--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.04.30

ガンダムSEED DESTINY、第二十七話を観た

こちらも観るには観ものの、アップできずにほったらかしになってた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE27。

かっぱらったシャトルから懐かしい面々の待つエターナルに移る虎とラクスからスタート。
キラとラクスを奴ら呼ばわりする議長に思い切り黒幕フラグ立ってますな。おまけにミーアの形相からして、やはりシルエットで登場した初回の笑みは邪悪なものだったご様子。確信犯ですなー。
前半パート。
取り立てて特筆することもないけどジブリールにのらりくらりと応じるネオと、艦上でバスケットに興じる強化人間二名。
気に留めておくべきはジブリールの眺めるモニタに投影されるデストロイのデータ。連合製らしいしな。

取り立てて特筆することもないけど一方のミネルバ、回復の気配すらないステラと、アスランを監視したルナマリアの報告シーン。
取り立てて特筆することもないけど、唯一ポイントっぽいのは、カットインでデストロイのデータを眺める議長の横顔が挿入される。
うーむ、このパターン、前作の変態仮面まんまなんだがな。
なにかしらを解析なり送信なりしてるレイ、そりゃステラのデータか?


後半パート。
取り立てて特筆することもないけどオーブとネオのブリーフィング。
続いてアークエンジェル。ミリアリアが凱旋乗艦。

その頃オーブ・連合軍がミネルバを補足。戦闘が開始される。
イマイチ記憶の操作が確実でないのか、姿のないステラのことを何となく違和感として感じるアウル。
あー、こういう描写があると大体死亡フラグ立つねぇ。今まで書いたエントリーでアビスがソードインパルスに真っ二つにされるって予想してたけど、ブラストインパルスにボロ雑巾にされるのか?

アークエンジェル発進。
オペレーター席に座るミリアリア。 ここには私が座る、と。
『世界もみんなも好きだから、写真を撮りたいと思ったんだけど、今はそれが全部危ないんだもの。だから守るの、あたしも』
あ、さりげなく良心的なセリフ。・・・テロリスト集団だけど。

ストライクルージュに続いてフリーダム射出。
次は戦闘だ!
・・・『残る命散る命』、な。
思いっきりそのまんまですな。
まあ、なにを言ってもデルタフリーダムガンダム改めスーパーフリーダムガンダム、
そして、
アースガンダム改めナイトジャスティスガンダム(爆)
ってセンスを誇示するくらいだから驚きもしないけどな。
スポンサーサイト

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(0) | 【22:22】 ギレン閣下の演説

2005.04.29

オッス! オラ少佐!!

オッス! オラ少佐!!
オラ、実はみんなに黙ってたことがあるんだ。
それはよ、ブログってやつを作ろうとしてライブドア星に宇宙船で飛んでった時のことなんだけどよ。百倍の重力に耐えて見せたオラはついに辿り着いたライブドア星で買収合併の帝王ホリ○モンと戦ったんだ。
いや~、激重で危ねぇ戦いだったんだけどよ、オラ、超Blog人になることでようやく勝つことが出来たんだ。
でもよ、えれぇことになっちまった。
世間に嫌われたくないくせに憎まれ口を叩いてみせるホリ○モンは負けたくねぇ一身でライブドア星に特大のエネルギー弾を撃ち込みやがったんだ。これには参ったぞ。おかげで株価は暴落いや、ライブドア星は重さ爆発してしまったんだ。
さすがのオラもヤベェと思っちまった。
掲示板に出てた方法でログをインポートして危うく脱出したんだぞ。
で、JUGEM星ってとこに寄って修行してたんだ。JUGEM人の連中は気のいい奴らで、メンテナンスの告知メールも随分と丁寧だったなー。オラ、ここで瞬間移動を教えて貰ったぞ。
居心地いいからずっと居ようかとも思ったけど、ライブドア星よりとんでもねぇくれぇの激重の気が充満してたから修行をトンズラこいて帰ぇることにした。
行き先はブログ人。
でも有料だから気が進まないなー、なんて考えながら気を高めてみた。
オデコに指を当てて、仲間のZ戦士ブロガーの気を探る。

いた!!!!!!

この気はすしバーさんびといんさんだ!!
ビシュン!
で、着いたのがここ。
FC2・サーバ2。

すまねぇ、オラ、どうやら気を感じるのと同じくれェ・・・、

重さを感じて移動しちまうみてェだ!!!

記事URL | FC2軍人の心意気 | トラックバック(2) | コメント(9) | 【02:05】 ギレン閣下の演説

2005.04.29

いらっしゃいっ! うちにはいいのが揃ってるよっ!!

ドラクエやなんかをやってると当然ながら冒険の旅に出る訳なのだが、その目的地はラストダンジョン以前に、ほんの少しだけ周辺の敵が強くなった新たなる町や村ってのが妥当だろう。

新しい町や村に辿り着いてまずすることといえば定番は宿屋に泊まって体力回復ってところ。手堅いプレイヤーはまず何よりもこれを鉄則にする。宿屋→セーブポイントっていうコンベアである。
しかしギャンブラーなプレイヤーはそんな安全策を全く無視し、とにかく武器屋に飛び込む。そして有り金をはたいて買える範囲内で最も強力な武器を手に取るのだ。
もちろん、その結果路銀が底を尽いて宿を取ることすらままならないこともしばしばだ。大体からしてそんな買い物を優先するくらいだから戦闘は回避することを良しとしない。従って町や村に辿り着いた時にはべホイミどころかホイミ一発分のMPもなく、薬草一個ですら持ち合わせもないというのに。
で、全滅喰らって再出発ってのが茶飯事なんだなー。もっとも、有り金はたいてるからすっからかんな訳で、全滅喰らっても損害なんて微々たるもんなんだけどね。お金減らないし。

しかしまぁ、実店舗でこんなお店はあるとは思わなかった。
やっぱりお店の主はカウンタ越しに景気良く声をかけてくれるのだろうか。
『いらっしゃいっ! うちにはいいのが揃ってるよっ!!』とか。

まんま『武器屋』だからね。
<円卓の騎士ソード ¥20,000>
とか、いかにも気になる。『ガラティン』かなぁ、『アロンダイト』かなぁ。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【00:07】 ギレン閣下の演説

2005.04.28

ガンダムSEED DESTINY、第二十六話を観た

観るには観たものの、アップできずにほったらかしになってた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE26。
まあ、時期をかなり逸しているので細かなレビューではなく、要点だけ。

相変わらず回想シーンをふんだんに盛り込み(爆)、加速度的にステラと親密になろうとシナリオ上図られるシン。どうしろというのだ、敵兵を艦内に連れ込んで。
まあ、ミハルを匿ったカイの例もあるけど、ここら辺りがどうもSEEDのシナリオって感じ。感情だけでキャラが行動するってのかな、きっと本人も忘れてると思うけど、シン、君は軍属だ。そんなこと独断で行えば本来極刑になるぞ。最新鋭戦艦で最新鋭MS搭載の遊撃部隊なんて機密の塊ですから。

ステラの生死不明が損失扱いとなったことに呟きを洩らすネオ。
前作での強化人間は生体パーツ扱いだったから、まだマシなのか? きっと前の三人なら死亡しても損失ではなく破損扱いなのかも。もっとも、前三人に比べて今作の三人は格段にコストかかってそうだし、いろいろメンテナンスやなんかも大変そうだ。

プラントに向かう虎とラクス。
もういい加減にして欲しい覆面スタッフの大阪弁よりも置鮎ボイスの大阪弁の方が当たり前のことながら、聞ける。というか曲解した日本文化を独自発展させて定着させているようにも見えるオーブで、言うに事欠いてけつね食ってる時点で『砂漠の虎』もコテコテ関西人ということか。コーヒーに注いでいた情熱も、関西人なら夏や熱砂を考慮すれば当然、アイスコーヒーだ。是非、『レイコー』と呼称願いたい。ちなみに当て字は『冷珈』な。
シャトルかっぱらうのはともかく、とんずらするシャトル相手に基地上げてのスクランブルと情け容赦のない一斉射撃にザフトの潤沢な軍備費用が見て取れる。
バルカン一発でさえ当たればイチコロだろうシャトル相手にビームだの巨大な対艦ミサイルだのをブチ込むとはね。

エンディング曲が変更されたことも注目。
バックが死人の山であることに気付き唖然とする。
ちゃっかりミーアと一緒のアスランに比べ、カガリが一人きりで立ってるところを見ると、どうやら死亡フラグが立ってるような気がしますな。
何年かあとになってから会話があるわけですよ、キラとアスランの間に。
キ『何故カガリを捨てた!? カガリはボクの妹だったかもしれない女性なんだぞ(一応いつの間にか姉になってたけど)!』
ア『ミーアの乳の方が大きかったんだ! なら捨てるしかないじゃないか!!』
キ『エゴだよ、それは! なおかつエロ!!』

会話はともあれ、シチュエーション的にありそうな気もします。

『機動戦士ガンダムSEED・逆襲のアスラン』

やっぱりやる気だろ。

ナタルさんが描かれてたのは嬉しいんですけどね、ミリアリアの隣にはトール、おらんかったよな? やはり過去のオトコということか・・・。

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(0) | 【23:45】 ギレン閣下の演説

2005.04.28

だ、だめだ・・・ミンストレルソングが聴けないぞ

『ロマンシングサガ-ミンストレルソング-』の特典CD入手作戦、早くも一日目で頓挫。
だめだぁ。
ソフト自体がどこも売り切れてるし、特典CDとセットだとオークションでもプレミア気味ですわ。

オリジナルのCD自体が欲しい訳じゃないんですけどね、別に。音源自体が手に入れば。

こんがりと焼きたい。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【01:57】 ギレン閣下の演説

2005.04.27

悩みどころサガ

なんやかんやで買い遅れてしまったゲーム二本。
『Wild ARMS the 4th Detonator』と『ロマンシング サガ-ミンストレルソング-』。
WAはもう、この期に及べば中古で安くなってからということで納得したけど、問題なのはロマサガ。
このシリーズ、サウンドが数あるスクウェアラインの作品の中でも群を抜く出来であることは結構有名。で、予約特典のオリジナルCDに魂を鷲掴みされて予約したものの忙しくて引き取りに行けず、ようやく今日出勤途中にお店に寄ったら当然ながら猶予期間三日を過ぎていたためにキャンセル扱いになっていた。
_/ ̄|○
どうすればいいのだろう。
CD聴きたいぞ。
オークションでゲーム諸共落札するか?
諦めてゲームだけ買うか?
いっそ値崩れまで買い控えか?

誰かCD、ください。

そしてゲームは中古で値崩れ待ち。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(1) | コメント(14) | 【00:03】 ギレン閣下の演説

2005.04.25

JR福知山線脱線事故

JR西日本・福知山線の尼崎駅付近で起こった脱線事故。
決して他人事ではない事故だ。

事故の原因が果たして単なる人災なのかどうかは今のところ分からないけど、かつて置き石なんかが多発したところでもあるので利用者の一人としては究明を望む。

そして何より、亡くなった方の冥福と負傷された方の無事を祈るばかりだ。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【14:07】 ギレン閣下の演説

2005.04.25

ふと気付いたけど

ランバ・ラル大尉の二つ名って『青き巨星』だったよね?
『青い巨星?』
訂正しないといけないなぁ。

記事URL | ガンダムネタ・オスカ&マーカーの報告 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【02:46】 ギレン閣下の演説

2005.04.24

めっちゃ衝撃! ブログ激重トーナメントマウンテン

先日のエントリー『すすきのの青き巨星』すしバーさんからいただいたコメント。

少佐殿!
ブログ人のどこぞのブログで
「もう、JUGEMに引っ越そうかな?良さそうだし。そこそこ速いし」
という記事を見つけました!
なんか・・・感慨深いものがあります!
っても、夜はやっぱ遅いですけどブログ人ほどじゃないです。

あうっ!
それは罠だ!
そう思った私は、

>すしバーさん
ええっ!?
それは何かの罠なような気もしますね・・・(爆)。
たまに古巣の様子を見に戻るのですけど、TBスパムやコメントスパムが入ってましたし、相変わらず重いですよ。まあ、最盛期の重さからはかなり緩和されたので、今なら待ち時間でカップヌードルや焼酎お湯割りを作れたという伝説も今は昔でしょうけど。
操作性はブログ人を使ったことないのでよくわかりませんけど、JUGEMはかなり使いやすいですから、お勧めはできますが・・・。

と返事を書いたのですが。
訂正します。
ええ、なんというか。古巣を何度か開いて試してみたところ。

衝撃的なことに・・・・。

JUGEMの方がブログ人より早いです。


これってブログ人のユーザーさんにとっては結構な致命傷かと思われます。
重いカウンタと凝ったテンプレートを実装してるので私の古巣はJUGEMの中でも更に重い部類だと思われるのですが、ヤバイなぁ、ブログ人。

王位奪還デスか!?

きっとネプチューンマンがマグネットパワーで開かないようにサイクしてるんだ。

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(10) | 【02:41】 ギレン閣下の演説

2005.04.23

近況報告

最近、更新とコメントに返事を書くのが精一杯です。
巡回先でコメントを残すことが出来ないのが心残りです。

ぶっちぎりバトルハッカーズで睡眠欲が連戦連勝圧勝中です。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【01:34】 ギレン閣下の演説

2005.04.21

知らなきゃよかった

白状しよう。
私は高校在学中の三年間で行われた数多の定期テストにおいて――。
ハクション大魔王の子としてアクビちゃんのあだ名を拝命していたオトコである。
要するに高校一年の数学I、高校二年の基礎解析、代数幾何、そして文系に進学してからの数学III、これらの教科で連戦連敗を誇っていたことがその理由である。ウチの高校は赤点のハードルが公立高校にしては近隣高校としてはお高い40点だったのだが、私はこの40点のハードルを倒しまくって三年間、行進を続けた。ハードルを飛び越えたのは高校三年生の三学期の期末テストの時、たった一回だった。

だもんで、自分自身が理系や薬学に進学することなんて露ほども想像しなかったし、文系であることを疑う余地もなかった。事実、文系教科の得点は(理系教科に比べれば)飛躍的に点数の伸びを見せていた。
ビバ! 文系。

・・・なんだけど。
今日、古い釣り道具を探してクローゼットを漁っていると、未組み立ての1/24スコープドッグを発見したので喜んで箱を開封したんよね。
当時使っていた三本百円の筆と塗料皿、そして筆先のシンナーを吸い取ったり混ぜた塗料の色合いを確認するために切り揃えてクリップに挟んでおいたワラ半紙。そのまま残ってるー!
とか思ってクリップの紙束を手に取った瞬間。
小学一年生の私の国語のテストの答案用紙が。

一年一組、しょうさ。
もんだい。
つぎのことばのはんたいのいみのことばをかきなさい。

おっ、なんて書いてるんかなー。

ながい→ながくない
はやい→はやくない
しろい→しろくない

・・・。
_/ ̄|○

理系どころか、人として赤点。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(11) | 【23:50】 ギレン閣下の演説

2005.04.20

不死身の第二サーバ小隊

当初の目的が化けて今に至ることというのは確かに、ある。
去年の夏にブログを開設した時、釣りの仲間内の連絡ツール代わりに立ち上げた経緯もあって、無料で、モグログと携帯からのコメントができる機能を重視してライブドアを選んだ。
今思えば、ライブドアが一番重かった頃ではなかろうか。
まあ、まさか毎日釣りに行く訳でもないので何やかんやと文章を書き散らかしてる間にブログは個人運営の様相を呈し、なんだか更新するのが楽しくなってきたのでJUGEMで個人ブログを立ち上げた。
今思えば、あの頃からJUGEMはハンパじゃなく重かった。
新天地で約四ヶ月間、私のサバイバル生活は続いた。トップページには入れず、従って更新も出来ず、それでも僅かな間隙を突いて届くコメントに感謝・奮起して、私はゲリラ戦を続けた。
04年年末。
これ以上は有り得ないであろう重力波と、さらにメンテナンスを無駄に繰り返すだけで成果の見えないサポート(それでもブログ人よりははるかに人道的且つ紳士的で真摯な姿勢であったことをJUGEMの名誉のために強調しておく)に嫌気がさして、脱出。試験運転で仮開設しておいたFC2にログを移動した。
先に移籍して実稼動していたすしバーさんに合流。転属先はサーバ2となった。
年明け、本格的にFC2で更新を始めた矢先にサーバ2だけが落ちるという事態が頻発。挙句FC2までが重くなる。やがて緩和した頃、びといんさんが完全移籍を果たして隊に合流。
不死身の第二サーバ小隊、結成。エースパイロット級のネタ師ブロガーである。

『すすきのの青き巨星』すしバーさん。

『赤いリンゴの彗星』びといんさん。

『サーバ2の悪夢』私。


(註:二つ名はお二方に無断でつけたものですので、念のため)
以降、FC2が重い時は必ずサーバ2は輪をかけて重く、いや、サーバ2だけがわざわざ落ちるという事態まで引き起こしつつも今日に至る。

これからFC2に引っ越しをお考えの皆さん。
そして、仮移動先を確保済みの皆さん。
サーバ2でなければ・・・、

比較的安全です。

それでも余波を喰らうかも知れませんが、それはそれとして諦めて下さい。

私と出会った不幸を呪うがいい!!!

ウソです。

つーか。

重いんだよ、サーバ2!!


こんなん続くなら、他のサーバにもコロニー落としちゃうよ?

というか、余談ながら。
今後本格的に引っ越してこられるであろうと思われるマンガーさんが小隊長となって、

『黒いアフロ三連星』

を結成して欲しいところ。

記事URL | Blog Life | トラックバック(1) | コメント(17) | 【02:25】 ギレン閣下の演説

2005.04.19

スニーカーぶる~す

ana-blues.jpg

マンガーさん『はじめの万歩!』にトラックバック。

普段から仕事に至るまで、スニーカーを愛用している。
自分で言うのもなんだけど、私、物持ちいいんですわ。
しかしながら偏平足で甲が高い変な形の足を遺伝として受け継ぎ、なおかつがに股である私にとって、スニーカーは比較的頻繁に買い換えなければならないアイテム。
この度、ついにエアフォース1が戦線を離脱せざるを得ない重傷をおった。ま、底もツルツルやしね。

ことさらナイキのファンだということではないけれど、エア構造は一日歩き回る仕事にとって、確かに劇的な披露の軽減効果がある(ように体感できる、私の場合)。
だから歴代のテイル・ウインドと、エアフォース1を履き潰してきた。特に後者は限定モデルやなんかの稀少価値のあるものでない限り、比較的手軽に買える金額設定であることは大きいメリットである。しかもなかなか丈夫。

一日40000歩のノルマを、少なくとも週に一度は乗り切らないといけないからな。
ごくろうさん、という言葉はもう少しだけ待っておくれ。
次の買うまでは。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【00:05】 ギレン閣下の演説

2005.04.18

久しぶりにインチキ臭い機体、出撃

久方ぶりにネオ・グランゾンで出撃。
あちらこちらにブラックホール・クラスターを乱射してました。



・・・ウソです。
おかしいなぁ。
おいしいなぁ、何で重いんだろうか?

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(7) | 【23:56】 ギレン閣下の演説

2005.04.18

魂のルフラン・改 おっさん使徒、襲来

不特定多数の人と接するという仕事の性格上、そりゃもう、千差万別のヒトに巡り合う機会にも恵まれるワケですわ(その辺りの具体例は<夜の営み><エロ・グロリスト>のエントリーを参照のこと)。
で。
衣料用洗剤の売り場を通りかかった時のこと。
『おい、にぃちゃん!!』
すげぇダミ声。しかもイントネーションが明らかにお店周辺のものとは異なる。
そう、これは・・・。
近畿地区関西弁の中でも最も気性の激しい大阪弁、しかもその地域性の中で破壊力抜群の河内弁ではないか。
・・・私の生まれ故郷の言葉だ。
反射的に『いらっしゃいませ』と振り向いた先にいた人影は。
紫色のビロード調シャツ(しかも胸元は三つのボタン全開)、野球選手くらいしかしないような金のぶっといチェーンネックレス、白いスラックス、白のエナメル、何かの革らしいセカンドバッグ、といういでたちのおっちゃん。

・・・わ、判り易過ぎる!!!

(非常に長いので気になった人だけ読んでください)
【カタパルト接続】

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(0) | コメント(9) | 【19:17】 ギレン閣下の演説

2005.04.18

新しい時代を作るのは私のような老人ではない!

出勤途中の電車内にて。
女子高生二人が大股開いて座席にもたれながら会話。ちなみに見えそうで見えなかったので念のため。
女の子A『ほんまクラブだるいなぁ』
女の子B『日曜はクーラー止まるから暑いっちゅうねん』
女の子A『ホンマ、信じられへんやろ? ムカつくわ。エレベーターもつこたらあかんし!』
女の子B『何で階段やねん、マジで』

・・・時代は変わったなぁ。
私は公立の共学校だったから。私立の女子高とは施設が比べ物にならないことくらい理解は出来るけど。
クーラー?
エレベーター?
クーラーなんてコンピュータの暴走抑止のため(と説明がなされていた)視聴覚教室以外には設置されていなかったし、エレベーターなんてあるはずもなかった。
自慢できたのは学食のカツ玉丼が近郊の高校の中では飛び抜けて旨いという位のものだった。
・・・ショボいなぁ。
夏なんてさ、みんな少しでも風が通るように窓際が取り合いになったもんだ。それでも暑くて窓をサッシごと取っ払って、マイ団扇で左手の運動に勤しんでいたものだ。

追い討ちの一言。
女の子B『ま、カーディガンいらんけどな。寒くならんから』

贅沢な悩みだなぁ。
・・・これが若さか・・・。
『サボテンが花を付けている・・・』と呟いてみる昼下がりのことでしたわ。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【00:24】 ギレン閣下の演説

2005.04.17

ミートソースと呼ばないで

NIKUippai.jpg

ウチの両親と犬三頭、旅行に出かけました。

朝起きて犬がやたらに騒いでるなー、と思ったら、いつもの小汚い部屋着ではなくパリッとした格好に変身したおとんとおかんの姿が。ウチの犬は車に乗るのが大好きなので、出かける雰囲気を嗅ぎ取ると「一緒に連れてけ!」と主張するのだ。
私『どこいくん?』
ぼんやりと訊くと。
おとん『天気いいから出かけるわ』
私『花見?』
もうすぐ葉桜になっちゃうしな。
おかん『このコら連れて旅行行ってくるわ。明後日まで帰ってこうへんし』
私『ふぅ~ん。・・・ええっ!?』
おい。
遠出するなら前もって教えておけよ。しかも泊まり?
私『ご飯は?』
おかん『冷蔵庫からやし、買い物いかななーんもないわ。適当に作り。ああ、自腹やからな』
私『・・・あいよ』
おかん『あ、カウンターに残ってた食べ物おいたぁるから』

出発した後、台所のカウンターに行ってみると。
パスタの乾麺の袋が無造作に横たわってましたとさ。

・・・。

ソースないやろが!!


仕方ないので帰宅後、作りましたわ。材料買ってきて。
ボロネーズ。
トマト湯剥きしてサイコロ状に切り、ホールトマトとペーストを合わせて、炒めた玉ねぎと人参とセロリ、牛ミンチとキーマカレー用の大きいミンチをオリーブオイルと胡椒で炒めたものを投入。
各種スパイスと塩で味を調えて煮込む。
学生の頃、パスタハウスでバイトしてたからパスタを作るのは比較的得意だし、よく食べる。でもトマトソースは久しぶりだ。

食べてたらメールが。

『これから寝るわ。

犬用のハンバーグが美味しかったみたい。

好評やったよ。

わんバーグ』


わんバーグ?
あいつらいいもん食ってるな、くそう。

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(0) | コメント(13) | 【00:14】 ギレン閣下の演説

2005.04.15

続・これは中で買える分 『お土産の性能の差が<愛・地球博>の決定的な差でないことを教えてやる!!』

misokatsu-c.jpg

以前書いた記事愛・地球博のお土産について書いたけど、また別の人から今度は別のお土産をいただいた。ほんとは二種類貰ったんやけど、内一種類は職場で食べてしまったのが悔やまれるところだが、持ち帰った戦利品はかなりパンチの効いた逸品。
その名も、『みそかつチップス』ときた。
中身はこんなの。
misokatsu-nakami.jpg

味は、まあ、普通に旨い。ただし、目隠しして食べたら何の味か分からないことだけは断言できる。スナック菓子であることのみ判別が可能だろう。

ちなみに先日アップしていたお土産の中身も撮影しておいた。
まずは地球博ミルククッキー。
MORIZO-MILK-COOKIE.jpg

なんというか、そのままである。大きくゴシックで『MILK』と書かれても。誰も脱脂粉乳であることを疑っているのではない。
次。
地球博まんじゅう。
MORIZO-manjyuu.jpg

これはいい感じ。
モリゾーもキッコロもちゃんと立体浮き彫りである。何気に芸が細かい造形だ。
で、最後がこれ。
セントレアクッキー。
centrair-print-cookie.jpg

中部国際空港の公式サイトによると、謎の旅人フーを中心に、共に旅をする三人組のうちの一人、『謎の荷物持ち』という名前らしい。

ちょっと行きたくなってきた。地球博。
何といってもマンモスだけは見ておきたいしな。
ロボットは長生きすればそのうち見られるかも知れんけど、マンモスはもう見る機会ないだろうし。


ちなみにお土産は全部普通に旨かったですわ。

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(0) | コメント(9) | 【03:27】 ギレン閣下の演説

2005.04.14

仰天のたらこ行進

出勤が昼過ぎの場合、昼食を摂りながら『キューピー三分間クッキング』を観るのが好きだ。
基本的には日本語としてそこまでしなくても、っていうくらいのバカ丁寧な言葉使いにツッコミを入れながら、手軽に出来る料理のレシピが紹介されたら覚えておこうという姿勢で視聴。普通言わないだろ、『おソース』とか『おじゃがいも』なんて。

それはそうと、昔からスポンサーのキューピーが提供するCMってインパクトがあってなかなか好き。コーネリアスのマヨネーズテーマ曲もここで初めて聴いたもんな。
THE FIRST QUESTION AWARD
THE FIRST QUESTION AWARD
posted with amazlet at 05.04.14
Cornelius
ポリスター (1994/02/25)
売り上げランキング: 86,889
在庫切れ
おすすめ度の平均: 4
4 コーネリアス出発
5 ずっと朝まで続けばいい瞬間
5 最高!


で、最近番組を観てて気になるCMがこれ。たらこスパゲティソース。

まるでちん○んが集団で軍律行進してるみたいな感じで衝撃。
亀の頭部分にキューピーの顔があるってどうよ。

しかも辛子明太子味まであるとは・・・。

ヒリヒリしそうやし!!

記事URL | TV雑文 | トラックバック(0) | コメント(5) | 【18:38】 ギレン閣下の演説

2005.04.13

いかなご

ikanago.jpg

神戸市の垂水区付近を発祥としているといわれる、いかなごの釘煮。いかなごとは、明石や淡路を中心とした瀬戸内で漁が行われ、僅かな期間、限られた地域にのみしか市場に出回らない小魚で、釜揚げや釘煮(錆びた古い釘の色に炊いた佃煮)でいただく。
元々大阪の出身である私は兵庫に移り住むまでこの釘煮というものを全く知らなかった。引っ越してから春直前になると各量販店などで釘煮の材料となる醤油やザラメを大量に陳列したり、またいかなご自体の水揚げをスーパーでアナウンスしていたりと、驚いたものだった。
国道二号線に沿って分布するいかなごの釘煮を食べる食文化は垂水辺りから岡山付近までに至るという。その味は各ご家庭によってまさにおふくろの味として千差万別であって、今の時期になると調理中の独特の匂いがあちらこちらで漂うことになる。
分かる人には分かるかもしれない例えで申し訳ないけど、錬金術アカデミーの卒業を賭けた学生がアトリエを開いた時のように、それはもう、一日中異臭(結構臭いのだ)が充満するのだ。
仕事してても普通にいるからね。醤油を何リットルも買い込んだり、ザラメや水あめを何キロも買い込んだりするおばちゃん。釘煮は生姜を加えるので、正確には佃煮ではなく時雨煮に分類されるらしい。だから生姜も売れるし、保存用の容器も人気爆発する。各ご家庭の味をお裾分けしたり、また遠方の親戚の方なんかに送ったりするためだ。
全国的にはどうか知らないけど、私の住む地方では郵便局のエクスパックでいかなごを送る場合、無料で保存容器が付属するサービスまである(数量限定だからすぐになくなっちゃうけど)。

ウチは大阪出身だから炊かないけど、お裾分けはよくいただく。
ikanago-with-rice.jpg

こんな感じであつあつのご飯に乗せて食べるのが一番旨いね。
もちろん、焼酎の肴にも最適だけど。

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(0) | コメント(9) | 【00:05】 ギレン閣下の演説

2005.04.12

ガンダムSEED DESTINY、第三次新オープニングをネタ的に考えてみる

錯綜する妄想と噂。
そんな中で遂にオンエアされた第三期新オープニング。
オープニングテーマの筆舌に尽くしがたい下手さ加減はさて置いておくとして、新作カットから今後の展開をネタ的に予想してみよう。

i)復活の鷹
キャプションとして書くと『ベルセルク』ではないかと勘繰ってしまうところだが、鷹の旦那が復活。
鼻っ面に傷があるのが全大戦時に「不可能を可能にした」代償なのか? そもそもストライクの爆裂後、ヘルメットが浮遊していたように記憶しているが、あれは脱ぎ捨てたものなのか? 脱出でも不可能を可能にするオトコですかい?
ネオ大佐、記憶が戻るんでしょうな。OPに殆どバルトフェルドの姿がないことから、きっと、
アークエンジェルを攻撃するネオ→マリューさんを庇って虎戦死、相打ちでネオがダメージを負って記憶復活
というパターンかと。
つーか、そもそもなんでみんな裸なんだ。
これじゃイデオンの最終回やって。
・・・カントクのあざとい趣味か。

ii)OPタイトルで面目躍如
おい、これってデスティニーガンダムじゃないぞ。
デルタ・フリーダム改めその名もスーパーフリーダムガンダム!!
・・・最悪のネーミングセンスですな。公式サイトで発表になってるので相違なかろう。

更なる混迷を続けるザフト・地球連合の情勢を打開すべく開発された最後の切り札。新型エンジンの搭載など、フリーダムの数倍の戦闘能力を持つ。関節の色が金色になっているのが特徴的である。


と説明がなされている。
腹にサザビーみたいなメガ粒子砲をあつらえてますな。OPでの動きはなかなかカッコいいけど、両手にライフル持ってますね。で、その後アップになってライフルを合体させてる? バスターの武装チックな構造なのか、はたまたウイングガンダムのバスターライフルか。どっちにせよシールドがないのでビームシールド装備してたりして。何となくそう取れる描写にも見えるし。
・・・主役はやはりキラですか。

iii)カガリよ・・・、そういうプレイか?
下着姿の半すっぽんぽんに国家元首の正装の上着をはだけて引っ掛けるってどうよ? そういうプレイなのか? しかも捨てられたような描写やし。アスラン、巨乳好きかぁ?
キサカが立ってるのがなんともまぁ。覗きか?

iv)ネオとマリューさん
いや、銃を向け合うカットに脱ぎ捨てられた仮面が増えてるし。
ご指摘いただきました。前から転がってましたね、仮面。

v)デスティニー&デストロイ
デストロイ、デカっ!! カットインからしてステラの乗機になるのか、デストロイ。さすがにメインヒロインを死亡させるほど酷さ全開炸裂のシナリオは書かんだろうから、嫁。・・・って前作でフレイやオーブの三人娘をあっさり殺した前例があるのでありそうな気もするが、ステラは順当に救出されるんじゃなかろうか。デストロイは複座式って話もあるので、そうなるとネオとステラかな。二人とも救出されそうやけど。最終的には単座になって議長専用機かぁ?
デスティニーとデストロイの扱いはZとサイコなんやね。

vi)その他、諸々のMS
ザク、ハイネ専用でない一般色(しかも青だ)のグフが登場。ノーマルグフはイグナイテッドではないんだろうな、多分。スペシャルな気体(by公式HP)は西川君専用。
しかしまあ、ザク、グフと来たからある程度予測は容易に付いたけど、やっぱり出てくるのか、ドム。センス的にドム・アヴェンジくらいのネーミングに落ち着きそうと予想。
物語後半に新ガンダムが連合側に三機、登場すると言われてますな(シャドーガンダムにランス・レッド、グランドガンダムにマナ・バイル、カースガンダムにザック・ロビン)。そのパイロット達は最初、ドムでスーパーフリーダムと交戦。踏み台にされた後、ガンダムタイプに乗り換える・・・のか?
つーか、絶対使うだろ、『俺を踏み台にしたぁっ!?』って。
ジャスティスっぽいのがアースか? 

vii)イザークとディアッカ、いなかったな。OPに
死亡フラグ・・・か?
あかんやろ、それは。


なんかな、一時的に同じ思想の下に戦いましたけど、やっぱり相反する存在でしたわー的な雰囲気がプンプン。
キラとアスラン。
何となくシンが精神崩壊した後、アスランが行方不明、そしてデスティニーのTV続編を一本挟んで劇場版で・・・、

『機動戦士ガンダムSEED・逆襲のアスラン』

を公開しそうな勢いを感じるぞ。


ま、妄想ですがね。

記事URL | ガンダムネタ・オスカ&マーカーの報告 | トラックバック(4) | コメント(11) | 【03:31】 ギレン閣下の演説

2005.04.12

小麦爆弾

P-CAKE.jpg

ウチのおかんは年の始めに靭帯を傷めて以来、右手の握力をかなり失くしてしまっている。本人はご陽気な人なので家が暗くなるということはないけど、やっぱりリハビリは痛いだろうし、天候が安定しないと痛みも増すようだ。そういう時は炊事その他は私の元に廻ってくる手筈がいつの間にかできあがっている。
息子は息子で腱鞘炎に泣かされているので冴えない親子である。

今日は全休だったので、最近の過酷な労働の疲れを癒すべくだらだら部屋にいたのだが、なにせ寒い。冬に逆戻りしたかのような冷え込みだった。
私の右手はともかく、おかんの右手は相当痛かったのだろう、夜ご飯の仕込み中に小麦粉をうっかりぶちまけてしまった。
バトンタッチを受けたものの・・・。
上の方はまだ綺麗だし、食べられるだろうけど、うーん、こんなに一度に小麦粉を使う料理なんて私のメニューにないぞ。

で、仕方なく夜のご飯は別に作るとして、捨てるのも忍びないので冷蔵庫にあったチーズ各種を盛り込んで、急遽チーズのパウンドケーキを焼いた。
チーズを入れ過ぎて表面は焦げるし、形はまあ、人に差し上げるものではないからイイとして、散々な出来に驚愕。
こんな巨大なパウンドケーキ、いつになったら食い終わるのだろう。まるで『トムとジェリー』に出てくるチーズの塊のようにデカい。
味はまぁ、こんなもんだろうということにしておく。いや、しておいて欲しい。

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【00:09】 ギレン閣下の演説

2005.04.11

ガンダムSEED DESTINY、第二十五話を観た

引き続きビデオをチェックできたぞ。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE25。
定番の前話のダイジェストから開始。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(1) | コメント(2) | 【22:56】 ギレン閣下の演説

2005.04.11

ガンダムSEED DESTINY、第二十四話を観た

今回は過酷な勤務体系と諸々により一週間周回遅れでビデオをチェックできたぞ。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE24。
気になったとこだけ要点を拾ってみよう。

レイのルーツ
連合の研究施設を訪れて内部を確認した途端にパニック障害に陥るレイ。
分かり易過ぎる反応はともかく、連合の研究施設でいったい何が行われていたのかが焦点なのだろう。
ラウ・ル・クルーゼのクローンであると予想されるレイの出自ははっきりとはしないが、クルーゼ自身が鷹の旦那のオヤジのクローンであったことからも孫コピーであろうと推察される。ということはクローンの研究施設を目の当たりにして幼い頃の記憶がフラッシュバックしたというところか?
連合の施設で扱っていたのが前作の強化人間であるという可能性もあるので、レイがじつはヤク中であるという可能性もあるのか?
そういえばクルーゼみたいに細胞の分裂を抑制する薬(かどうかはわからんが、ともかく抑制剤)を飲んでところが描写されたことは未だないな。技術革新なのだろうか?

レイの情報戦
以前アスランがミネルバに着任した際にもセイバーと思しきコクピットから情報を引き出すような描写があったレイ。今回は独自にデータを受け取り、どうやら何らかを調査、それをさらにタリア艦長に報告している。
暗躍してるのか、それとも何かの特命なのか?

キラとアスラン
軍属に復帰して、一見筋の通ったような発言を押し通すアスランと、テロリストの扱いに甘んじながらもラクスを護り世界を再び戦乱に陥れないために立ったキラとの視点は大きく異なる。
そりゃアスランからすれば「むちゃくちゃだ!」であり、
キラからすれば「プラントも信じられない」であろう。
カガリを責めるアスランよ。じゃ、オーブを離れずに助けてやってればよかったんじゃないのか? カガリ単独じゃ抑え切れないことは容易に想像がついたはずだが。
ミーア及び議長を疑うキラよ。黒幕説は私も同意だが、だからといって手当たり次第の戦闘行為はテロですから。
どっちも痛いところを突き合ってるだけで話は平行線ですな。

アークエンジェル
温泉作るか、おい。
というか、ナデシコか?
入浴シーンはまあともかくだ。頭の上に手拭い載せて和んでるキラに衝撃。
いや、それ以上に衝撃だったのが箸を使ってる虎。
事欠いて、食べてるのがけつねうどん(蕎麦かも知れんが)とは・・・。汁はコーヒーか?
まあ、オーブにゃ日本料理って定着してそうだが。

まとめ

やっぱりリフレイン。

何度殺すのだ、二コルを。

そして、ハイネを。

残り二十二話としても・・・・、

三十回は固いと予想。

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(2) | 【20:49】 ギレン閣下の演説

2005.04.09

赤い彗星の愛機

ねこぱんち統合整備計画のびといんさんに製作していただいた百式テンプレート。
細かい色合いやHTMLの調整をお任せしているのでとても厚かましいのだけど、いい感じだ。

ゲームその他の作品で新作カットが描かれる度に様々なバリエーションが出てくるので異説は数々あれど、シャア・アズナブルの乗機として一般的なのは士官学校卒業後、ルウム戦役で駆ったMS‐06C(ツノなし)から公国軍伝説のエースの活躍は始まるわけだ。
赤い彗星の誕生である。


【カタパルト接続】

記事URL | ガンダムネタ・オスカ&マーカーの報告 | トラックバック(0) | コメント(10) | 【03:01】 ギレン閣下の演説

2005.04.08

実戦配備

月のグラナダ・アナハイムエレクトロニクス社のびといんさんから百式の一号機が到着。
早速シェイクダウンのために実装してみた。
明日からのテスト・パイルと細かい調整が楽しみだ。

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(12) | 【03:21】 ギレン閣下の演説

2005.04.08

楽な時があると、いつも決まってこれだ・・・

このところ、新生活の時期や新人さんの加入やなんかでえらくべらぼうな単位で残業生活を送っている毎日。
加えて陽気が安定しないので腰痛と利き腕腱鞘炎が鈍く痛み、おまけに花粉症はほんと、風の谷に引っ越したい気分になるほどのひどさ。

疲れ目も慢性化してたのでくろおびさんのエントリーにあったようにほぐしてたんだけど、遂に首と肩がカチンコチンになってしまっていたんですよ、ここ一週間ほどは。
そして。
コンボ炸裂。
左奥歯が痛い。

肩こり→首こり→歯痛

この黄金コンボ。
しかも何気にくろおびさんのコメントが怖い。

少佐さん>
首筋から肩にかけてだいぶこってますね
しかもただ疲れからではなく頚椎のヅレがある予感

ええっ!!

改造してください!!!


外耳炎は完治、睫毛も生え揃ったのに・・・。あかんやん。

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(2) | コメント(16) | 【00:03】 ギレン閣下の演説

2005.04.07

コントローラーはなくてもいいですわ

連日、散布される花粉粒子。
流通業に身を置く者の常として共にあらん、腰痛と利き腕の腱鞘炎。
ただいま~っと。

疲れてる時、ゲームもしないのに電源だけ入れてOPを眺めることってないですか?
SFCのロマサガ2なんてリフレインで観てても癒される。
PSで好きなのは『ギレンの野望』のジオンディスクOP。ゲームも秀作。頑張れ、GP―02A。それに『青の騎士ベルゼルガ物語』のOP。こっちはOPムービーに金を払ったようなもの。ATのムービーでは一番カッコいいかも。
ベタかも知れんけど、FFVIIIも好きだ。FFシリーズのオープニングでは「伝説の橋=初代」と、「四人は冒険気分=III」に匹敵する。
PS2なら『めぐりあい宇宙』もいいけれど、ここは『サクラ大戦』で。サクラシリーズではDCの3が最高のOPだと思う(PS2版、買ってない)。2の光武・改もカッコいいけど、ここはシャンゼリゼ通りを疾走する白い光武Fに身震い。

で、帰宅が遅くなった時にうってつけなのが。
PSの『ファイナルファンタジータクティクス』ですな。
静かなメロディにのせて語られる、詩の一節。
戦士は剣を取り胸に一つの石を抱く
消えゆく記憶をその剣に刻み
鍛えた技をその石に託す
物語は剣により語られ石に継がれる
今、その物語を語ろう・・・

その物語とは・・・。

残業。

まだ『Wild ARMS the 4th Detonator』買ってもないし、落ち着く頃には『ロマンシング・サガ―ミンストレルソング―』がリリースされるとは・・・。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(1) | コメント(5) | 【03:35】 ギレン閣下の演説

2005.04.06

そして俺は蘇生したのだった。過去という、地獄の一部を覗いて

RS.jpg

バンダイの『ザク!ザク!キャンペーン』
この中の一環で、ハイネ隊の隊員を募集してる訳ですよ。

私、ハイネはかなり気に入ってるんですけど・・・。
この部隊に所属するザク・ウォーリアーのペイントが・・・。
いやね、色が違うんですよ。

右肩の!!

しかもオレンジショルダーって・・・。

暗い血の色なんだよ、右肩は。
敵の血潮に塗れた肩
地獄の使者と人の言う
パルミスの高原、ミヨイテの宇宙に
無敵と謳われたメルキア装甲特殊部隊
情け無用、命無用の鉄騎兵

なんだよ・・・。

記事URL | アニメ雑文 | トラックバック(1) | コメント(6) | 【01:26】 ギレン閣下の演説

2005.04.06

ジャパニーズ・ハンケチーフ

Japanese-TENUGUI.jpg

普段、トイレに赴いて用を成したあとで人に会うと驚かれることがたまにある。
いや、何も開けておいてはいけないチャックを閉め忘れていたとかいう理由ではなく(それもまあ、たまにはあるが)、手を拭きながら戻ってきた私を見て目撃者が驚くことがある、という意味だ。

ここ数年間、私は日常で日本手拭いを愛用している。
いわゆる普通のハンカチも鞄には常備してるんやけど、ポケットに突っ込んであるのはこっちの手拭いの方。
通称、豆絞り。
水の吸収もいいし、何となくだが手にも優しい感じがする。ダンボールを日常的に触る職種上、どうしても手の平の脂分が吸収されてしまいカサカサになるので、こういうのは本当に細かいところだけどポイントが高い。
あと、アウトドア好きとしてはバンダナと同じでハンカチよりも随分と大きい日本手拭いは何かと重宝する。特に釣りなんかでは寒冷地に棲む鱒類を釣り上げた場合、再放流する際には直接魚に手で触れると人間の体温で火傷してしまうので濡らせた手拭いを手の平に貼り付けて魚を持ったりもするし、もちろん持ち帰って食べる時には濡らせた手拭いに包んで簡易冷蔵することもある。

単価が結構高いのが難点といえば難点かも知れないけど、使い勝手は良好。

この記事、オチません。
季節柄、濡れ手拭いのネタを書こうかとも思いましたが、断念。

記事URL | ガラクタ雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【00:40】 ギレン閣下の演説

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。