--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.05.31

ガンダムSEED DESTINY、第三十二話を観た

観ましたわ、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE32。
物語上の大きな分岐点であり、後半の展開を極悪ヨメがどのように迷走させるかをある意味決定付ける起点となるであろう放送回だけにさて、どう視聴者を掴むのか。
最早大半の視聴者が諦め気味かとも予想される物語の破綻をいかに最小限に抑えるのかがシナリオライターとしての腕の見せ所であり良心なのだろうが、大人気ないツッコミで一刀両断するなら「まともな」シナリオライターならば物語の整合性を最も重要視するわけで、つまりはここまで切迫して軌道修正したり方向転換を繰り返したりはしないのが常識のような気もするが(爆)。
スポンサーがバンダイであったが故の商品販売圧力も当然あっただろうが、今となってはそのスポンサーの傀儡になってでもなりふり構ってられないところまできてるからなぁ。伝説の白いMSの冠がないととっくに打ち切られてるのは確実。
この辺り、販売力はほとんどなかったものののちに再評価を受けたVガンと今後の大きな差になりそうな予感。ま、商魂逞しいからきっとPS2なり3で『Gジェネレーション・デスティニー』出すだろうし、スパロボにも自動的に参戦するだろうから元は取れる採算なのか?
いい方に考えるなら、ゲームに登場するならきっと説得→ステラ生存ルートとかがあるだろうということか。フォウと同じ扱いならね。で、のちのちファと三つ巴ならぬルナマリアとシンで三角関係発動って寸法だぁっ!!

燃えさかるベルリンを進軍するデストロイとそのお供たち。
吹き飛ぶザフト軍、消し飛ぶ民間人、高笑いするジブリール。地獄に落ちるまでもなくベルリンはすでに地獄絵図、ジブリールの感性に物言い。
『どうです? 圧倒的じゃないですか、デストロイは』
・・・閣下憑依ノ図。
そこにウインダム・ネオ機にアラーム! 颯爽と登場するフリーダム!
いきなりデストロイの発砲したビームをビームサーベルで切り返すという荒業を披露。

ええっ!?

そんなんできるんですか!??


演出上カッコよければ気にしないという暴君夫婦の意気込みが垣間見ることが出来ます。
ミノフスキー粒子の恩恵がないSEED世界で果たしてサーベルとビームの干渉がどういう結果を引き起こすのかはさておき、そんなことが可能ならシールドいらないだろ、キラ様。どうせザコの放った敵弾は一切掠りもしないんだし。
いきなり唐突な変形を始めるデストロイ。
一同驚きの視線でデストロイを凝視。
・・・そりゃそうだ。キラ様でなくても何て大きさだと驚きたいことだろう。全長であきらかにアークエンジェルを越えてる。その域やまさに伝説のイデ巨人の如し。
この物理的質量対比、

ケンシロウとデビルリバースだ。

【カタパルト接続】
スポンサーサイト

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(2) | コメント(0) | 【02:44】 ギレン閣下の演説

2005.05.29

宿の人ったらひどいんです。私をアナハイムの人間だと信じてくれないんですよ!?

05-05-28OFF.jpg


それは予約したロバ子さんが、

チャーミング過ぎるからさ・・・。


伝説の白いエースパイロットもコレを眼前にしたらきっとそう洩らしていたことだろう。
びといんさんからメールで画像をいただいたのを確認できたのが深夜だったんだけど、コレ、すげぇなぁ。
アナハイムが実在だと信じてる人が少なくとも何人か、この世の中に存在することになるからね、コレで。
びといんさんやてりこさん、genさんやsomedayさん、どんな反応をしたんだろ? きっとマニア心の融合炉に灯を入れて、さらにはMC導入機体並みの速さでオールレンジ攻撃のツッコミ入れたんだろうなぁ。

ロバ子さん、二階級特進。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(2) | コメント(13) | 【13:39】 ギレン閣下の演説

2005.05.27

Cool Running!!

これから出勤。きっと帰りは遅くなるし、明日に備えてみんな早くに休むだろうから、今日のエントリーは今上げておくことにする。

諸所の事情で参加できなくなってしまった温泉オフ会。
ブログをはじめるまでこうした付き合いに自分が声をかけて貰って参加することが出来るなんて思いもよらなかったし、そもそもこれだけ友人たちに恵まれるなんて思いもしなかった。
はじめた当初、訪問者が一日十人前後なんて当たり前だったし。
仮面ライダーのボトルキャップでブログ検索してgenさんとびといんさんとこに辿り着き、そこからすしバーさんへ。
あとは先々でコメントされてる方のところにちょくちょく遊びに寄せて貰い、連鎖が連鎖を生む。そして今では巡回が大きな楽しみになったブログのコロニーだ。

今なら、「あるいは拳を交えし全ての強敵のために」と旅を続けた陸奥九十九の気持ちが分かる気がする。
あんなコメントやこんなコメント、エントリーをアップするみんなの顔を見て、実際に話してみたいという気持ちはそれに似てるんじゃなかろうか。

ロバ子さん、幹事ご苦労様。みんな楽しみにしてるから頑張ってね。

皆の旅の無事と成功を切に願い、報告記事を楽しみにしています。
旅に幸あれ、Cool Running!!

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【13:04】 ギレン閣下の演説

2005.05.27

ツッこみたい夜・アストロ編

ま、私ぁトラ党なのでいいんやけどさ。

いいのか、オレ竜?

田尾カントクの満面の笑み、夢に見そうだ・・・。
3/12ってスゲェよ・・・。

記事URL | TV雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【00:06】 ギレン閣下の演説

2005.05.27

ツッこみたい夜・コメント編

言っとくけど下ネタじゃないぞ。

ウチのブログにコメントをくださる皆さんは必ずといっていいほどサーバ2のIフィールド(もしくはATフィールドでも可)に入力を弾かれた経験をお持ちのことだろう。
そんな中、ウチに書き込みをくださる方の中の一人、すしバーさんはFC2のサーバ2にて稼動しているブログにコメントを残す場合に限り、自ブログも含めてコメントの冒頭に数字を記入する方式を採用。この数字は「何度目の書き込みでコメントが反映されたか」を表すもの。
で、以下が前回いただいたコメントの冒頭。

19
今、グレイでやってるんですけど。


・・・。

19てなんですかぁっ!!?

何とかしろよ、FC2。
こんなん普通にあかんでしょ?

記事URL | FC2軍人の心意気 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【00:02】 ギレン閣下の演説

2005.05.26

やっぱりあの曲ですやん、ロマサガ節!!

Saga-song.jpg

GW明けには大量に出回ると聞いていたわりにはその新品でさえ市場に出てる数が少ないのか、どこも品切れしていた『ロマンシングサガ―ミンストレルソング―』。ようやく売ってるのを発見、購入した。
中古で5760円、Amazonのマーケットプレイス最安値でも5000円だったこととゲームソフト店の買い取り価格が4500円から変動がないことを考慮すれば、送料が絡まない分まぁ、こんなもんかな、と。
で、早速起動。
今回のリメイク版はかなり早くからテーマ曲が発表されていてのでいつものオープニング曲がカットされているのかと少し心配していたけど、やっぱりあるやん、あの曲が!
くぅぅぅぅ~ッ、やっぱロマサガはこの曲やよ。大好きな曲だ。
ファーストプレイと同じくグレイを選択、このシリーズをプレイする時自分でデフォルトにしている名前『ラビドリードッグ』を入力して物語を作り始めた。

あと、一日フライングやけど職場で特典を頂戴してきた。
NC-CD.jpg

ソフトを買うつもりはなかったけど、ナムコ党としては特典のCDは気になっていたのでありがたい。名譜の予感。

ゲームサウンドに酔う夜ですわ。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【01:36】 ギレン閣下の演説

2005.05.25

瞳は口ほどにものを言い

すしバーさんからいただいた四季折々の花たちを観ていて再認識したことがある。

人間、誰にだって異性に好みの傾向ってあると思う。
性格だったり顔立ちだったり、その条件は人様々だろうけど、好みの幅がパーツ単位でピンポイントで限定されればされるほど、選択した嗜好はフェティッシュって言葉で表される。
私の場合、フェチでいくと好物のパーツはうなじと髪とわき(ももさんによると「わき(毛)フェチ検定3級」とのことらしい)、あと、匂いなのだが、大きなパーツをすっかり失念していた。

目ですよ、目。瞳。

正確には「色素の薄い、底まで覗き込めそうな瞳」ですわ。
何ていうかな、女性と向かい合って話してる時にふと我に返り、改めて目が合ったとするでしょ。
女性は私に話を聞きながらうんうんと肯いてる。
で、一瞬言葉に詰まった私の次の言葉を促すように真剣な表情でじーーーっと私を見詰める訳ですよ。
その時の目がね、色素の薄い、瞳の深淵まで覗けてしまいそうな眼だったら、私、もう、撃沈ですわ。

四季折々の花を生けた、白い石の花瓶観てて思い付いただけなんですけどね。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【02:42】 ギレン閣下の演説

2005.05.24

日本中の電力を一点集中して考えてみよう

ASUKA-BOX.jpg

genさんの上上下下左右左右bAパターン飛脚!佐川です!にTB。

到着するにはしたけど・・・。
コレ、どうしよう? こういうのって申し込むまではネタになったり、楽しんだり出来るんだけど、なまじ振り込んでから時間が経過し過ぎてて正直、どうしたものか。
・・・アスカだし。

コマンド?

1.売り払う。
2.箱のまま飾っておく。
3.開封して遊び倒す。
4.首をすげ替えてリツコさんのプラグスーツ姿に改造。
5.このままクローゼットに仕舞う。

うーん、どうしよう。
重ねて書くけど、アスカだしなぁ。

記事URL | ガラクタ雑文 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【23:50】 ギレン閣下の演説

2005.05.23

おこしいただいた皆様に、告知

当、『少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト(後期生産型)』におこしいただきありがとうございます。

当ブログがデータベースとしているFC2。
同社ブログサービスで稼動中の複数基あるサーバの中で、どういうわけか第二サーバのみが高負荷による著しい機能低下を引き起こしているため、現在第二サーバに籍を置く当ブログは必然的に高負荷が常にかかっている状態にあります。

アクセスが困難で表示されない、またはコメントが反映されない等の現象が日常茶飯事となっておりますが、管理人が設定上アクセスを拒否したり書き込みを受け付けなくしているわけではありません。一部拒否しているのは悪質なスパムのみです。

厚かましいお願いですが、コメントの投稿投稿の際はかなりの高確率でサーバに弾かれてしまいますので、念のためコピーをよろしくお願いします。


つーか、

いつまで待たせるFC2!

新規サーバの観艦式、ソロモン強襲するぞ?

何なら月にコロニー落としちゃおうか?

記事URL | FC2軍人の心意気 | トラックバック(1) | コメント(21) | 【17:08】 ギレン閣下の演説

2005.05.23

刻の涙の前にファンの涙をどうするよ、ママン

公開まで残り一週間を切った。我慢していたけど、やっぱもう、無理。
叫ばせてくれ。

劇場版『機動戦士Zガンダム』、続編は十月とのこと。それはいい。それはいいが・・・、

やっぱりフォウの声は変わるのか!?

答えてくれ、カントク! ガンダム歩きはもうメディアでやらなくていいから、フォウの声が島津さんかどうかを答えてくれ!!

記事URL | ガンダムネタ・オスカ&マーカーの報告 | トラックバック(0) | コメント(10) | 【00:34】 ギレン閣下の演説

2005.05.23

ビイグアーッ!! アストロテニス

一週間我慢していたけど、やっぱもう、無理。
叫ばせてくれ。

『テニスの王子様』、前々から『キャプテン翼』を抜いたとは思っていたけど。

『アストロ球団』を目指す気か!!

あー、スッとした。

男なら~~~♪

男なら~~~♪

男ならこそ~~~っ♪

死ぬ気でかけた~~~っ♪

テニスひとすじ青学戦士~~~♪

度胸一発ぶっかませ~~~♪

男ならやってみな~~~♪

超人ガッツでやってみな~~~♪

男なら~~~♪

男なら~~~♪

タマとラケットは男のあかし~~~♪

どんとや~~~らにゃ♪

男がすたる~~~♪

全国制覇のその日まで♪

男ならやってみな~~~♪


最終回には死人累々、みんなで星を背景にテニスしてるんやわ、きっと。

記事URL | マンガ雑文 | トラックバック(1) | コメント(2) | 【00:28】 ギレン閣下の演説

2005.05.22

ガンダムSEED DESTINY、第三十一話を観た

時間差リアルタイムで当日に観た『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE31。
後番組『BLOOD+』が発表され、十月スタートも確定的となったのでどうやら打ち切りはないらしいが、どう割り引いても後番組の方が面白そうな気配炸裂気味。
私としてはすでにこの迷走した大風呂敷をどうやって畳むのかのみが生温い興味の対象となりつつあるこのシリーズ、劇場版Zの公開に時期を合わせたものなのかPHASE31~33は物語の転換点であり山場となるであろうコラボレーション展開が用意されていると予想されるので、壮絶なバンダイの思惑も見え隠れするような気がしてならない。
まぁ、バンダイの思惑がなければ今のガンダムの興隆なんて微塵もなかったんだが。
ダイジェストをさっさと飛ばして本編をば。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(12) | コメント(6) | 【03:35】 ギレン閣下の演説

2005.05.21

ガンダムSEED DESTINY、第三十話を観た

エントリーを上げずに放置されていた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE30。
タイムリーさに欠けるので今更どうのこうのとツッ込んでもという気もするのだが。というか、第三十一話を観てしまってからだとそのツッコミ所も霞んでしまうのだが。
とりあえず、シンが絡むと疲れる。異様に疲れる。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(3) | コメント(0) | 【20:56】 ギレン閣下の演説

2005.05.20

臭くならない命の水

NALGENE.jpg

熱がある時は水分補給。鉄則なのかどうかは知らないけど、脱水症状に陥るのは嫌なのでいつもより余計に飲むことを心がけている。
風邪引いてる時とか炎天下での運動時にスポーツドリンクを飲むといいってのは汗として排出されてしまうカリウムだかなんだかを体内に吸収するためで、それが足りなくなると人間の血液はドロドロになってしまう・・・んだったか? ってニュースで去年の夏に観た気がするなぁ。
でも、私の周囲にいる健康オタクによると市販されているスポーツドリンクは濃度が濃くて、アスリート達はそれを何倍にも薄めて量を摂取するように砕身しているのだそうだ。市販のまま飲んでると肥満の原因になってしまうらしい。
そういう風に聞かされるとそのままグビグビ飲む訳にもいかず、冬にインフルエンザに倒れた時以来、ドリンク500mlに対してアルカリイオン水500mlで割って飲むことにした。

写真のナルゲンボトルはアウトドアで愛用している品。ロゴも現行品とは違う、古くからの相棒。
元々研究器材として開発されたボトルだけに常温・常圧の環境下では液漏れすることはない「完全液漏れ防止システム」をほぼ全てのラインナップに採用し、さらに内容物に変な匂いや味が付くことを極力排した素材であるレキサン・ポリカーボネート製。このプラスティックは耐久性抜群、潰れたり壊れたりすることもほぼ気にしないで済む。耐熱温度130度、耐冷温度マイナス130度のタフさ。

中でもこの1リットルボトルは多くのキャンパーやアウトドアマンに愛され続けている品で、広口だから氷も入れられるし、<液漏れしない=機密性の高さ>を逆手にとって粉状の食材やマッチなんかをしまっておいたりも急な雨やザックの落水に対応できて便利。もっと手軽な利用法として、夏に麦茶なんかを冷蔵庫で冷やしておくのにも最適。
スキーをする人は綺麗な雪をここに放り込んで、ウィスキーやラムを注ぎ込んで飲んだりもするんだそうだ。

風邪でまた世話になったよ、相棒。
今度はまた、外で頼むわ。

記事URL | knockin' on outdoor! | トラックバック(0) | コメント(8) | 【23:59】 ギレン閣下の演説

2005.05.19

四季ノ唄

DVD.jpg

すすきのの青い巨星・すしバーさんのご厚意で北海道・道東の四季の花が収められたDVDが到着。
体調が悔やまれるところ。
めくるめく杏、桜、蘭の風景をスケッチできないのが非常に残念だが、さわりだけ観てみた。

素晴らしい。

でも、一番嬉しかったのはすしバーさん直筆の手紙が同封されていたこと。
最近はメールばかりなので手紙を書いたり送ったりということ、殆どしなくなっちゃったけど、手書きの文字は、いいね。
温かい。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【19:15】 ギレン閣下の演説

2005.05.19

白い悪魔

夏も間近と思えるこの時期。朝夕は冷えるにせよ、まさか毛布に包まることになろうとは。
明け方猛烈な寒さに震えて目が醒めたので熱を測ってみると、・・・昨日より上がってるやん。
450Gの重力下でトレーニングを積んだべジータじゃないんやから、身体動かんっちゅうねん。
取り敢えずとんぷく薬を飲んで、仕方なく病院に。
どうやら通常の風邪ではなく、扁桃腺の炎症から来る発熱らしい。元々扁桃腺が異常に大きい私は小さな頃から発熱の度に切除手術を促されてきたんやけど、結局そのままにして今日に至るからそりゃ風邪でも引けば結構熱は出るけどな。逆パターンの喉から発熱は随分とまた久しぶりだ。ま、他人に移す心配がない分気は楽やけど。

帰宅後、うがい薬で消毒を試みて洗面所に。
ふと気になって自分の喉を覗き込んでみた。お医者さんが『ウワッ!』ゆーてたからな。どんなんなってるんやろか。

・・・。あかんやん。

_/ ̄|○

膿んでるよ。真っ白に燃え尽きてるよ。

白く膿んで、しかも膿がイイダコの卵のように扁桃腺表面に産み付けられてるんですけど。
試しにデジカメで写真を撮ってみるも、あまりにグロいのでアップするのは自粛。

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(0) | コメント(7) | 【19:06】 ギレン閣下の演説

2005.05.18

どんどん気が膨らんでいく・・・!

394.jpg

昨日、エントリーを書いてる途中で就寝したので、続きをアップ。
玄関に出向いた時に視界がグニャリと歪んだのでそのまま欠勤連絡を入れて横になってたんだけど。

???

何コレ?

寝ようっと。

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(0) | コメント(10) | 【19:09】 ギレン閣下の演説

2005.05.18

THE SUN IS MY ENEMY

あー、もう歳だしお日様を直接浴びるとお肌にシミが出来たり皮膚ガンになる確率が上がったり目尻や眉間のシワが頑固にこびりついてお外に出られないお顔になってしまうわ! いや~ね~。


という危機感に切実に苛まれてるわけではないのだけど、やはり外で遊ぶなら日焼け止めくらいはしておいた方が無難。
低山登山なら街中で歩いてるよりも確実にオゾン層の破壊された空に近付いているわけだし、釣りだと直射日光もさることながら、水面の照り返しはかなり協力なものだ。
ANESSA.jpg

でまあ、登場するのがなんの捻りもないけど日焼け止めクリーム。
素肌でいるより紫外線をカットする割合を表すSPE(この数値が例えば50だとすれば、単純に素肌に比べてUVカット率は50倍ということ)はここ数年、上昇の一途を辿っていたけど、実際には50くらいあればその日一日を乗り切ることが出来るらしい。というか、汗かいたりしたら何度も塗りなおすしな。
写真のアネッサはアウトドアに出撃する際に使用。個人的には効果が高いと考えている。ちなみに金のアネッサを使わないのは、一応専用のクレンジングで洗い落とさないといけないから。そこまで神経質になることもなかろう、と。もう一本はどんなでもいいけど、日常で使用する分。値段と相談、大体400円くらいが目安。肌に合うものを選ぶ感じ。被れると嫌だし。

あと、季節を問わずザックに放り込んであるのがコレ。
POKAPOKA.jpg

雨なんかが降るとて低体温症に陥る危険性があるし、気休めでも温感クリームを塗ってビバークフィルムに包まると、釣り程度の状況なら凍えることはない。アレルギーを抱える身としてはいついかなる時も鼻の洗浄液は常備しておきたい。

とまあ、荷物はなんやかんやと増えてしまうことを実感するおっさんであった。
子供の頃にはTHE SUN IS MY FRIENDだったからね。

記事URL | knockin' on outdoor! | トラックバック(0) | コメント(2) | 【17:52】 ギレン閣下の演説

2005.05.18

これから出勤・・・なんだけど

何となく身体が嫌な火照り方をしてるような・・・。
いや、エロエロな方ではなくて、なんてーかな。体内の熱を放散できずにやむなく蓄積してます感でいっぱい。
ついでにいうと身体が重い。喉が痛いのは気のせいにしておく。

・・・MSのパイロットだと間違いなく撃墜フラグが立つような展開チック。
私はバニング大尉と共にあるのか!?

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(0) | コメント(3) | 【12:23】 ギレン閣下の演説

2005.05.17

太陽は僕の敵

SERIO.jpg

釣りをしたり、あとスキーやスノボーをする方には身近に感じられるアイテムの一つに偏光グラスがある。
水面や雪面の照り返しを緩和し、紫外線をシャットダウンする役目は、ある意味で高価な道具を揃えるよりもむしろ早期に買い求めた方がいい重要な小道具だと思う。釣りの場合はさらに物理的な目の保護も兼ねし。根ガカリとかしたら勢いよく外れた針やルアーが飛んでくることも多々あるし。

写真のサングラスはフレームを購入後、レンズを入れ替えて製作したオーダーメイド。
フレームはスポーツサングラスの大手であるジール・オプティクスの軽量・高剛性のモデル。アルミニウムとマグネシウムの合金で、いい感じ。チタンが欲しかったけど高くて断念。レンズはルアーフィッシングでは有名な『メガネの平川』製のレンズ。釣り専用を謳うだけに水中の様子はよく見える。
現在、世界基準で最高峰の誉れ高い偏光レンズは日本製。タレックス光学工業株式会社の技術と効果は世界に名高い。
大阪の下町が世界に誇るってところが気分いい。関西人の心意気だ。
実は普段使いの乱視・近視用、もう一本偏光グラス、そして何よりタレックスのOA操作時用レンズも欲しいんやけど、メガネって高いからなぁ。

記事URL | knockin' on outdoor! | トラックバック(0) | コメント(11) | 【00:10】 ギレン閣下の演説

2005.05.16

宮里藍のインタビュー

ぼけーっとスポーツニュースで宮里藍のインタビュー観てたんですわ。
ヴァーナル・レディース最終日の様子。今季国内ツアー初優勝、通算ではアマチュア時代の一度を含めて七度目の優勝を飾った。
・・・のだそうだ。
私はゴルフを嗜まないので戦績自体にはさほど興味はない。それよりもむしろ耳に残ったのは・・・。

宮里藍のインタビュー口調って・・・。

・・・田村亮子に似てない?

子供の声援が力になったというコメント具合もまた似てるような。国民の「いい人印象度」をグングン上昇させる要素炸裂。
眩し過ぎるわ。

記事URL | TV雑文 | トラックバック(3) | コメント(6) | 【00:07】 ギレン閣下の演説

2005.05.15

シャアというわかもの

すみません、めちゃくちゃウケました。
ニュータイプのなりそこないとナルシストの化身に蔑まれたオトコが、人の恋人を強奪する略奪者である最高のコーディネーターに勝利するとは。
感慨深いです。
http://l-c.hp.infoseek.co.jp/mirror/050606.jpg

記事URL | ガンダムネタ・オスカ&マーカーの報告 | トラックバック(0) | コメント(10) | 【23:41】 ギレン閣下の演説

2005.05.15

インド人もびっくり・・・するほどうまいか?

curry.jpg

最近、料理ネタが多いなぁとか思いつつアップ。
いつもどうでもいいエントリーばかり書いている当ブログ、料理ネタってどうなんだろう? 不評じゃなかろうか? まぁ、いいや。

シフトの加減で急遽明日の日曜が休みになったので、アウトドア派のおっさんとしては当然ながら外に出撃する運びと相成った。
問題なのはおとん。
おかんは明日、旧友と難波で遊ぶ約束があるらしく、朝から出かけることがかなり前から決まっていたので、当然ながら昼食は私が作っておとんに賄わねばならないこともまた必然だったのだが。
私が出かけたらおとん、おまんま食い上げ。
ちなみにおとんは貧乏人のボンボン育ち、しかもオトコが厨房に立つなんて・・・云々という環境で育ったので台所ではなーんもできない(さすがに今では偏見はなくなったけど)。
だから唯一のスキルである『レンジでチン』を活かすにはカレーくらいしか選択肢がなかった。ご飯も盛っておかねばならないところが悲しい。こうでもしないと茶碗でご飯をチンして、皿でルーをチンして、合わせて食べようとするからな。

洗い物が一つ増えるっちゅうねん!

curry2.jpg

オーソドックスにおいもさんとタマネギ、人参、あと野菜食わさないといけないから茄子。チキンでお腹周りにも考慮しておこう。ルーから作るには時間なかったから、固形のルーを何種類か合わせて香辛料で味を調え、とろみを付けるのと野菜の甘味を付けるためにカボチャを入れて煮込む。
寝かせておけばコクも出るからちょうどいいだろう。

どうでもいいけど私自身は年に一度か二度くらいしかカレーライスを食わない。

嫌いだから。

すまん、キレンジャーにはなれん。

カレーパンとカレーうどんは食うけどな。

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【02:14】 ギレン閣下の演説

2005.05.13

ただ今、観察ちう

帰宅のため電車に乗ったところ。
座席に寝そべってる高校生二人組におっちゃん紳士が注意して『最近の若いもんは!』ってまくし立ててる。まあ、膝立ててパンツ丸見えの女の子に、それを膝枕して頭撫でてる線の細い男の子もどうかとは思う。
でもな、おっちゃん。
あんたが見て見ぬ振りしてる反対側斜め後ろの座席。明らかに泥酔して横になり、高鼾をかきながら座席を独り占めして熟睡してる〈オジキ〉タイプの自由業人に注意するのが先だろ。寝ゲロ吐いて、しかも靴脱げてて臭いよ。
少なくとも連れの女性にイイとこ見せたいなら、ね。

記事URL | moblog | トラックバック(1) | コメント(6) | 【22:28】 ギレン閣下の演説

2005.05.13

クールなスパイでぶっとばせ!

最近、GWの疲れ(ちなみに遊んで疲れたのではないところが悲しい)も取れぬままに肉体的にキツい勤務が連続。加えておかんの見栄に付き合わされたおかげで寝不足気味だったので、公休日に寝溜めを敢行。
結構寝たので頭はスッキリしたものの、どうも身体がスッキリしない。これはきっと甘いものが不足したせいだという結論に達した。

夜ご飯のあとで戸棚を物色すると、小豆の缶詰と寒天を発見。手っ取り早く煮て混ぜ合わせ、塩で味を調整して水ようかんを作ってみた。
・・・のだけど、冷やしておいてそのまままた寝てしまったので、お風呂上りに味見を。
早速冷蔵庫の中に放り込んだタッパを開けると・・・。
MIZU-YOUKAN-DAI.jpg

!!

・・・先に食われてるし・・・。

ウチにはスパイでもいるのか?
はぁ。
気を取り直して取り分けてみた。
MIZU-YOUKAN.jpg

冷たくて、控えめな甘さが心地よい。うむ、手抜きで作った割にはなかなかの出来だ。
ま、夜中だし少しだけな。あまり食べると腹に来る。二重の意味で(爆)。
では、おやすみなさい。

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【02:45】 ギレン閣下の演説

2005.05.13

赤鼻の願い、結実

ついに!
1/100MGでアッガイが今夏、発売!!?

欲しいぜ!!!

七機くらい買ってジャブロー侵入部隊を編成してたな、私。さして出来もよくないキットで、手の伸縮機能を再現するために同じく1/144ズゴックの太腿を腕に移植して、あと足をがに股に角度付け直すのがデフォルトの小田式改造プランだった。
懐かしー。

ガンプラブームの頃、私の周囲で一番人気が集中してたキットが1/144アッガイとGアーマー、それにMSVでは06Rとジュアッグだったなー。
ともかく、アッガイが立体化するとなると赤鼻も浮かばれよう。これでTV版のMSNシリーズはほぼ出揃ったね。個人的にはズゴックEとハイゴッグは必ずリリースしていただきたい。
しかし、だ。
その前にまず。

ボラスキニフ曹長の宿願を果たしてくれ!!

キャリフォルニアベースの工廠と同じくらい生産力に富むバンダイなら可能だろう?
・・・と褒め殺しておこう(爆)。

記事URL | ガンダムネタ・オスカ&マーカーの報告 | トラックバック(2) | コメント(8) | 【01:48】 ギレン閣下の演説

2005.05.12

ナイスタイミング伝承

SAGA.jpg

タイムングいいとこんなにもあっさりといくもんなんだなぁと痛感。
ミンストレルソングの特典CDを借りることが出来た。やっぱり名譜。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【20:55】 ギレン閣下の演説

2005.05.12

生仮面ライダー響鬼

rider.jpg

GWに出張されていた仮面ライダー響鬼さんとその仲間(誰?)。
正直、平成ライダーはどれも未見・もしくは再放送をぼんやりと飛び飛びで観るくらいしかしてないので、誰なのかよく分からない。けれど、この紫の人は太鼓の鉢持っててデザイン的にフンドシ履いてたから、きっと響鬼さんだと思う。もう一人が敬語で『響鬼さん!』と爽やかに呼んでたし。で、もう一人は誰?

ステージ上でアクションを見せてくれる展開は今も昔も変わらないね。
私の頃はショッカーか、ゴレンジャーの黒十字軍戦闘員だったなぁ。ボスっぽい怪人の指示で派手に舞台を暴れまわり、観客の子供をニ、三人小脇に抱えて拉致するんよね。
本気で泣き叫ぶ子供たち。
で、怪人が高笑いして正義の味方を挑発する。そこにMCのおねいさんが舞台袖からやってきて、子供たちに正義の味方を呼ぶようにアナウンスするんよ。
今回は響鬼だったから、

おねいさん『みんなー! 大きな声で響鬼を呼ぼう!!』
うんうん、今も昔も変わらないねぇ。

おねいさん『大きいお友達も一緒にね!!』

大きいお友達・・・。

_| ̄|○

私か・・・。


おねいさん『せーの・・・』

子供たち『響鬼ーーーーー!!!』

となるのだ(もちろん小声で呼んだとも、ああ、呼んださ。私もな)。
アクションが結構激しかったので弁慶みたいな怪人と、エビボクサーみたいな怪人は上手く撮れなかった。
rider04.jpg

これは戦いの後の挨拶をしてる時の写真。声援ありがとう! の仕草がキザで妙にカッコよくて印象的だった。
そのあとは握手会。
rider02.jpg

rider03.jpg

小さな子供相手にしゃがんだり、抱き上げたり、頭撫でたりと好印象なライダーだった。

もちろん、MCのおねいさんが『大きなお友達は握手を我慢してね♪』と釘を刺していたのは内緒。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(1) | コメント(6) | 【02:46】 ギレン閣下の演説

2005.05.11

同じか・・・。

STELLA.jpg

各地で結構アップされているネタだったので、自分の目で確かめてきました。
ステラ=フォウ確定説。死亡フラグ確定、そしてステラの死亡が確定したとの説です。
アニメージュその他に掲載されていたあらすじによると、

衰弱したステラをレイの助けを得てシンが艦の外に連れ出す。→その後銃殺もかくや、という重罪を犯したにもかかわらず二人には営倉入りの軽い刑に処される。→ステラ、デストロイに搭乗。→シンとステラ、戦場で再会。→そこにフリーダム登場!

という流れになるようですわ。以下、アニメージュより。

第三十二話『ステラ』
デストロイは都市を破壊しながら侵略し、今はベルリンへと入っていた。その圧倒的な破壊力にジブリールは満足する。そしてそこにフリーダムがやってくる。

デストロイを食い止めるためにミネルバ急行、そこにフリーダム登場となるようだ。

第三十三話『示される世界』
ステラの亡骸をこれ以上弄ばれたくないという思いから、シンはひとりでそれを湖に沈める。ステラを守ってあげられなかったという自責の念を抱え・・・・・・。

・・・。

亡骸、ですか。

湖に沈めるってのがどうもFFVIIのイメージしかないんやけど、死亡確定のようだ。

あらすじで重要キャラの死亡を明確にするのもどうかと思うが、ここまであからさまにステラを切り捨てる展開はもっとどうかと思う。きっと4クール目のOPでは画面の左から右にかけてゆくステラが最後に流れるんだ。そして亡骸を抱えたシンはアスランに『俺はもう、アンタのことを隊長とは呼びませんよ』とか言うに違いない。
ここから推察されるポイントは、果たして誰がステラを手にかけるかということ。これは大きく三つに分かれると考えられる。

i)キラが殺害パターン。
デストロイを食い止めようと現れたキラ・フリーダムが種割れ前回でも勝てず、徐々に押されるんですわ。で、フリーダムが半壊した状況で勢い余って(もしくはノーキルの手加減できずに)ステラを殺害。以降、キラはシンの仇になる。
ii)変型キラが殺害パターン。
上記のやり取りの中、フリーダムを目の敵にしているシンが種割れ、フリーダムに迫る。互角に戦い両者ボロボロに損傷するも、フリーダムが半壊した状況で勢い余って(もしくはノーキルの手加減できずに)シンを殺害。・・・を庇ってデストロイ撃破される。
iii)それ以外が殺害パターン。
シンの説得に応じて次第に正気を取り戻すステラ。そこに味方機が乱入、インパルスを排除しようと攻撃を開始。説得の隙を突かれた無防備なシンを庇ってデストロイ撃破される。

どうも最後のパターンが一番無難な展開かと。ついでにステラを手にかけるのがネオで、慟哭するシンに迫られて記憶を取り戻す、辺りだろうか。または『アウルの仇ぃー!!』とオークレーが割って入って死亡、新たな強化人間たちが登場する布石となる可能性もある。
でも。
シナリオライターのエゲつなさと節操のなさから考えるとキラが殺害するパターンが可能性高いな。すでに三期OPで『主役はキラだよん』と明言してるようなもんだし。デストロイが実はもう一機あったとか、武器をゴテゴテくっつけてMK-IIになるとかってパターンならクローンのステラツーが出てくる事態も考えられる。
もっとも、個人的にはこのシリーズ、TV放送された歴代ガンダムの中で初めての、

主役(正確には元・主役)が死亡する作品

になるのではなかろうかと予想する。
ステラを失ったシンがミネルバのエースになり、デスティニーガンダムを黒議長から受領。以降、デスティニーこそが真のラスボスであるという展開はないだろうか?
何せ真っ先に公式HPで公開していたスーパーフリーダムガンダムやナイトジャスティスガンダムって名前を改竄して、挙句「一部媒体で違う名称で流出してしもたけど、ほんまはこっちやで~」と臆面もなくやってのけるからな。
名前改める前にまずは手前の態度を改めろよ。
何するか分かったもんじゃない。改められたストライクフリーダムガンダムとかインフィニットジャスティスガンダムって名前からしてセンスを疑うわけだが、ストーリーも迷走を繰り返してるねぇ。

どうもステラを殺す意義が見えん。
シンにキラを恨ませる、そして大破するであろう(多分)フリーダムがストライクフリーダムに改装なりバトンタッチするなりのイベントにしか思えない。

なんとなくだけど、最終回な。

撃沈したミネルバクルーが半透明の素っ裸で

宇宙を乱舞するシーン・・・、

で終了しそうな気が激しくする。

もちろんシンはアフロな。

記事URL | ガンダムネタ・オスカ&マーカーの報告 | トラックバック(1) | コメント(7) | 【02:13】 ギレン閣下の演説

2005.05.11

ガンダムSEED DESTINY、第二十九話を観た

ようやくチェックできた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE29。
ま、必要性が未だほんのかけらも理解できない総集編なので感想らしい感想も特になく。
差し当たり議長が黒いことだけは確定らしい。
遺伝子工学のエキスパートらしい設定なのでクルーゼの先天的な病の治療・延命に力を貸していたらしいこと、そしてクルーゼの破滅的な思考を重々承知していたらしいことが暗示されていた。
キラは親友の敵となるわけですな。
アデニン、グアニン、シトシン、チミン、塩基配列=人の設計図=人類の愚かしい歴史→繰り返されるってとこですかな。

それよりも普通に、若かりし頃にタリアと付き合ってたことも驚きだが、別れたあとも軍艦内で艦長でもある女性を抱く神経はやはり理解できん。

なんだかよく分からん、そしてやはり意味の見出せない回でしたわ。中途半端に総集編にするならいっそ、全部議長の回想と独白にすりゃいいのに。

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(1) | コメント(4) | 【01:34】 ギレン閣下の演説

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。