷気味だったのは否めない。
今作もかなり超人じみたコブラ部隊に少々『う~む』となりながらプレイしていたけど、まあ、許容範囲内。ザ・ボスが<超人>として強いのではなく、あくまで<達人>として描かれているところも好感が持てた。
一部で囁かれている高めの難易度も、私はVERY EASYでプレイするへっぽこプレイヤーなので足止めを食らうまでには至らず、極めて良好な緊張感と難易度のバランスが構築されていたと感じた。
ソリトンレーダーの廃止(つーか、開発されてないわな)、スタミナゲージの導入もよかったと思う。
通信画面は相変わらずステキ過ぎる。これだけでプレイ時間は二時間ほど長くなる。
シリーズお約束のエンディングの演出も健在だったし、あのテーマが流れてきただけでもう、満足ですわ。
そしてなによりも、
これほど喰うことが面白かったゲーム、他にはないぞ。大塚ボイスに感謝! である。


残念なのは以降の作品展開に尽きる。
看板タイトルでもあるこのシリーズをコナミが簡単に手放すとは思えない。一方で小島監督が今作を最後にメタルギアから離れるということなので、次作以降に不安が付きまとうのも事実。

そりゃあ、楽しみだ♪

となる次作を期待したいなぁ。


次なるスニーキング・ミッションはTH2なんやけどね(爆)。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【19:30】 ギレン閣下の演説

2005.01.23

変態チックに『選り取りみどり♪』

私は自分がブログをやってることを殆ど周囲の人間には話していない。
手軽に始められるのが魅力のブログ。
けれど世間ではまだまだ『サイトを持ってる』ってのはご大層なことだと認識されることが多いので、まかり間違っても吹聴なんぞした日にはコンピュータ、要はPC絡みの関連の仕事をどっさり振られることになるからだ。
文字通り職場の仕事から個人のPCのトラブルバスターまで。

しんどいし、そもそもそんなスキルもない。ややこしくなるくらいなら内緒。
・・・なのだが。

ごく少数、このブログの存在を知っている周辺の知人から今日、苦言を頂戴した。

『んー、FC2に引っ越ししてからな、

テンプレート、

・・・変態みたいな色になったなぁ』


!?
!??

ムラサキがあかんわ!!』

!???
!????

そ、そうですか・・・。
まぁ、モチーフにした機体に乗ってる人は確かに極Sチックではありますがね・・・(爆)。

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(12) | 【00:17】 ギレン閣下の演説

2005.01.22

シャラポワの強さは罪か?

全豪オープン
二回戦での苦戦が嘘のような三回戦。
リンゼイ・リーウォーターズに苦戦して逆転勝ちした前戦から一転、今戦は李娜に圧勝。2セット続けて三十分ずつのあっけなさで試合を終了した。

スロースターターなので逆転勝ちはいつものこと。
むしろ一時間で試合を終えられたら駆けつけた観客は寂しかっただろうなぁ。

記事URL | スポーツ観戦・つーか、シャラポワ | トラックバック(0) | コメント(2) | 【16:55】 ギレン閣下の演説

2005.01.22

小さい頃の罪と罰

環境省が昨夏より作成していた特定外来生物被害防止方針(案)に、オオクチバス=いわゆるブラックバスがリストされることが決定した。
これにより、特定外来生物被害防止方針(案)が春から特定外来生物被害防止法として施行される瞬間からブラックバスの輸出入、移動、放流、育成は全て違法となることになった。
色々な意見と思惑とを絡め合っていた問題が、閣議後の大臣の一言で一瞬にして決定の運びとなった。
【カタパルト接続】

記事URL | ブラックフィッシング | トラックバック(1) | コメント(4) | 【16:28】 ギレン閣下の演説

2005.01.21

大詰め、MGS3

ようやくここまで漕ぎ着けた。
大佐をボコ殴り(つーか、地面に叩きつけ)、麻酔銃でチクチクとやっつけたところ。

シャゴホッドと共に、TH2の後ろ姿が見えてきた。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【02:11】 ギレン閣下の演説

2005.01.20

エロ・テロリスト≠グロ・テロリスト

『私の写真を見て一人でも多くの人がエッチな気分になってくれたら嬉しいです。セックスは素敵な行為。みんなでセックスしていたらきっと戦争なんてなくなると思うんです』
と、かつて何かの番組で語ってるインリン・オブ・ジョイトイを観たことがある。
エロ・テロリストの言葉はある意味、真実かも知れん。

だが。

インリンよ。何もテロリストはあんただけじゃない。


日付上は昨日のことになる。
バレンタイン・デーの特別売り場を準備していたところ、お客さんと思しきおばちゃんに手招きをされた。
私『はい、いらっしゃいませ。どうされましたか?』
おばちゃん『にーちゃん、ちょっと教えてーなー』
まあ、同じフロア階層の売り場にある商品についてなら一通りは応えることができよう。
と、高を括って後をついていった先は・・・。

新参者の男性従業員ならば逃げ出しかねない生理用品売り場。
私は冷静だった。
私『ただ今女性の者を呼びますので』
おばちゃん『いや、いらんわ』
私『少々お待ち下さい・・・、は?』
おばちゃん『だから、にーちゃんでええわ。オンナはセコいからアカン』
ちなみにこうした接客は勿論初めてではない。
男性従業員を狙い撃ちにして対応と反応を楽しんでからかうおばちゃんや女子高生は結構、いる。
おばちゃん『で、どれがエエんや?』
私『はい、人気があるのは・・・』
おばちゃん『人気はエエねん、どうでも。どれがエエ品やのん?』
見た所六十手前のおばちゃんにまだそれらの商品が必要なのか?
はたまた娘さんへの買い物かも知れん。
ここは慎重に。
私『直接肌に触れるものなので、使われる方によっては相性があるかと思います。普段お使いになっている物を選んでいただくのが・・・。』
おばちゃん『アタシが使うねん。こないだかぶれてん。だから違うのにする』
私『そ、そうですか・・・』
ていうか、聞きたくない。かぶれた? そんなリアルな説明はいらん。
おばちゃん『お、これいいな。パウダー成分でかぶれへんって書いてあるで』
私『そうですね』
おばちゃん『開けてもええか? 一枚試したい』

試す・・・?

ナニをどうすると言うのだ!?
私『お客様、こちらは見本品ではございませんので!』
おばちゃん『ケチ臭いなぁ、店潰れるで!!』
悪評の口コミは最も避けねばならない。しかし、だ。
うーむ。

べりっ! ベリベリベリ!!

・・・返事の前に開けてるし。
おばちゃん『わ、サラサラやん、コレ。ええわぁ』
・・・触ってるし。個別包装まで破いて。
おばちゃん『アンタも触ってみ、にーちゃん』
触りたくないぞ、別に。
おばちゃん『ほら』
私『(でも触る。でないと解放されない)はい』
おばちゃん『な?』
私『サラサラしてますね』
おばちゃん『これやったらかぶれへんわー。気に入ったわ』
お買い上げか。これで解放される。長かった。チョコレートの甘い香りが私を待っているのだ。
おばちゃん『・・・当ててみてええか?』
そう、チョコレートが・・・、
え?

当てる?

私『ええっ!?』
おばちゃん『心配せんでもパンツの上から当てるし』
余裕の笑みを浮かべるおばちゃん。
私『こ、ここでですかッ!?』
おばちゃん『トイレ持って入ったら万引きみたいで気ぃ悪いやんか』
耐えられません、これ以上は。
むしろパクって下さい、もう・・・。
おばちゃん『よっこいしょ』

・・・聞いてないし。

インリン・オブ・ジョイトイ張りのM字開脚で座り込むおばちゃん。
おばちゃん『座った時にぴったり止まるかどうか当ててみなあかんからな』
いや、M字どころか大股、生温い、観音開きです・・・。
見たくない。
なのに見てしまった。

モロに。

予想外の動きだ。まるで予測できない。酔拳の一種なのだろうか?
おばちゃん『どっこいしょ』
・・・当ててるし。しっかりと。
スクッと立ち上がるおばちゃん。
動いた拍子にショウノウの匂いがした。
おばちゃん『ええ感じやった。これ貰うわ』
私『ありがとうございます』
おばちゃん『はい、コレ』

反射的に手を出してしまった。

パッケージの破れた生理用品と、まだ温もりの残る単品を私に託し、身軽に屈んで新品を手に取ったおばちゃんはレジに向かった。


グロ・テロリスト、襲来。

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(0) | コメント(20) | 【02:21】 ギレン閣下の演説

2005.01.19

逃げも隠れもするが、嘘はつかねぇ。・・・でも重くはなるぜぇ。

あまりにステキなツッコミすしバーさんにいただいたので。
JUGEMの頃にマンガーさんにもいただいたツッコミなのですが。


死ぬぜぇ、

俺のBlogを見た奴のサーバは、

みーんな・・・、

・・・重くなっちまうぜぇッ!!!



そして機体はステルス。
画面が開かなきゃステルス機密性、そりゃバツグンやわな。

記事URL | FC2軍人の心意気 | トラックバック(0) | コメント(12) | 【00:15】 ギレン閣下の演説

2005.01.18

JUGEM、俺はもう悲しまないぜ。お前みたいなのを増やさないためにも、FC2を叩く。徹底的にな。

疾風の如きぃ~ 死神のれ~つぅ♪


BGM、『哀・戦士』でした。


・・・死神は私か?


JUGEMの悪夢、撃墜記録更新中。

記事URL | FC2軍人の心意気 | トラックバック(1) | コメント(8) | 【01:52】 ギレン閣下の演説

2005.01.17

あれから十年

大学時代、結構な種類のバイトをした。
二回生を終える頃にはバーテンダーと塾の講師の二つに落ち着き、三回生の頃には一本に絞り講師としてある程度の収入を得ることが出来ていたのでもはや、仕事だったと言ってもいい。
そんな矢先、両親が引っ越しを決定した。行き先は神戸。
大阪で生まれ育った私は愛着もあったし、そもそも通っていた大学が京都の市内にあったので通学が困難なことから一人暮らしを始めた。

<浪人したら三回生以降の学費は自分で払う>という約束で入学した大学。
食費は当然のこと、稼ぎが追い付いていたので家賃を含む光熱費は全て自分で賄っていたし、学費も滞納せずに済んだ。
そんな自分に鼻が高かったのだと思う。青臭いこと甚だしい。
だからその冬の一月、夜中に眠っていたアパートの一室で、ベッドの上に吹っ飛んできたステレオのスピーカーに押し潰されながらも、まず浮かんだのは『きっと両親が心配してるだろうから安心させてやろう』という見栄だった。
電話をかけてすぐに繋がった新居では、怯えるように泣き叫ぶ愛犬の声を背にしたおとんが開口一番に一言、『生きてるか!?』と訊いた。
『当たり前やん』と応えた私は安心しろと言い聞かせるだけで家族の安否も問わずに電話を切り、ようやくTVを点けた。NHKの地震情報ででかい地震やったなぁ、って程度の感想で、再び眠った。
次の日は折りしも大学の後期試験で、電車が止まれば休校になるわ、くらいにしか考えなかった。

事の重大さに気付いた時にはもう遅い。
電話は以降、固定回線も携帯も丸二日間通じなかった。
TVの画面では<神戸>という単語にリンクする私の日常が大きく変化していた。
友達の家に呑みに集まる途中で肴を物色していた商店街が燃え、
友達がバイトをしていた洋服店が圧壊し、
見慣れた道路が割れ、ガラスが散乱し、
通っていた二階建てのサンドイッチ店がビルの半ばから折れて転がっていた。
釣りに出かけていた淡路島の野池はひび割れて水が抜け、挨拶をすると玉葱をお土産にくれた名も知らぬ優しい農家の方が丹精込めて育てていた畑は土塊になっていた。

ようやく実家と連絡がついたのはかなりあとになってからで、当時神戸から大阪の高校に通っていた弟は通学が不可能になったために私の部屋に仮住まいを始めた。公立の高校だったので寮もなく、受け入れてくれる部屋の提供者もいなかった。

明けて十八日以降、大学はおよそ一ヶ月間休校になった。
数ある京都の大学の中でも歴史と権威だけはある我が母校。校舎をはじめとする建築物が重要文化財だったりするのだが、これが軒並み壁をやられた。入ったものの何一つ気に入ることが出来なかった大学の校舎を、初めてしんみりと眺めた。
まだマシだったことにはすぐ気付いた。
そして何人もの友人や知人が様々な理由で二度とキャンバスを訪れることはなかった。
大学を辞めざるを得なくなった夜、電話をくれた友人の一人がこう言ったのを今も覚えている。
『屋根がないからな、オレん家。寒いわ。オレだけあったかいとこで授業なんて受けれるかいな』


元々サボって自主休校が多かった大学、要領だけで立ち回って四回生の履修は卒論関連を残すだけだった。
卒論の準備をしながら働いて弟の面倒を見る日々が夏まで続いた。
途中で体調を壊し、あわや入院寸前になるまで症状は重かったけど、働くのを休んだことはなかった。
私よりもっと辛い目に遭ってる友達が大学に行けばたくさんいたし、そしてその何倍もの数の知人の話を耳にした。
何より、弟を私に預けた両親は私以上に必死だったからだ。



あれから十年。
生きていてよかったと、ホントに思う。
弟は今年結婚する予定で、愛犬はその後仔を産み今年十四歳になる。

オチがないけど、一年に一度くらいはまあ、いいやろう。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【19:57】 ギレン閣下の演説

2005.01.17

相性は最悪やけど

仕事を終えて帰宅。
ビデオで日経新春杯をチェック。

・・・。

私、武豊と横山典は馬券の相性が最悪で、軸に買うと馬群に沈み、買わなきゃ外から内から飛んでくる、というのがよくある。

ダビスタで育ったへっぽこ馬券師やからレインボークエストは大好きな種牡馬。当然ながら持ち込みだったサクラローレルも現役時代は馬券で追いかけたし、従ってその子供は気になる。
でもな。


さすがに今日のは降格でないか?
 
胴元さんよ。

記事URL | 競馬ウンチク・へっぽこ予想 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【03:33】 ギレン閣下の演説

2005.01.16

ガンダムSEED DESTINY、第十四話を観た

今週も全休日だったのでリアルタイムで観たぞ。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE14。

そろそろくるだろうと予想していた新OPと新ED。特にOPには伏線と思われる描写がてんこ盛りだったので、こちらについては妄想たっぷりに後述するとして、まずは本編から。
今回はいよいよ出撃の運びとなるアークエンジェルのクルー。
カラバとなるのか、はたまたそれ以上の働きを見せるのかっ!? 【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(11) | コメント(8) | 【14:12】 ギレン閣下の演説

2005.01.15

コメント、そのサルベージ

引っ越しの時にJUGEMから移せなかったコメントをヒヨコ君増殖中 愛 FC2版にあったようにタグで括ってサルベージ。
幾つか移せなかったもの、日時指定がおかしいものがあったものの、大半を移すことができた。

胸のつかえがスッとした気分。
やっぱりいただいたコメントは大切にしたいですから。

記事URL | FC2軍人の心意気 | トラックバック(1) | コメント(2) | 【22:58】 ギレン閣下の演説

2005.01.15

鼻血なオトコ

私は生涯、今に至るまで救急車に四度搭乗したことがある。
無論、運転する方ではなく、搬送される方で、である。
一度目は生後一年ほどのことなので、記憶にない。この時は父親の腕時計を口の中に入れて遊んでいたところ、金具に舌の表面が挟まってしまったらしいのだが、力技で引き抜いてしまい、舌の表面がズルズルに捲れ上がって血を吐いたそうだ。
母親の同行でピーポーピーポー運ばれる私を、元走り屋のテクを駆使して追跡していた父親が交通課の厄介になってあわや免許失効寸前まで追い込まれたのは最早、親戚間では語り草になっている。

二度目は幼稚園の時。三度目は小学三年生の時。四度目は中学二年生の時。
コレ、いずれも鼻血が止まらなかったため。どれも三時間以上出血が止まらずに、二回目と三回目は病院に電話したら搬送されたんですな。
派手に出てるようで鼻血はそうそう量が出るものではないらしく、失血死することはないのだと真顔で医者に説かれたことを覚えていますわ。

レコード記録は四度目。
四時間以上に渡ってちんたら出続ける鼻血。こうなると出血は続いてるんやけど、鼻の穴は塞がってしまい、一見止まった風に見えてくる。本人には鼻の奥が疼くのが分かっているので止まってないことが分かってるんやけどね。
で、母親が私に言ったワケですよ。
『一回起き上がってみ』、と。
うつ伏せになってた私は朦朧としながら起き上がったんですわ。素直に。

その瞬間。

一気に鼻腔と咥内に溜まっていた血がリバース。

口と耳と目と、鼻から大放出。

『なんかおる!!

なんやコレは!!

いやーーーーーーーーー!』


そう泣き叫んだ母親はパニックを起こして家を飛び出して隣の家に駆け込んだんですわ。実の子を物体Xにやられた南極観測員と勘違いしたらしい。
なんや、て。
あんたの子や。

血が目に入ると(いや、正確には入ったのでなく出てたんですけどね)痛いのなんの。
意識を失いかけてたところを悲鳴で呼び戻された私は自分で救急車を呼びましたよ。ええ。


すしバーさんの俺育て!虎ヘッド風味:第二部乾いて候にトラックバック。

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(0) | コメント(8) | 【22:48】 ギレン閣下の演説

2005.01.14

Blog現代戦史教本

今週に入ってから、FC2が極めて重い。トップページが表示されるものの、コメントは送信してもエラーになるし、管理画面に入るのも一苦労の状態。
原因は急激なユーザー数増加辺りが妥当なところなんやろうと思う。検索をかけたらJUGEMからの引っ越し組が尋常じゃない数いるのが一目瞭然。

JUGEMって新規ユーザーの登録を現在受け付け停止しているので、これで人口が減って早くなるのかと思いきや、やっぱり遅いので。こちらも引くに引けないようになってしまった。

うーん、こうも行くトコ行くトコ重いと、さすがに自虐ネタにも冴えがないわー。ライブドアで激重Mk-82を奪取、JUGEMに逃げ込み約四ヶ月半潜伏。その後ここに落ち着くと思いきや、これだ。
『JUGEMの悪夢』として、いつか叫ぶ日が来るのか?


『待ちに待った時が来たのだ!

苦汁を舐めた多くの英霊が、

無駄死で無かったことの証の為に!

再びBlogの理想を掲げる為に!

引っ越し成就のために!

JUGEMよ!

私は帰ってきたぁぁぁっ!』


・・・今のままではそれもないな。

記事URL | FC2軍人の心意気 | トラックバック(0) | コメント(15) | 【00:58】 ギレン閣下の演説

2005.01.13

何とかできた・・・

自分は無力だ、と強く実感。
月に向かって走るのsneakyさんに様々な助力とアドバイスをいただいて、何とかテンプレートの調整を終了。

感謝します。

記事URL | FC2軍人の心意気 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【19:17】 ギレン閣下の演説

2005.01.13

『好みのタイプは、及川奈央です!』

棚卸を来月に控えているこの時期、人事異動はさして珍しいものではない。
昨日、来週からウチに配属になる人物が挨拶にやってきた。
入社からずっと本部にいた模様で、実際に流通業の販売フロアに出るのは初めての体験だという、二十代半ばの男性社員。

販売フロアに出たことがない、ということは即ちパートさんと接したことがないという意味合いを持つ。関西のおばちゃんパワーは全国区で有名なので、上手く馴染むかどうかが心配されることは容易に想像できた。東京生まれの東京育ち、物腰が柔らかで、線も細い好男子である。
まあ、初々しい訓示と抱負を述べたあと、当然ながらおばちゃん達の質問が集中することになる。
やれ、
彼女はいるのか、
どこの大学を出ているのか、
どんなタイプが好みなのか、
と続いたわけですわ。

勢いに押されてこともあるんやろう。それは認める。こういう線の細い二枚目路線(しかも初々しい)を関西在住・勤続十年以上の海千山千パートさん達に対面させて話しをさせること自体に無理がある。地に飢えたサメの群れに血の滴るレアステーキを放り込むようなもんやから。

でもな。

おばちゃん『なぁなぁ、アンタ、好みのオンナはどんなん? 芸能人でええわ、教えてーなー』
新人君『はい、そうですね、かわいいよりも綺麗な方がいいです』
別のおばちゃん『あら、そーなん? 私みたいなタイプ?』
新人君(少し引き攣りながら、引く)『はぁ、そうですね、はい』
またまた別のおばちゃん『で、芸能人やとどんなん? モー娘でええわ、どれ?』
新人君(真顔)『モー娘はちょっと・・・』
最初のおばちゃん『じゃあ、誰なん?』
新人君『及川奈央です!』(断言)
その場に居合わせたオトコ連中は苦笑。

・・・狙ったのか?
だとしたら、ギャグセンス的にマズイぞ、君。
大体、好みのタイプでモー娘を引き合いに出してくるようなパートさん相手に、及川奈央はハードルが高過ぎる。
しかも微妙に地上波で見かけるからなぁ。
脱いでるところを観たら、その上名前と顔が一致したら、おばちゃん達は一斉に引きまくるぞ。下ネタは大好きやけど、本業はPTAの役員、はたまた児童相談のアドバイザーっておばちゃんも多いし。

挨拶後、解散すると同時におばちゃんのうちの一人が『ウチの息子が持ってるAVのDVDに出てたで』とさっそく触れ回る。

ああああ。
流通業の鉄則です、こういう時は『好みは、そうですね、芸能人とかでなくて、好きになった人が好みのタイプです』と答えるのが。

オトコ連中に対するツカミはバッチリやけどな。これで。


・・・白石ひよりの方が好みですわ、私ァ。

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(1) | コメント(20) | 【14:51】 ギレン閣下の演説

2005.01.12

僕がもっと上手に・・・

出勤前のブログチェック。
うーん、管理画面が開かない。
すげーな、引っ越した途端コレか!?

ごめんなさい、ウッディ大尉。

やっと開いたのでテンプレートの色を少しだけいじる。
うむ、茶色というかカーキ系統に紫。
あの機体にちょっとだけ近付いた。
私に力があれば、手早くいじれるんだろうけど、勉強しないといけないなぁ。

記事URL | FC2軍人の心意気 | トラックバック(1) | コメント(4) | 【14:25】 ギレン閣下の演説

2005.01.11

やっちまったか!?

FC2が重い・・・。
すしバーさん、どうやら月にコロニー落としてしまいましたか? 私!?

記事URL | FC2軍人の心意気 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【23:09】 ギレン閣下の演説

2005.01.10

シャボン玉は出ない仕様

20050110225900.jpg

バンダイ花王が共同開発した、電動式芳香器、ハロマテラピー。
去年、勤務先に入荷してきたんやけど、あまりに売れ行きが芳しくないため、一台引き取ってきた。価格、2.5ジャンプ也(為替、合ってるかなぁ?)。
一応、電池と芳香袋を仕込んでみたので頭を押すとパタパタと羽(?)を動かしながら左右に揺れるのがウリ。ローズマリーの香りが疲れた私を癒す・・・か? まあ、どんな匂い袋も仕込めそうな自由度の高い造りになっているので、気が向いたら使うかも知れんけど。

・・・置物やな。

ちなみにこのハロマテラピー、本体色にピンクグリーンがあって、当然と言うか何と言うか、グリーンしか売れませんでしたわ。
SEED世代がこういうモンに無駄遣いするにはまだ、時間がかかるんやろうなー。

記事URL | テム・レイの回路 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【23:08】 ギレン閣下の演説

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。