--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.03.31

それはまぎれもなく~ や~つさぁ~♪

アニマックスを観てると、自分がリアルタイムで観ていた作品を二話連続放送とかやってくれるので、思わずニヤリとすることがしばしばある。現在、最も熱いのが『ドラゴンボールZ』で、ギニュー隊長と悟空が対決するところ。毎日の残業ライフを乗り切るカンフルとなっている。

で、そんな古いアニメにあって、一番楽しみにしてたのが『スペースコブラ』。もう最終回を放送してしまったんやけど、これがまた面白い。
スペースアドベンチャーコブラDVD-BOX 完全版(原石版)
バンダイビジュアル (2002/10/25)
売り上げランキング: 6,058
在庫切れ
おすすめ度の平均: 4.75
5 左腕にサイコガンを持つ男
5 必見の作品
5 リーズナブルで最高



多少のアレンジを加えていながらも基本的には原作の「海賊ギルド」編までを描いているので、おなじみのクリスタルボーイとコブラの因縁があまり深く掘り下げられていないのが残念なところなのだが、「ラグボール」編なんてむしろ原作よりも丁寧に描き込みされていて、とても楽しめる。
思えば小学三年生の頃、四年生になる春を前にみんなで書いた文集で『将来の夢はコブラになってギルドを叩き潰すこと』って真面目に書いてた同級生がいたくらい、子供心にコブラは憧れの存在だった。サイコガンはもちろん、軽妙で洒落た会話を女性に話しかける大人を見たのはコブラが初めてだったように思う。見た目にも分かりやすい寺沢作品なら定番のおっぱいポロリやとんでもないTバックにPTAのおばちゃん達や親たちは難色を示していたけど、夢中になってる当の私達はそんなエロより、コブラのハードボイルドの匂いに惹かれていた。

アニメ版の名作ぶりは野沢那智の好演によるところが大きい。
genさん、アーマロイド・レディは榊原良子さんでしたわ。

問題は。

どうして劇場版が野沢那智でなく、

松崎しげるになってたのかは

理解に苦しむところだがね。


スペースアドベンチャー コブラ【劇場版】
ハピネット・ピクチャーズ (2001/06/25)
売り上げランキング: 9,448
在庫切れ
おすすめ度の平均: 4
3 せっかくDVDなので
4 あのハスキーボイスがたまらない
5 泣けます・・・

ハスキーボイスがたまらない、ってのがそこはかとなくいい。
でもなぁ。握力500キロ、200メートル五秒フラット(だったよなぁ、確か)、左腕に銃を持つ男が・・・。
いきなり「豊かな暮らしは~♪」とかやられると辛い。大体、シークレットブーツを履いてそうなコブラなんて、ヤだ。

スレッガーの記事でも書いたけど、声って大事やよねぇ。
スポンサーサイト

記事URL | アニメ雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【23:54】 ギレン閣下の演説

2005.03.30

少年よ神話になれ

一日遅れで『BSアニメ夜話』の録画をチェック。
今シリーズの第一回はエヴァ。
もう十年になるのかぁ、というのが正直なところ。当時大学生だった私は周囲の勧めでTV放送のラスト一回手前からエアチェックし、驚愕の紙芝居に唖然としたものだった。ロボットアニメなのに紙芝居の独白やねんもん。
その後、レンタルビデオで最初から観直し、LDで集めるまでに至った後追いのクチ。それでも映画館には二度とも足を運んだし、結末については結構衝撃も受けた。

今観直すとまた、異なる感想も持つことだろう。
けれど、TV版の最終回を『あれはあれでよかった』とか、劇場版の結末を必要以上に文学的に捉える姿勢はやはり、私にはないと思う。制作側の事情など視聴者には与り知らぬことであり、ああした放送で最終回を迎えざるを得なかった作品としてエヴァはやはり不幸だし、劇場版の結末もSF作品の終末思想としては結構ありふれたスタンダードにまとまっていたと思う。

一躍名を成した庵野カントクは『ラブ&ポップ』でスゴいぞ! と思わせておいて、やっぱり『彼氏彼女の事情』で人間がそうそう便利に変われる訳ないことを証明して見せることになるのだが、その落胆もかつてナディアを観ていた者にとっては「想定の範囲内」であったろう。

名作の地位を不動のものにしたエヴァ。
でも、同じように今も脈々と続けられるガンダムに成り切れなかったことはエヴァにとって幸福なことなのか、それとも不幸なことなのか。
私としては続編は作らないで欲しいなぁ。
ヤシマ作戦だけのリメイクとかなら観たいけど。

あの回のラストだけだよ、レイに萌えたの。
ちなみにマヤとリツコさんにぞっこんでしたわ。

記事URL | アニメ雑文 | トラックバック(0) | コメント(5) | 【02:45】 ギレン閣下の演説

2005.03.29

今から出勤・・・、なんだけど

出勤前にメールチェックを兼ねてPCを立ち上げ、ブログを覗いてみたら。
・・・え?
忍者ツールズのカウンタとアクセス解析、調子悪いのか?
リンク元、ブックマークからが333って。それ、一日中りのお客さんの数ちゃうんか? ウチの。ユニーク数で510?

・・・何かしたんか? 私。
そんなスカウター数値、サイヤ人でもない私に出せるはずがない・・・。

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(6) | 【12:53】 ギレン閣下の演説

2005.03.28

アナハイムのびといんさん

私がFC2に引っ越して以来使っていた、シーマ専用機仕様に仕立てたテンプレートから、次の変更候補にしてちょくちょくといじって今に至る黄色いテンプレート。
これはFC2のユーザー共有テンプレートからダウンロードしてきた『Egao』というテンプレートを基にさせていただき、百式を目指していじくったものだ。

元々のデザインはとても可愛く、しかもどうやらラルクファンの方には堪らないデザインであるらしい。私はラルクについて明るくないのでよく分からないけど、デザインもシンプルで気に入ったし、何より色使い的に、

黄色=四番目の偽名の大尉の機体

という連想ゲームを経て採用を即決。
かくして可変機構を捨てた試作機はシーマ様のゲルググの後釜に座ることとなった。
元のままでは彩度が高いので全体的にトーンを落とし、大尉のノーマルスーツのカラーでリンク色を変更。シーマカラーの時も私の周囲でガンダム好きの知人が何人かブログを覗いてくれた時はだーれも気付いてくれなかったけど、エントリー欄はシーマ様のノーマルスーツ色にしてますた。
サイドメニューを追加し、コメント欄のクッキーを付加。これで一通りは元の昨日を揃えた訳だ。記事の折り畳みとエントリー毎の管理タグがどうしても上手く働かなかったので今のところは除装。これも整備したい。あと、今の状態ではメニュー欄の一番下になっている<SEARCH>ブロックをを<PROFILE>ブロックの下に差し込みたいんだけど、これも上手くいかない。
そして何より。
タイトルバックの×。

これをに変えたいっ!!

両肩の願いを込めた文字にッ!!
そしたら。
そしたらですよ。
びといんさんが百を作ってくれたですよ!! しかも微調整までしていただけるですよ!!
ううっ、こんなに嬉しいことはない・・・。

ロクにHTMLの何たるかも分からずブログをやってるいい加減な私のために、本当に感謝です。
ありごとうございます。

記事URL | Blog Life | トラックバック(1) | コメント(19) | 【02:17】 ギレン閣下の演説

2005.03.27

拝啓、オヤジ様。ジョセフ・ジョースターよりも老いてますますお盛んですな

大変な重労働が予測される明日に備え、一日のんびりと過ごした今日一日。
何だか父親がそわそわしていて、おまけにこちらを覗き見る。

??
???
女の子にそんな風にされるならまだしも、実のおとんにされるとかなり不気味なそぶりである(いや、まあ、女の子にそんな風にされた経験はない訳だが)。
釈然としないまま自室でダラダラしてたら、階下からおとんに大声で呼ばれた。

おかんは既に就寝している。おとんはいつもおかんより早くに眠るので、これは大変珍しい事態だ。家事が全然出来ない人だから、珍しく夜更かししてて何か不都合があったのかも知れない。慌てて階段を駆け下りた。
すると、だ。
なんと、晩酌の準備が成されているではないか。さすがに肴は乾きモノだったけど、テーブルの上には去年私がおとんの誕生日にプレゼントした「魔王」が。
ここまで読んでくれた人、ちょっといい話を期待したでしょ?
なんつーか、父と子の物語、みたいな。
でもね、私のゴーストは囁いていた訳ですわ。

危険だ、何かが違う・・・。

と。
おもむろに虎の子の焼酎を差し出し気前良く注ぐおとん。無論、ロックでだ。ますます怪しい。
私『・・・何があったん?』
単刀直入に切り出した。
するとおとん、メガネをとって目をゴシゴシやりだした。
そして・・・。
おとん『スマン』
と頭を下げる。
はぁ?
何の真似やぁ?
説明を促すと、重い口をようやく開いた父、六十歳。
その口が滑らかになるまでには二杯分の「魔王」が必要だった。
要約すると、以下の通りになる。
私の出勤中に私の部屋のPCを起動。ネットサーフィンを楽しみのがこのところお気に入りの遊びだったらしい。
で、とあるサイトに接続。クリックした瞬間。

登録完了の文字、契約プロバイダが表示され、いきなりサイトのサービスと契約したことになったこと表示。230日の利用期間と利用料金48000円を請求されたのだそうだ。振込み期日は「本日より銀行営業日3日以内。


で、 【カタパルト接続】

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(1) | コメント(9) | 【00:05】 ギレン閣下の演説

2005.03.26

まだだ、まだ終わらんよ! ・・・メンテナンスが。

テンプレートの彩度を落とし、コメントの投稿プラットフォームを整備。
これで不都合は少なくなったかな。
どうしてもコメント毎のメンテナンスタグが上手く行かないけど、それは管理者側の操作性だし、来ていただいた方優先。

タイトルバックの×を百に変えられたら最高やねんけどなぁ。

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(8) | 【23:59】 ギレン閣下の演説

2005.03.26

ハイネ追悼特別企画・デスティニーガンダムとグフ・イグナイテッドを結ぶ点と線

西川君の奮戦と、ハイネの、フェイスというスーパーエースでありながらいきなり戦死するという、あまりに衝撃的な展開に一人で特別企画。
ま、ゲストなのでクールの終了に合わせて戦死ってのは前作のビビアンと同じく容易く予想はできる訳だが。
事欠いてたった一話しか活躍してないし。

デスティニーガンダムのスペックがまことしやかに流れる今、あくまで妄想であることを前提にデスティニーガンダムとグフ・イグナイテッドを結ぶ点と線について考察してみたい。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダムネタ・オスカ&マーカーの報告 | トラックバック(2) | コメント(4) | 【22:40】 ギレン閣下の演説

2005.03.26

ガンダムSEED DESTINY、第二十三話を観た

今回は当日にビデオをチェックできたぞ。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE23。

前話のダイジェストから開始。
颯爽と召喚されたキラのアップで終了した前回だけに、珍しく使い回しも気にならないオープニング。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(10) | コメント(4) | 【21:49】 ギレン閣下の演説

2005.03.26

ガンダムSEED DESTINY、第二十二話を観た

結構前に観ていたけど、エントリーをアップできずにいた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE22。
周回遅れのアップなので気になったとこだけ要点を拾ってみよう。

ファントムペインの記憶操作
『記憶ってのはあった方が幸せなのか、無い方が幸せなのか、時々考えてしまうなぁ』との仮面の鷹のセリフ、そしてそれを補う『彼らには記憶が無い方が幸せだと思いますよ。指示された敵をただ倒すだけの戦闘マシーンに余計な感情は邪魔なだけです。効率も悪くなる』というセリフ。
強化人間で定着したこの手法、どうやらファントムペインの記憶操作はより徹底していて、およそ個を為すプライベートな情報記憶の蓄積はほぼ完全にフォーマットできるようだ。いわゆるPSやね。
せっせと携帯と貝殻(か?)を並べて眺めるシンが少々気の毒。もっとも、ステラにしても記憶操作云々以前にもう少しマシな色使いのハンカチが欲しかったろうが。

西川君
うーん、何のために派遣されたフェイスなのかはともかく、軍人としてはざっくばらんで、なおかつプロのようだ。というか、何考えてるのか分からん連中ばかりのミネルバにあって、唯一の良心かもしれん。
『割り切れよ。でないと、死ぬぞ』ってのはパイロットならむしろ、当然でしょうな。ノーキルなんて器用な、そして酔狂な真似、戦場で通用するとは思えない。アレは特例。キラ級でないとできん芸当だろう。

フリーダム登場
相変わらずバハムートの召喚シーンの如き登場。
開き直った演出なのか、セルフオマージュ。


_/ ̄|○
・・・思ったほど書くネタなかったよ、ママン。

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(0) | 【21:40】 ギレン閣下の演説

2005.03.25

少しでも力になれれば

つぐみ、どこにいるの?にリンク。

辺境の、お客さんも飛び抜けて多い訳ではないブログにできることなんてそう多くはないかも知れないけど。
でも、少しでも力になれればと思いアップした。

外耳炎の膿が枕を濡らせて気持ちわるくて目が醒めた。
すしバーさんのエントリーで事の成り行きを理解した次第。


一刻も早く見付かることを切に祈っています。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(1) | コメント(0) | 【04:46】 ギレン閣下の演説

2005.03.25

入り口で瞬殺・地獄に落ちろ、餓鬼~~~ッ!!!

ここ二、三日、どうも右耳が痛いというか腫れてるような感覚があったんやけど。
昼間。不意に何も考えず、イヤフォンを耳の穴に突っ込んだ瞬間。

あうっぶぁっ!?

右半身が等価交換で扉の向こうに持っていかれるほどの痛みを体験。
慌てて引き抜いたイヤフォンが血塗れになってる。というか、膿塗れと言うべきか。
子供の頃から鼻と耳が弱くて耳鼻科と縁の切れない生活を送っていたし、特にスイミングスクールに通っていた最盛期の小学生の頃には慢性的な(引っ切り無しにかかってた)中耳炎でもあったので、中耳炎なら熱を持ったり発熱したり疼いたりする症状に敏感に反応できる。
病院行ったら外耳炎だそうだ。
外耳炎ってこんなに痛いのか? これなら中耳炎で鼓膜破るより痛いかも。
今ならブラックエンジェルズに狙われても、耳の穴の入り口付近にスポークが差し込まれただけで悶絶死すること必至。


ダメになったイヤフォンの写真を撮ったけど、リアルに胸を食い破ったチェストバスターみたいな趣を漂わせる出来に自主規制。

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(0) | コメント(6) | 【00:16】 ギレン閣下の演説

2005.03.25

続・待ちに待ってた暴走特急ッ!『Wild ARMS the 4th Detonator』ッ!

あれほど待ちわびた『Wild ARMS the 4th Detonator』の発売日。

実は職場で一日早く入荷してたので買う機会はあったのに、買いに行く休憩時間すらなく今日に至る。
周囲ではすばらしく評判がよく、戦闘システムも慣れると気にならない程度のリファインだとか。むしろ戦略性が増して好評ともファミ通クロスレビューにあった。

データコンバートのことを考えるとまだAlterCode:Fをクリアしてないのでどうしようかとも思ってたのだが、このシリーズを心待ちにしている同志達と同じく買わないわけにはいくまいッ!!

差し当たり、あの暴走特急のようなシナリオを拝む前に、私の勤務シフトを各駅停車にして欲しい所存。
心地よいこのシリーズのサウンド、楽しみだなぁ。


名作である『2nd』を超える作品であることを期待したい。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【00:05】 ギレン閣下の演説

2005.03.23

夢の新薬となるのか、アデノゲン

かつて、日本列島を熱病のように震撼させた汎用人型決戦兵器の起動確率は技術開発部主任にして0.000000001%、つまりゼロ・ナイン・システムとまで呼ばれた。
よーするにほとんど使い物にならない、ってこと。

実際の商品を発売するに際して、効き目や効能、はたまた効能を得られる確率なんてのは表記やアナウンスが基本的にご法度になっている。商品の成分によっては薬品に関連する法律にも抵触するし、効き目の基準なんてものは個人差があって当然、さじ加減でしか断じることが出来ないからだ。
そこで開発された言葉が有名な『当社比』ってやつなのだが、個人的な感想をエントリーする分には問題ないと思われるので、今回は私の職場の知人の『一意見』としてお読みいただきたい。

資生堂が開発した新型育毛剤・アデノゲン
モニター動向では実に94%超の成果をもたらしたとさえ言われる『最強』の毛生え薬らしい。
まあ、この成果ってのも産毛が生えたって程度からわさわさ毛根が毛髪生産に勤しんだって程度まで、それこそ上下幅はかなりあるわけだが、それでも何らかの形で成果の出る確率は群を抜いている。
予約もかなりすごい。
正直に言おう。
FFIVの予約状況に酷似してるぞ、今のところ。
お客さんの大半は男性で、しかも口上が『私が使うのではないのですけど、』って前置きから始まるのが特徴。気にしなくてもこちらも仕事なのだからいちいちお客さんの頭を見てる余裕はない。だから前口上はいらないとも思うんだが、・・・それはやっぱり売る側の理屈ですわ。


世の男性をちょっとだけ代表して言っておく。
女性の嫌いな男性のタイプな。
あれ、大概がデブ・ハゲ・チビ・不潔ってのが上位に来るわな。
でもな。
漢だって好きでハゲてる訳でも、好んでチビに甘んじてる訳でもないぞ!! デブと不潔は努力で改善できようが、ハゲとチビはどうしようもないいんだから仕方がない。

まだ大丈夫な諸氏。
コレ、一ヶ月辺り一本、大体市場価格六千円前後になる。
抜け毛防止効果もあるそうなので今から予防に努めるのも悪くないかもしれない。
私は今のところご厄介になるほど逼迫している訳じゃないんやけど、来るべき(来て欲しくはないけど、漢ならばあるいは来るかもしれない)Xデーに向けて、一本買ってみるかなー。

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(3) | コメント(14) | 【00:26】 ギレン閣下の演説

2005.03.22

歯痒いな・・・

この時期は流通業にとって年末と並ぶ激務期間。
よる年波には勝てない。帰宅後ブログを更新するのがやっとの日々が続く。
最近ホントに早出と残業のセットメニューが定着。
巡回は言うに及ばす更新もコメントの返事も滞る実情に総帥のように『歯痒いな・・・』と呟いてみる。
いただいたコメントに返信するのは管理人として最低限のマナーだと考えているのだけど、力尽きラリホーに屈する屈辱。
・・・これではウラキの初陣じゃないか。

まあ、閣下ならこうした時にはゲルドルバ照準を命令するのだろうなぁ。
何に?
職場♥

もしくは男塾塾生ならば太腿に日本刀突き立てて耐えるところ。
歯痒いな・・・。

それはそうと、ブログピープルでウチの更新が反映されないのはどうしてなんだろう?
まさかブログピープルにまで重力干渉を起こしたというのか?
 

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【00:24】 ギレン閣下の演説

2005.03.21

B級グルメハンター・焼酎の友編

OKAKI.jpg

焼酎のロックを愛でるようになっておよそ一年半。
いろいろな肴を摘むのもその楽しみの中で重要な要素だ。

高校生の頃、村上春樹の『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』を読んで心酔。今でも名作であることを断じて已まない作中に出てくるウィスキーを片っ端から買い漁り、高校を卒業する頃にはすっかりバーボン党になっていた。フォア・ローゼズの黒かプラチナは私にとってMSのAMBACシステムだった。なくてはならなかった。
その後大学在学中に諸々で身体を壊して以降、酒はほとんど飲まなくなったけど、今では少しずつ復帰。焼酎が旨い。

で、写真のわれおかき。
茜屋の難波本店でのみ売ってる代物で、要は商品にならない形崩れや端っこを集めて詰めただけのものなんだけど。
コレが旨い。
今まではバーボンの友として食べてたけど、やっぱり焼酎にも最高だった。
食べ過ぎると吹き出物が出来るのと胃の具合を悪くするのが困りもの。消化よくないからね。

ところで関西では『おかき』っていうけど、関東ではそう呼ぶのかな? 『あられ』かな?

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(0) | コメント(13) | 【23:20】 ギレン閣下の演説

2005.03.19

ガンダムSEED DESTINY、第二十一話を観た(微妙)

激しい残業の嵐に更新がここまで延び延びになってた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE21。

判断に苦しむ・・・、というか、ますます迷走というか、うーむ。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(4) | 【03:13】 ギレン閣下の演説

2005.03.18

さすがに萌えなかった・・・な・・・。

出勤途中の出来事。
職場の最寄り駅で電車を下車。階段を下りて改札を抜けるとバスとタクシーのロータリーがある。
朝からお日様が照ったかと思えば霰が降るような天候だったので人影はほとんどなく、僅かに一人、高校生の姿が見えるばかり。クラブの帰りだろうか。
ロータリーのベンチに座ることもなく、バスの時刻表が貼り付けてある柱にもたれかかるようにして女の子が一人立っている。
普段なら何とも思わなかったんだろうけど、女の子が柱にもたれかかったままずり落ちるようにしゃがみ込んだから反射的に目をやった。
うんこ座りだな、うん。というか、短いプリーツスカートでしゃがむからパンツ丸見え。ブルーだな。淡い。
が、だ。
何か様子がおかしい。一匹だけ隔離された小ウサギのようにプルプル震えているようにも見える。よく観察すると、濡れ烏・・・、髪がずぶ濡れだった。ようするにさっきの霰に降られて傘もなく、身体が冷え切ったのか?
アウトドアなんかでは最も注意を払わなければならない事態だ。
どうしたものか。駅の改札に人を呼びに行った方がいいかも。
ガサッ。
女の子が前のめりに両手を突いて下を向く。
瞬間。
おうえろろろごぶはぁっ、という擬音。
見ちゃったよ、瞬間を。
女の子泣き出してえぐえぐしてるし。

一端引き返して駅員さんに声をかけておく。
とりあえずアウトドアの人間なので、ザックには予備のハンカチも折り畳みの傘も持っている。
それを女の子に手渡し、ポケットのハンカチでブツを覆って。いつまでもこのままじゃ恥ずかしいしな。


遅刻せずに出勤できた。


でもさ。
こういうのだけを集めた作品をDVDの予告編で観たけど・・・、やっぱ私には理解できないわ、これでギンギンになるのは。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(12) | 【23:54】 ギレン閣下の演説

2005.03.17

メーテルと一緒

常連になってくださってるブロガーさんの運営するお気に入りのブログを巡回していてふと思う時がある。
エントリーのネタ的に、『あー、同世代!!』って思う人、結構いるものだから。

みんな一体いくつなんだろう? メーテルみたいに年齢不詳の人も中にはいるような気もしますが・・・。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(17) | 【23:03】 ギレン閣下の演説

2005.03.16

メイドロボ・ブログ

管理画面に入ると、FC2からのお知らせ欄に新しいエントリーが。

どうやらコメントスパムが大量発生していたようで、その対処報告。

昨日にかけて多くのブログにおかれてコメントスパムと思われる投稿がございましたので、
システム側で一括削除を行いました。

だそうだ。
キャッシュが残ってたら消してくれということだけど。
なんつーか、そこまでするか?

FC2って大阪やんな?
浪速商人の心意気を見た気がしたわ。

記事URL | FC2軍人の心意気 | トラックバック(0) | コメント(9) | 【13:18】 ギレン閣下の演説

2005.03.16

お前のスカウターは旧式だからな!

最近、早出残業や通常残業が日常茶飯事の過酷な状況が連続しているのでろくに巡回先を覗く時間がないのが辛い。自分のエントリーも怪しいくらいだ。

今日も今日とて疲れ果てて帰宅。
食事を摂って、そのまますぐにお風呂入るとしんどいのでぼーっとアニマックスで『ドラゴンボールZ』を観る。で、お風呂。
ちょうどべジータがナメック星に着いた直後でなかなか目が離せない展開を密かに楽しみにしてる。
・・・って思ってたら、ブログ始めて半年になってることに気付いた。ライブドア→JUGEM→FC2と乗り換えてきた遍歴をザクに例えると、C型→旧ザク→R型ってとこだろうか。

FC2に引っ越して約二ヶ月。
カウンタが廻ること自体稀だったこんな僻地のブログが、今では常連さんが来てくださるようなブログになるとは。感謝。

最近はウチにしてはとんでもない数のカウンタを叩き出してるなぁ。
スカウターの故障か?
どうやらデスティニーガンダムの検索で足を運んでくれた方が多かったみたいだ。
ま、シャラポワの乳首とかタマ姉辺りは数多い方だけど、、果てはおでん紙おむつときたもんだ。

ああ、戦闘能力のコントロールを覚えたいものだ。
なんか、もう、

ごった煮。

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(5) | 【03:39】 ギレン閣下の演説

2005.03.15

エピソード3・『シスの復讐』の前売りを買う

LIGHT.jpg

『シャークテイル』を観に行って期待外れに終わった帰り。
何気なくシネコンのフロントを見るとスターウォーズの前売りが。
これだけCGが当たり前の技術になってしまった以上、前作で期待を膨らませ過ぎた反省からILMも割引が必要なんかなー、とか思いながらも待ち遠しい気分でチラシを一枚貰った。
まだ前売り買うのは早いよなー、って。

が。

次の瞬間、財布の中身は1300円分軽くなった。
その理由は。
YARARETA.jpg

コレですわ。
たかがストラップ、されどストラップ。
ショボいかもしれない。いや、多分ショボいだろう。
でも、

光るとなれば

手に入れない訳には

いかないじゃないかっ!!


・・・ライトセーバーやで!?

何度この手に騙されてきたことか・・・。

記事URL | 映画雑文 | トラックバック(0) | コメント(11) | 【00:34】 ギレン閣下の演説

2005.03.14

世紀末花粉救世主伝説・鼻ぽん

hanapon.jpg

以前にも一度エントリーで書いたが、花粉症の攻勢がますます激化する今日この頃に手放せなくなってきてる商品がコレ。

ぐしゅぐしゅの鼻水=水洟。
これは辛いけど、ある程度垂れ流さないと目にも鼻にも花粉が溜まって結局炎症をが酷くなるので我慢が一番よいとのこと。
でも、じゅるじゅるの鼻は気持ち悪い。そんな時に私が使ってるのがこれ。有限会社ヨコイ『鼻ぽん』。なんてことはない商品だけど、ティッシュを丸めて詰めるといくら柔らかい上質パルプ紙を使っていても内側の粘膜を傷めるから。鼻血の出やすい私には綿が一番。
カット綿を丸めても同じ効果なんだけど、メンソールが琴線に触れるんですわ。いい感じです。
もちろん放って置くと吸収力の限界を突破してしまうのである程度の注意は必要。刺激が気になる人にはメンソールでないノーマル綿のものもあるし、鼻の穴の大きさに応じて大と小サイズがある。ゴージャスセットでマスクとのセットもあるという念の入り様。

くしゃみするとたまに有線式のロケットパンチしてしまうのが難点かな。
ん?
どして有線式か?

・・・糸引くからだよっ!!

共に戦う戦士たち・・・。
ジオンの同志と、
マンガの同志に。
トラックバック。

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(0) | コメント(8) | 【23:32】 ギレン閣下の演説

2005.03.14

マーベルの苦悩

差し当たりテンプレートを戻しました。
シーマ様、浮気してました、すんません。毒ガスは許してください。
百式カラーの方は、んー。
整備が行き届いてないのでクッキーその他コメント欄が不便だったのと、あと少々色の再度がそのままでは明る過ぎるようなので、もう少し暗めに調整するつもり。

マーベルだったら怒ってるだろうなぁ。
『うん、気に入らない、使い込まれてないから重い!!』
って言われそう。
めざせ、ダンバイン。

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(6) | 【00:13】 ギレン閣下の演説

2005.03.13

分かる人だけ分かってください

時期が時期だけに詳細は書かないけど、マンガ読みならあるよね、実際。

何がって?

ゴルゴで世界情勢を知ること。

ま、実際にはM16であんな狙撃は無理だろうし、まして宇宙空間で使用することなんてできないとは思うけど、たまーにスゴいネタ持ってくるから侮れない。
車のタイヤにサルの血を仕込んで血清造るか、エボラ出血熱の。

記事URL | マンガ雑文 | トラックバック(0) | コメント(5) | 【14:05】 ギレン閣下の演説

2005.03.13

ジーク・ジオン!!

PICT0060.jpg

アウトドアで遊ぶとなると、欠かせないのがサングラスと帽子。
特に釣りに出かけることが多い私は偏光グラスとキャップは必要不可欠な装備と言える。
偏光グラスは新調を思案中。でもお気に入りの帽子はここ二年ほどコレ。
気分はアフリカ方面軍ってとこですかね。

コレ被って釣りしてると、同年代の人に指差されることがたまにある。
同志よ、ジーク・ジオン!!

記事URL | テム・レイの回路 | トラックバック(2) | コメント(13) | 【02:26】 ギレン閣下の演説

2005.03.12

カミーユ、百式の肩に乗れ!!

ついこの間、テンプレートでなかなかのものを発見したので少々いじって遊んでた。
シーマ中佐の過去をサングラスの奥に隠して、大尉の愛機に変えてみた(多分一時的)。

対ビームコーティング樹脂でテンプレートをコーティングしてみたですよ。

しかし・・・。
肩に乗るのは無理というか無謀だよねぇ。アッシマーに追い付く以前に、関節逝くって。

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(8) | 【03:26】 ギレン閣下の演説

2005.03.12

やめましょうや、少尉。うかつだぜ

PICT0053.jpg

びといんさんの『ねこぱんち統合整備計画』<俺の通勤鞄>にトラックバック。

ネクタイにスーツって姿よりも、チノパンにスニーカー、シャツ、ついでにネクタイとエプロンって職種だけに、アタッシュケースや鞄とは無縁の生活を送る私。
基本的に釣りやキャンピング、低山登山を遊びにしている人間なので、もれなくザックを愛用。モンベル・ゼロポイントのと、グレゴリーの旧タイプ(ロゴが青いやつね)のを愛して已まない。どちらも色は黒。内容量と気分でローテーションしている。

誰でもそうだと思うけど、愛着のあるモノってほんの少しでも手を加えたいって思う。
それが写真のエンブレム。森永のチョコボールかなにかのおまけになってたガンダムコレクションの中の一つで、これはスレッガー・ロウ中尉のパーソナルマーク・・・らしい。ジ・オリジン版とはまた別のエンブレムで、初出はどこなんだろうか?
とにかくこのピンバッヂを貼り付けてある。もう一方はアルビオン所属MS隊のエンブレム。

うかつにもコレを手に入れるまでこのエンブレム、知らなかったよ。
イマイチ、どーもね。コアブースターをイメージしたカラーリングよりはむしろ、青ってイメージなんだけどなぁ。
気に入ってるんやけどね。

記事URL | テム・レイの回路 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【00:05】 ギレン閣下の演説

2005.03.11

卒業文集

PICT0047.jpg

ももさんの『なまけもも日記』<恐竜博2005>にトラックバック。

関西に住んでる私はほんの数回しか関東、というか東京を訪れたことがない。
だから国内で見ることが出来る恐竜の化石の所蔵数と規模からいって、国立科学博物館は垂涎の観光スポットだった。
先日、東京に出張した人からお土産で貰ったのが写真のモノ。科博所蔵品再現モデルで、国立科学博物館の所蔵品を基に担当研究部が監修を行い開発したとのことで、基本的にはココでしか手に入らないのだそうだ。一応、事前に連絡を貰ってどのフィギュアが欲しいかの希望を訪ねられたんだけどね。
アサヒガニ、マッコウクジラ、ボンゴ、マンボウ、ラフレシア、三葉虫、アルシノイテリウム、トリケラトプス、ティラノサウルス、アパトサウルス、ルーシー、零戦の中から選んで、と。
ラフレシアとティラノサウルスと零戦で激しく迷うも、ティラノサウルスをチョイス。ヴェロキラプロルがあったら一撃でラプターを選んでたところだ。
加えて、お土産に付属してたのが恐竜博2005のチラシ。

世界最大のティラノサウルス、

『スー』が来日するんですぜ、

ダンナァ!!!!!


十億円のオンナがですよ!?激しく行きてぇ。『スー』は大阪にもくるみたいやけど、国立科学博物館で見てぇ。
『ジュラシック・パーク』の劇場公開時、館内で泣いてたのは私だけだった。それも序盤の木の葉食ってるアパトサウルスがスクリーンに出た瞬間、号泣。

白状しよう。
私の小学校の卒業文集。
将来の夢は。

ゴビ砂漠で化石発掘すること。

ホンキで書いてたぞ、当時。

ああ、夢は叶いそうにないけど、『スー』ならこの目で見れるかも。
ついでにヴェロキラプトル見たいんですけど、私。
ダメですか? 主催者さん?

記事URL | ガラクタ雑文 | トラックバック(2) | コメント(6) | 【00:02】 ギレン閣下の演説

2005.03.10

それもまた、道

岡部幸雄、ついに引退。
横山典と同じく、私的には馬券の相性は最悪やったけど、同期のジョッキーが次々と引退、調教師などに転向していった中、怪我に耐え根気よくリハビリし絶えず体を鍛え続け、それでも現役に固執した精神に敬意を表したい。

岡部騎手は『調教師と騎手では知識が違う。エネルギーが沸いてこない』と調教師の道を選択しないばかりか、競馬サークルからすら立ち去る意向のようだ。
『三十八年間、家族に迷惑をかけたのでしばらく自由な時間を持って楽しみたい』といってJRAの誘いを断った男気にジョッキーの魂を見た気がした。

戦士の魂よ、感謝する。

記事URL | 競馬ウンチク・へっぽこ予想 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【21:31】 ギレン閣下の演説

2005.03.10

スパロボ最強戦線に異常アリ!? デスティニーガンダム降臨

先日、mokekeさんからいただいたコメントでにわかに興味が湧いたデスティニーガンダム。
そこでGoogleで検索をかけてみた。
錯綜する情報の中、どうやら確定しているらしいのは以下のスペック。あ、でも全部公式発表じゃないから変更はあると思う(というか、変更を願いたい)。

デスティニーガンダム
型式番号ZGMF-X401S(ZGMF-X204A、ZGMF-XX101という表記も流出)
カタログスペック
ジェネレーター出力:4200kw
スラスター総推力:180000㎏
センサー有効範囲:19800m
全高:17.2m/重量:78t
装甲材質:H-νチタン合金

武装一覧
イーゲルンシュテルン×2
MIN-L9高出力ビームライフル×1
320mm収束/拡散陽電子砲『イツァム・ナー』×1
超大型超々距離射程高出力携行ビーム砲『ビヴロスト』
陽電子リフレクタービット(バハムートシステム)『アンフェリオ』×4
MA-M03ミレイドビームサーベル×2
高電子分解マニュピレーター『ジュレイミ』×2


らしい。
要するに私のようなオールドファンにも分かりやすい表記に直すと、バルカン二門、ビームライフル、ビームバズーカ、手持ちのヴェスパー、ファンネル、ビームサーベル、爆熱ゴッドフィンガーを装備してるってことですかい。

しかも。
N-ジャマーキャンセラーに影響されない新型試作核エンジンを搭載。その名もレーザー核融合炉エンジン。なんだか一発でパイロットが被爆しそうな名前だな。
そのため、その出力やパワーは既存のどの機体に対してもまさに桁外れ。実装計120個ものアポジモーター(!! FZ型ザク改何機分なんだ???)を誇る。

その設計思想は、二年前のZGMF-X10A・フリーダムとZGMF-X13A ・プロヴィデンス の影響を色濃く強く受けたものである。らしい。まぁ、武装を見ればリフレクタービット方式のドラグゥーンシステム改良型=バハムートシステム(まんまの名前に驚愕。クラスチェンジしたのか?)を載せてるもんな。
当然、PS装甲は標準搭載。その上、ミラージュコロイドを展開可能。

・・・無制限に動いて

隠れて、

敵の武器はなーんでも

跳ね返すってコトっすか!?


この機体にはパイロット保護のためのリミッターが装備されていて、 このリミッターを解除した<フルアクティヴ・モード>では、パイロットの存在を無視した機動性を発揮し、さらには核エンジンにより生み出される膨大な量のエネルギー粒子を刃として形成して、武器として転用することも可能になる。

・・・光の翼やん。

そ・れ・に。
一番反則気味なのがデュートリオン・フィンガー。
掌上部のナックルガードに設けられた受光部分で受けたデュートリオンビームを熱変換し、手の平に集中する事で発動する特殊兵装。 各種特殊装甲をも溶解させる熱量を持ち、近接戦闘では絶対的な破壊力を持つ。
機体のジェネレーターからのエネルギー供給も可能ではあるが、その場合は機体機能を一部停止する必要があるなどのデメリットが生じる。
また、大気中では手の平より発生する高熱により陽炎(!)が発生し、ビーム兵器の軌道を湾曲させる事も可能となる。・・・のだと。

・・・ドモンが怒るぞ。

修行してないくせに。シン。


で、
D-ドライブってのも積んでるんですよ、ダンナ。
前述の試作核融合炉エンジンに、上乗せしてデュートリオンビームを受けることで通常時最大出力の300%にも匹敵する出力向上を行える。
この際、背部のウイングを展開させ、あまりにも過剰なエネルギーを機体外部に放出する必要がある。この放出エネルギー自体が大出力ビームサーベルとして利用でき、超高速での移動から繰り出される一撃は大型戦艦を擦違いざまに一刀両断するほどの威力を秘めている。 攻防一体の兵器転用が可能。

・・・いや、だから。

光の翼でしょ?


なお、本状態が機体及びパイロットに与えるストレスは相当なもので、理論上では約三分間の連続使用で機体が分解し、パイロットは仮にスーパーコーディネーターでも三十秒が限界である。
そのため、初期設定では十秒間でシステムを強制終了するリミッターが設けられている。・・・のだそうだ。

フリーダムは後半、またもやボコられて大破。どうやら改装を受ける模様。
その名もデルタフリーダム。
で、インパルスはルナマリアの機体に。レイ? 彼はドラグゥーンシステム搭載のザクスラッシュに乗るみたいですな。
ああ、アスラン。アースガンダムに乗り換え。

これってさ、スパロボでサンライズが提唱している『νガンダム(もしくはHi-νガンダム)最強ガンダム説』に明らかに反する気が。
つーか、ファンネルと光の翼とゴッドフィンガー搭載、PS装甲とミラージュコロイド併用可能って時点でνガンダムもV2アサルトバスターもゴッドもフリーダムも忘却の彼方ってカンジなんですけど。
真ゲッター1のストナーサンシャイン、ダイターンのサンアタックさえ陵駕しそうな攻撃力、ビルバインを上回る切り込み隊長ぶりを発揮しそうな予感。
・・・ってかな。
ゲームバランス確実に崩れるやろ。

・・・やり過ぎやろ。オイ。


K_amamiさんのSphere#4_Diaryディスティニーガンダム=ヨセ集めガンダム(゚Д゚;)にTB。

記事URL | ガンダムネタ・オスカ&マーカーの報告 | トラックバック(5) | コメント(63) | 【15:28】 ギレン閣下の演説

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。