--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.06.30

仏恥義理ライダー

現在約43時間。
『Heavens Feel』九日目終了。
へヴィです。でも、個人的には『Unlimited Blade Works』の方が重いかなぁ。
以下、私の叫び声。
でもネタバレするから注意。
というか、コメントいただくときは未プレイの領域に関するネタバレなしで願い申す。
【カタパルト接続】
スポンサーサイト

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【23:25】 ギレン閣下の演説

2005.06.30

ごく最近のブログライフ

巡回とコメント、更新が満足に出来ない状況に陥りながらも最近のブログライフについて書いてみる。

・重い重いと言いながらも訪れてくださる皆さんに感謝。
・びといんさんに百式をロールアウトしてもらう。贅沢なことに専用機。
・すしバーさんに道東・四季の花の動画をいただく。
・みんなに心配をして貰って嬉しくなって震えた。
・てりこさん、すぬお。さん夫妻から、そしてマンガーさんから激励を受ける。
・すしバーさんとリアルタイムのメール送受信でロマサガについて情報交換する。
・genさんのプレゼント企画に当選、『Fate』に死ぬほど鷲掴みにされる(いや、現在進行形で「されている」)。
・強襲された製造工場を心配してびといんさんがメールをくださる。
・びといんさんから貴重なガンダム資料をいただく。これについては後日アップ予定。
・あるてぃさんの企画に参加させて頂くためにメール送信。
・R・Hさんのとこの80000キリ番を幸運にも踏む。
そして。
今週末。
ブログを運営して、というより人生初のオフ会に参加予定。

人生初・・・。
初体験・・・。


甘美な言葉だぜぇええぇ・・・。

記事URL | Blog Life | トラックバック(1) | コメント(11) | 【23:09】 ギレン閣下の演説

2005.06.30

ゲームな音楽で眠る夜・サウンド編

ゲームというメディアに使用される音楽が市民権を得たのが一体いつのことだったか、思い起こせばもう随分と昔のことになる。
BGMなんてなくて当たり前、単純な効果音さえプレイヤーが感動した時代が確かに存在したのだ。

そんな遠い遠い昔。
世界初のゲームミュージックアルバムとして世に登場したのが『NAMCO VIDEO GAME MUSIC』だった。
ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック
ゲーム・ミュージック
サイトロン・デジタルコンテンツ (2001/03/23)
売り上げランキング: 3,787
おすすめ度の平均: 4.75
5 感無量
5 ハマル~
5 もう最高!!

まだCDなんてドーナツに似てるとさえ認知されていなかった時代、LPでの発売だった。
薄暗い店内、懐かしいタバコの煙、それにインスタントラーメンの自動販売機と匂い。テーブルに硬貨を積み上げてせっせと足繁く通ったゲーセンで楽しむ娯楽であったアーケードゲームのBGMを発売するという狂気の沙汰はしかし、その後の1ジャンルを確実に築く礎となった。
ゼビウス、マッピー、リブルラブル、ニューラリーX。キラ星のようなタイトル達。自宅でプレイを夢想できるだけで幸福だった。
絶対いたはずだ、私の他にも。あのキンキン音を再現したいがためにこのアルバムを聴いた後でバキュラにソルバルウでひたすら挑んだ猛者が。
以降、ナムコはゲームミュージック文化の中核となるメーカーであり続けた。

それに追随したのがセガ。
ハードにおける没落の貴族はしかし、音楽において類稀なる才能を持ち合わせ、なおかつ音楽に惜しみない投資を行う先見の明さえ備えていた。惜しむらくはその1/100でいいからハードの販売方法と戦略にも先見の明があればよかったのだが・・・。
体感ゲームと呼ばれる大型筐体を用いたアーケードゲームを花形に、セガのサウンドはゲーマーを虜にした。
セガコン ~THE BEST OF SEGA GAME MUSIC~ VOL.1
ゲーム・ミュージック
アニプレックス (2001/10/24)
売り上げランキング: 17,502
おすすめ度の平均: 4
4 思い出を聞く
4 ゲームミュージックの宝箱

伝説的な『アウトラン』の『MAGICAL SOUND SHOWER』『SPLASH WAVE』『PASSING BREEZE』、タムタムが飛び切りイカす『スペースハリアー』の『MAIN THEME-SPACE HARRIER-』、一般筐体では『ファンタジーゾーン』の『OPA-OPA!』や『DREAMING TOMMROW』がゲーセンには溢れていた。

タイトーも追い上げた。
ZUNTATAを結成、セガに比肩し得るサウンドを量産する。
ニンジャウォーリアーズ・コンプリート・アルバム
ゲーム:ニンジャウォリアーズ
キャニオンレコード (1993/03/19)
おすすめ度の平均: 4
4 ダディマルク

ここに至って『ニンジャウォリアーズ』の名曲『DUDDY MULK』が降臨する。

こうした流れはPCゲームにも影響を与え、PCゲームの黎明期最後を飾る大作叙事詩を彩る素晴らしい名作群を生み出す。
ソーサリアン フォーエバーI
ゲームミュージック
キングレコード (1996/06/21)
おすすめ度の平均: 4
4 ソーサリアン、フォーエバー。

ソーサリアン フォーエヴァーII
ゲームミュージック
キングレコード (1996/07/24)
おすすめ度の平均: 4
4 ソーサリアン、フォーエバー…

オリジナル音源だけでなく、この頃になるとゲームサウンドがアレンジされて電子音楽ではなく実際に楽器で演奏されることも当たり前になってきていた。そうした意味ではこの『ソーサリアン』が果たした功績は極めて大きい。スーパーアレンジヴァージョンを一度耳にすればその音色に驚愕することだろう。


懐かしいなぁ。
小学生から高校生だった頃までの思い出がギッシリのタイトルばかりですわ。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【02:20】 ギレン閣下の演説

2005.06.30

裏設定はナシの方向で

midorikuma.jpg

勤務先でポツンと残っていた緑のクマ。
よく分からんが富良野にあるクマの博物館か何かのキャラクターらしく、名をタンタンというらしい。
あまりにその所在無い表情が気になり、破格で引き取ってきた。

別に『幼馴染みにクマのぬいぐるみを貰って以来、クマグッズを収集するようになった』とか、そういう某ゲームのヒロインのような裏設定は私にはないので念のため。

しかし気になる顔してるよねぇ。
タンタンって名前じゃしっくりこないなぁ、私には。

クマ太

にしよう。うん。

記事URL | ガラクタ雑文 | トラックバック(0) | コメント(14) | 【00:22】 ギレン閣下の演説

2005.06.28

があーーーー

こんなにプレイに取り憑かれた作品は随分と久しぶり。
そんなタイトルとなった『Fate/stay night』。
現在までのところ、総プレイ時間は約34時間。
以下、私の感想。ネタバレするから注意。
というか、コメントいただくときは未プレイの領域に関するネタバレなしで願い申す。
【カタパルト接続】

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【00:13】 ギレン閣下の演説

2005.06.27

じぃ~んたぁぁぁ~い実験♪

凄まじいフレーズを内包する名曲が脳裏を掠めた。
あまりの痒みに少量、きん○んを投入。

ダメです。

痒み以前に痺れてしまいました。

敗走。
シャワーいちきます。

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(0) | コメント(8) | 【23:05】 ギレン閣下の演説

2005.06.27

パプテマス様(by水谷ボイス)に愛を込めて

暑い。
各地で真夏日を更新している空梅雨。
必然的に部屋では短パンにTシャツで徘徊してるのだが。

未曾有の危機が!!

侵入を許してしまいました。
【カタパルト接続】

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(0) | コメント(9) | 【23:00】 ギレン閣下の演説

2005.06.25

先々行でフォースの共にあらんことを

050625EPIII.jpg

今日は梅田に出ていたのでシネ・リーブル梅田で劇場版『機動戦士Zガンダム』を観ようと画策していた。
先々行で『スターウォーズ・エピソードIII』が公開されるのは知ってたけど、どうせ席が取れないと思って端から諦めてた。
ところが念のために劇場に足を運んでみると。
観れるじゃないか。
うっかり前売りを持ってこなかったので二度観ることになるけど、そんなことはどうでもいい。すでに座席の空きを示すモニタの◎を視界に認めた時点で私はライトセイバーの光に魅入られていた。

事前の情報を出来るだけカットし、極力耳を閉ざしていたので前評判すら不明。しかも先々行がこうもあっさり座れるようなら正直、いかがなものかと不安半分だったんだけど。
さすがに本公開前にネタバレはマズいのでストーリーには触れない。
唯一耳にしていたルーカスのインタビュー、そこで語られていた『今回の物語は『タイタニック』のような作品に仕上がっている』という言葉にはピンとこなかったけど、ルーカスの作品で初めてまともな人間ドラマを観た気がする。
そもそもエピソードIVが既存なのだから結末は最初から知れてるわけで、後はいかに魅せてくれるかという一点に尽きるからね。
私としては――、

シリーズ六作中、最高傑作。

とにかく観てソンなし!!


と言いたい。
特撮はね、技術の向上によって目を見張るものというよりも普遍的なものになっちゃったからともかく。

特に殺陣シーンは絶品。

ただ。
実は今日観た座席の隣の席に陣取ってたおっちゃん、それはもうダース・ヴェーダーよりも無慈悲な体臭と口臭とタバコの脂の匂いを振り撒いてたんですわ。あと、某饅頭。閉鎖空間では禁止事項の。
途中、意識を暗黒面に堕ちるかと思ったくらい。劇場が暗くなった瞬間から再び明るさを取り戻すまで、私の意識はシスの暗黒卿と対峙するよりも強力な意識で吐き気と戦っておりました。

もっかい観る。チケットあるんだし、何より・・・。

無臭で観てぇ・・・!!

記事URL | 映画雑文 | トラックバック(0) | コメント(12) | 【23:54】 ギレン閣下の演説

2005.06.24

エピソード1のラスト

TVで観てて改めて思う。
このシリーズは大好きだけど、殺陣だけ取ればエピソード1のラスト、クヮイ=ガン・ジンとオビ・ワンvsダース・モール戦が一番好き。

記事URL | 映画雑文 | トラックバック(0) | コメント(9) | 【23:30】 ギレン閣下の演説

2005.06.24

ま、またかいなライダー

これから出勤します。でも脱力感は否めません。
ちなみに睡眠不足ではなく、ちゃんと一息入れたしそれは大丈夫。
それよりも、だ。
【カタパルト接続】

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【13:27】 ギレン閣下の演説

2005.06.24

ガンダムSEED DESTINY、第三十五話を観た

録画はしてあったものの、ゲームに没頭して放置プレイと相成った『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE35をようやく観た。
率直な感想なんだけど。

物語を終わらせるつもりあるのか、この番組は!?

な展開でしたね。
主役機交代の伏線、そのためだけに用意された一週分というか何というか。
SEEDも後半・・・というか終盤になってからは面白くなったけど、今作はどうなんだろ。広げた風呂敷を畳む気をそもそも放棄してる気が激しくするのは私だけなのかなぁ。
ネタに困ってイデオンかダンバインかZ、果てはザンボット3をパクればいいや、って考えてないか、ヨメ?

ボタン二発で急停止させられる核エンジン。
まさにザフト脅威のメカニズム。
穴ぼこだらけのコクピットブロックでの脱出がイリュージョニスト・ヨメの偏愛の表れだとするなら、水圧でベコベコに圧死しないのかというツッコミはもはや効果がないものと思われる。前回みたいに何の説明もなくどこかのベッドに瞬間移動されるよりは数段マシと言わざるを得ないところがすごい。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(4) | 【02:39】 ギレン閣下の演説

2005.06.24

家庭内ゲッターサイクロン

KAMIKUZU.jpg

クールビズが職場に持ち込まれてから唯一ラクになったのは、洗濯。
汗を吸う多いことを前提に考えるとシャツ自体がそんなに長く保たないだろうし、季節が限られてるのでアイロン不要を念頭に購入。速乾・形状記憶のシャツを導入したのでとにかく手抜きができる。

そんなこんなで最近は梅雨とも思えない天候が続いていたので「いつでも乾くわ~」とタカを括ってたのが敗因だった。洗い上がったシャツの胸ポケットに違和感があったので探ってみると、中から領収書が。
先日オーダーしたサングラスのインターネット受付のもの。コンビニ決済は手数料がかからないからありがたいけど、急いでてそのままポケットに突っ込んだままにしていたようだ。
入金自体には問題ないし、オーダーも正常に受理されているので問題はないけど、こういうのって商品が手元に来るまで置いておくタチなので、なんだか激しく脱力。
やっちゃったわぁ。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【01:21】 ギレン閣下の演説

2005.06.23

震災の時に半分捨てたのに

『立ち読みのススメ』のあるてぃさんから始まったコミックバトン
前回エロバトンを受け取っていただいた『TOKA』のmokekeさんから、今回はバトンを受け取ったので、普段は見えないことにしている本棚とクローゼットを直視してみました。

[ルール]
(1)現在所有しているコミック総数。
さすがにPCの中にははいっとらんからね。
(2)現在定期的に購入してるコミック。
最後に買ったコミック、でもいいけど個人的には他の人が何集めてるかの方が気になるな。
(3)好きなマンガ適当に。
このマンガが大好きでたまらないぜってやつを。
(4)思い入れのあるマンガを適当に。
好きなマンガとかぶりそうだけども、まぁいいか。
(5)バトン渡す人。
何人でもいいんじゃないかな。

数えるのが一番大変な作業ですよ、あるてぃさん。

(1)現在所有しているコミック総数。
676冊。
多分。
数えられる限りでは多分合ってるかと。ただ、貸したままになってるのが何冊あるのかは不明。
正直なところ、もう二度と読まないであろう作品もあるので厳選すれば半分以下にはなると思います。


(2)現在定期的に購入してるコミック。
基本的にはコミック派なので、読みたい作品=購入なんですよね。途中で飽きない限り。
ですから新刊を心待ちにしている作品順で。
『無限の住人』
ネオ時代劇というジャンルが一大勢力となり得る土台を築いた作品。
まっとうな剣客モノとして読むならオススメはしないけど、とにかく面白い。現在最も先が気になる漫画。

『ベルセルク』
ベタかも知れないけど上げときます。
これはもう純粋に先が読みたい。アニマルを扱ってる本屋さんやコンビニの少なさと、あと頻繁に休載するので連載誌では追い切れないのでコミックで。

『彼氏彼女の事情』
伝説となった感さえある、すばらしく荒廃したアニメ後半のイメージ、そんなものは原作には微塵もありません。
とにかく都香母さんに惚れてしまいますた。
もうすぐ最終回ですね。LaLaで。

『そんな奴ァいねえ!!』
四コマではある意味、恐らく最強だと思います。


(3)好きなマンガ適当に。
難しいなぁ。好きでないと購読しないから、一応連載終了縛りで。
『みどりのマキバオー』
みどりのマキバオー (1)
ジャンプの掲載作品の中では、それもジャンプの王道である努力・根性・友情モノの中ではダントツに好き。
ワールドカップ編はあまり興味のない内容になっちゃったけど、ベアナックルに漢を見ずにはいられません。だからこそあの最終回の一言があるんですよ、ベアには。

『ゴージャス☆アイリン』
ゴージャス★アイリン
荒木節が最初期から脈々と継がれたものであることを証明する作品でしょう。
妙な例えや擬音はこの頃から健在ですわ。

『BANANA FISH』
Banana fish (1)
第一話を読んだ瞬間からラストは予想できてしまう、けれど読み進んでしまう作品。
ああいうラストでないと物語を終えられないのは仕方のないことだけど、やっぱり悲しかったなぁ。


『オリンポスのポロン』
オリンポスのポロン (1)
『コロコロポロン』の原作。
長年探し続けていたけど、ようやく初版で見付けることができた。と思ったら復刻したみたい。


『幕張』
幕張 1 (1)
ギャクマンガの可能性の、ある種壁を突き破った作品。・・・だと思う。


(4)思い入れのあるマンガを適当に。
私個人の嗜好の中で、生涯殿堂入りするであろう作品、かな?
『おひっこし』
おひっこし―竹易てあし漫画全集
沙村名義ではないけど、やっぱコレでしょ。
『好きな呪文はザラキ』ってだけで鷲掴みされましたわ。無意味に元気で死人もセックス描写もなく、それでいて群像マンガに仕上がってます。

『ジョジョの奇妙な冒険』
ジョジョの奇妙な冒険 (1)
コレも上げずにはいられません。
第四部以降は戦術の読み合いでしかなくなっちゃった感があります。残念。心理戦を最も綿密に描いていた第二部が漫画としては一番面白いと思うんですけどね。
一番好きなキャラはワムウ。


(5)バトン渡す人。
どうしよう?
マンガーさん、お時間のあるときにお願いできますか?


書いてみるとコレ、応用が利くんですね。
genさん、是非エロゲーバトン書いてください。

記事URL | バトン各種 | トラックバック(0) | コメント(13) | 【01:45】 ギレン閣下の演説

2005.06.22

我が剣を預けし王のために

18時間33分53秒。
激しく寝不足です。
しかし、後悔はありません。
極上の時間を過ごした満足感を胸に、我が王と共に眠りに就きますわ。

うわぁぁぁぁぁ~~ん!!!

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【04:54】 ギレン閣下の演説

2005.06.20

そりゃあもう、かっぱえびせんの如く

ヤバい。
ヤバ過ぎる、『Fate』。
すっかりハマってしまった。

何度タイガー道場に通えというのだ。もうスタンプが七個も貯まったぞ。
現在、バーサーカーを撃破した直後。
このゲーム、文章の大仰さと回りくどい比喩、そして一人称で語られるわりに客観的に何度も繰り返される主人公自身の名前は少々鼻に付くが、そんなことはどうでもいい。

スパロボがかつて夢の競演をロボットアニメ好きに具現化して見せたように、ファンタジー好きにはこれまた夢の競演である。
以下、私の感想。ネタバレするから注意。
というか、コメントいただくときは未プレイの領域に関するネタバレなしで願い申す。
【カタパルト接続】

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【23:48】 ギレン閣下の演説

2005.06.19

――ここに契約は完了した。

えー、SEEDデスティニーの録画チェックもロマサガも放り出して『Fate』やってますた。
プロローグを終えて、現在、本編でセイバーと契約を結んだ直後であります。
ネタバレするほどまだプレイしてないので、率直な第一印象という感じ。

プロローグと本編がクロスラップする手法は素直に上手し。物語に入り込めた。まだ序盤だけに、そして舞台設定がかなり特殊だけに専門用語の説明とバックボーンの解説的描写が多いのは気になったけど、基本的にはプロローグの冒頭にあるような文章がこのゲームの本来の文体らしい。
菊池秀行作品のような伝奇モノ文体から大仰な描写を若干薄めた感じかな。比喩を含めた言い回しはとても流麗な感じ。私は元々菊池ファンだからすんなり入り込んだ。嫌いな人は受け付けないかも。

あと、マスターに関してはぼんやりと、なんとなく誰が残りのマスターなのかが読める・・・様な気がする。ギミックかも知れないけど。
今のところ。

藤ねえに激しく肩入れ中。

genさんに感謝の意を込め、とりあえず数回はエンディング見るまで攻略サイトを一切覗かずプレイしてみます。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【13:47】 ギレン閣下の演説

2005.06.18

最強の刀

未だチマチマとプレイ中のロマサガ。
まだクリアできてない原因の一つが、私の選んだ主人公の固有イベントである。

名うてのプロ冒険家・グレイ。
『絶対自由』を身上とし、金や権力はもちろん、善悪にも自分の意思を揺るがせることはなく、時と場合によっては平気で人を殺めることもできるオトコ。

で、ガラハドを追い剥ぐわけですが。

かつての仲間からアイスソードかっぱらうだけならいざ知らず、それに飽き足らず、あの世に送ってしまうのですが。
それはデスに命の一部を捧げて生き返らせておいたのでよしとしておこう。

このグレイが主人公のプレイだけに用意されたイベントが『刀の声』。
リガウ島の洞窟で朽ち果てた古い刀を発見。以降、使い続け補強を繰り返すことでとんでもない切れ味を誇る妖刀に鍛え上げるというモノ。刀にはかつてリガウ島に存在した王国の刀鍛冶だか騎士だか(か?)の霊が取り憑いているらしく、一定数の敵を斬る度に補強を要求してくる。
この辺り、アヌビス神のスタンドや獣の槍っぽくてイイ感じ。
最終的にこの刀鬼を打ち倒すと鬼神刀という銘の、いかにも強そうな刀を入手、愛刀にできるという寸法。途中経過が『古刀+1』とか『古刀+5』とか表記されるのも何となくオールドゲーマーには嬉しい。ええ、あの酒場にたむろしてたクチです。
攻撃力だけを取ってみても、全武器中突出した強さを誇るのでイベントをこなす価値はある。
・・・のだが。
問題なのは戦闘を繰り返さなければいけないというところ。
このロマサガ、戦闘を行えば行うほどエンカウントする敵が強化されるだけでなく、次から次へとフリーシナリオシステムのウリである豊富なイベントが消去されていってしまう。要するに刀を入手するのはバランス上終盤になるように仕向けられているのだが、これが盲点。

つい戦闘を繰り返すのだよ。

するとそこらでエンカウントするザコがそんじょそこらのボスよりもはるかに強いレベルの個体になってしまい、しかもそれが徒党を組んでこちらをボコりにやってくるというワナ。
だもんでえらく苦労するハメになる。
しかしそれももう終わり。

鬼神刀、入手。

これでようやくステルスをアビリティに入れられるわ。
パーティの平均HPは550を超えた。
残るイベントは海底神殿とシルバーの洞窟とテオドール乱心のみ。竜騎士は仲間別れないといけないしな。悩みどころ。あと、四天王のお使いをクリアしてるので生態系も操作可能かと。

刀の力を借りて、デスとジュエルビーストに勝ちたいが・・・。

無理っぽい。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【14:10】 ギレン閣下の演説

2005.06.18

再掲・ガンダムSEED DESTINY、第三十四話を観た

PHASE33を見終えた直後。
勢いに任せて手に汗握る興奮そのままに『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE34を観る・・・、わけも当然なく、出勤を間に挟み惰性で録画チェックに雪崩込む。
主役機交代の伏線というか、まんまな展開になるだろうことは全視聴者の知るところだろうから戦闘シーンだけは期待しておこう。

板野サーカスや谷口演出を超える怪作

であることは間違いなかろうしな。
前話の演説を受けて遂に刃を交える前・現兼任超絶ヒーロー主人公と、元今作主人公=今はスーパーエースという名のヒールが対決する今回。
腹黒議長とニセモノ巨乳に騙される民衆とザフト最高評議会。そしてうろたえるユウナ。
簡単に騙される市井もどうかと思うが、ゴムボート漕いで帰ったのか? ユウナ。
どうでもいいが。
『我々の本当の敵は連合でもナチュラルでもない』って議長のセリフ、笑える。
全人類の敵はお前だ。
どうでもいいが。
『今までとは違う何かが大きく動こうとしています』ってキラのセリフ、笑える。
好き勝手動いてるのはお前だ。

ザフト全軍にアークエンジェルがUNKNOWNからENEMYとして認識されたところから開始。
これまたどうでもいいが、ザフトの作戦コードネーム、センスのかけらもなくてステキ。壊滅的な服装のセンスといい、どこをどう遺伝子操作したらこういうヤレヤレぶりになるというのだろうか。
『エンジェルダウン作戦』て。恥ずかしいやろ、おい。場末のキャバクラでももう少しマシな看板掲げてるぞ。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(0) | 【13:44】 ギレン閣下の演説

2005.06.18

エロルバトン・サーガ

すしバーさんの俺育て!虎ヘッド風味:第二部二幕から発進したエロバトン企画
エントリー自体は出勤前に読んでたんですが、ウチはあまりエロエントリー上げてないのでこないだろうと思ってた・・・ら。
帰宅してみたらsomedayさんがウチのポストにバトンを投げ込んでますた。

1)今パソコンに入っているエロいもの関係ファイルの容量
  エロ動画、エロ画像、エロゲーに関わらず、エロいと思われるもの全て含む。
2)最後に買ったエロいもの
  お金を払って購入、体験、実感、したものであれば何でも
3)今気に入っているエロいもの
  人物、モノ、行為、文章何でも
4)特別な思い入れのあるエロいもの3っつ
  例に漏れず、何でも。
5)バトンを渡す相手1~3人の名前(+ブログ等のURL)

うーん。
書いてみましょう。

1)今パソコンに入っているエロいもの関係ファイルの容量。
これはWinXPのSP2導入時にHDDがクラッシュしたため、本来バックアップ用に使ってた予備のHDDをスレイブにして丸ごとエロHDDにしてあるので容量上限は80G。でも27.7Gしか入ってません。でも半分以上XPでは起動できないデータですね。前のマシンのクリアデータとかです。
私のPC、DVD焼けないので外部保存するのが面倒ですわ。花の風景とゲームが割合でいうと2:1くらいかな。


2)最後に買ったエロいもの。
ある意味実用的な、ユンケルスーパー皇帝液II
こないだ扁桃腺腫らせた時に買ったんですが、響きがもう、ガンガン行きます! って感じで。


3)今気に入っているエロいもの。
これはもう、先日すしバーさんから陣中見舞いいただいた『道東・四季の花DVD』でしょ。イリーガルなら。
力説しますが、<天晴なほど突き抜けてエロ>な杏、<よーく考えたら淡白、でもなぜかトータル的には破壊力ナンバー1>な白い石の壷、そして<この表情はそれだけで凶器でしょ!>な蘭は大変お気に入りです。
ちなみに公共の電波でオンエアしても法に触れないものの中では『クイズ番組に出てボロボロになるMEGUMI』と『計算だかそうでないのかがよく分からん坂下千里子』が儚げで好物。


4)特別な思い入れのあるエロいもの3っつ。
フェチなパーツや女優さんは以前も上げたことあるので、別パターンで。
『Oh!透明人間』。中学生の頃流行ったなぁ。別に『いけない!ルナ先生』でも可。最近また連載してるみたいやけど、今読んでもあの頃の青臭いまでの性欲は噴出しないだろうなぁ。
『風の歌を聴け』。最近の村上春樹はちょいと敬遠気味ですけど、この作品の瑞々しさはとても新鮮でしたね。高校生の頃。
そして。極めつけは、

鳴沢唯。

やったよ、genさん! 星の屑成就だよ!!
ケーキの前で寝ないで待っててね!


5)バトンを渡す相手1~3人の名前。
これ、事前に先方に知らせないとマズくないですか?
mokekeさん、書いてくれないかな? ダメ?


書いてみたけどあんまり面白くないような気が激しくする。

記事URL | バトン各種 | トラックバック(2) | コメント(8) | 【00:33】 ギレン閣下の演説

2005.06.17

マヨネーズは普段あまり食べないけど

仕事を終えて帰宅。
夜ご飯を食べる。
冷麺だった。
皿に氷を敷いて、麺を乗せ、具を並べる。おつゆをかけて・・・。

ここでふと思ったんだけど。

私、芥子とマヨネーズかけて食べます。
大学の頃、学食でマヨネーズかけたら周りの連れに思い切りツッ込まれたことを思い出しましたわ。

マヨネーズは・・・

マイノリティーな組み合わせなのか?

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(0) | コメント(16) | 【23:29】 ギレン閣下の演説

2005.06.16

仮面ちっくな人が気になるんですけど・・・。

Fate.jpg

先日、当選した品が届いた。
大きなお友達に対する配慮に欠けていたどこぞのミクロマン改とは違い、受け取り側の心を和ませる配慮に感謝。
WAREMONO.jpg

で、早速開封。
プレゼント企画の発案者が絶賛していたノベルタイプ、実は発売前に目には止まってたんやよね。TYPE-MOOMの正式商業化後初の作品だったし(よね?)。ただ、案の定予約流れになってたんやわ。
モチベーションの低下というか。
記憶が確かなら、PCゲームは最後に買ったの、『天使のいない12月』だったかと。

ロマサガが一段落したら腰を据えてプレイします。
既に裏パッケージで気になるキャラも発見。楽しみだ。
『Fate/stay night』ありがとう、genさん。

・・・ってコレ、新品やん!!

てっきりgenさんが遊んだおさがりが送られてくるとばかり思い込んでたよ。

上上下下左右左右bA『沢山の応募ありがとうございました。』にTB。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(1) | コメント(9) | 【23:38】 ギレン閣下の演説

2005.06.15

当ブログを訪れてくださった全ての方に

先日よりのコメント欄での一連の流れを受け、該当する当方の二つのエントリーと、それに伴うコメントの全てを消去することにします。
当ブログに寄せられた意見の対象が、運営者である私であるのならばよいのですが、ご意見を伺うとどうも私を含めた不特定多数の方にシフトしつつあるようです。これ以上騒ぎを大きくして飛散させないためにも決断いたしました。水掛け論で誹謗中傷し合うのは管理人にとって本意ではありません。

ブログを運営していく上でアップした記事といただいたコメント、トラックバックは財産です。ですから削除を思いとどまっていたのですが、当方に寄せられているご意見は検索エンジンの構造上、このまま記事をアップし続けるとどんどん検索に引っかかってしまう可能性を内包しますので、削除に踏み切ります。
無用に検索に拾われなくするためお名前は繰り返しませんが、申し訳ありませんでした。
コメントやトラックバックをいただいたみなさん、ご了承お願いいたします。
また、このエントリー自体も一定の期間を置いて削除する意向です。


この度は大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。


管理人・少佐

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(14) | 【13:18】 ギレン閣下の演説

2005.06.13

ヴン・・・意外とショボくないぞ

L-saber.jpg

以前記事にした『スターウォーズ・エピソードIII』の前売り券
その際の初回分には先着50000個で光るライトセーバーの携帯ストラップが付いてた。実際には引換券が付属してて先月の中頃から引き換えが始まってたんだけど。
ようやく機会があったので引き換えてきた。
当初懸念された使い捨てのライトペン方式ではなく、意外としっかりした電池式のものだった。ベイダー卿のモデルなのだろう、ブレード部分はオレンジ色らしい。
・・・もったいない気がして開けられないんだけどね。

どうでもいいけど昔はライトサーベルって読んでた気がするんだけどなぁ。セーバーだったっけ?

記事URL | アニメ雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【22:08】 ギレン閣下の演説

2005.06.12

スポット参戦・・・か?

限りなく私信というか、業務連絡・・・なのか?
現時点で七月の第一土曜、夕刻以降はフリーであります。

関西在住の面々にお会いできるかと。
あ、でも、予定は未定なので確定ではないところが辛いのですが、まずは報告までに。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【13:12】 ギレン閣下の演説

2005.06.12

ガンダムSEED DESTINY、第三十三話を観た

体調の悪化に伴い、放置したままになっていた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE33。
うっかり二話連結で観るハメになってしまった。これを書いてる時点ではまだPHASE34は未見。とはいっても既に一週遅れているので細かい感想よりも気になったところだけいくつかピックアップ。

沈んじゃったね、ステラ。
まぁ、まんまFFVIIだったけど、イマイチ死因がはっきりしない。というか、シンがコクピットを切り裂いた際に吹っ飛んだデストロイの装甲材破片は派手にステラに突き刺さってたから、それが死因じゃないのか?

ジブリールの暴走。
これはもう、暴走というより確信犯で作画してるだろうが、まんまフリーザじゃねーか。というか、今更気付いたけどなんで紫色の口紅してるんだ、こいつは。
・・・妖しの星の男・ユダなのか?

クソ偉そうな赤服二人と情けないフェイス一人。
徹底的に生意気な態度を別にすりゃ、シンとレイが正しかろう。アスランの負け。

ダンナ。
ダンナが仮面とってそのまんまノリまで同じというところに失笑。性格を是正しろよ、連合。でないとまた裏切られるっての。
このままおさがりを頂戴するセカンドパイロットのポジションでフリーダムのパイロットになるのか?
どうせまたみんな、テロリストの親玉歌姫の下に集うのだろうし、それならアサルトシュラウドもバスターも極秘で改修しておいて登場させてくれ。

議長。
数回前の回でデストロイのデータを見ていたところから推察するに、開発協力なり技術リークなりでジブリールに接触しておいて演説をブつという手管なのか。
それはいいとして、いきなり死の商人だの軍需複合体だの言われてあっさり「はい、そうですか」とばかりに民衆は飛びつかんよ。いとも簡単に掌握できるほど民意もバカではないと思うのだが。
というかな、ここまで単純に議長が黒幕ですわ~的展開でこられると、ファンも飛びつかないのだがな、ヨメよ。

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(1) | コメント(5) | 【03:04】 ギレン閣下の演説

2005.06.11

寒い国から来たおかき・『桔梗』の豚丼風味

BUTA.jpg

豚丼。
・・・って単語、最近じゃ米国産牛肉の輸入凍結に頭を悩める牛丼チェーン店が苦肉の策で生み出した代替商品として定着している。
しかしこの豚丼、実は乱暴な言い方をすれば「牛の代わりに豚を使っただけの間に合わせ牛丼」って色合いが濃厚で、賛否両論。あまり庶民権を得ていないのかも知れない。
ところが北は北海道、十勝管内では古くから豚丼を食べる習慣が定着している。これは明治時代、元々、屯田兵として開拓の労に就いた人々が労働力として割高な牛ではなく、比較的安価な豚を栄養価が高い食事として食べ始めたのを祖とするもので、その発祥の地が十勝・帯広であるらしい。

クソ暑い京都の大学キャンバス内で出会ってから早十数年。
生まれ故郷で蕎麦屋を始めた我が友人が、十割蕎麦と同じく自慢の品としている豚丼。
柔らかい豚のロースを粗挽き胡椒に漬け込んで数日間熟成させ、その上で特製醤油ベースに浸して網で照り焼きに。この時余分な脂が落ちるのでしつこさが全くなくなるのがポイント。特筆すべきは胡椒の風味。
胡椒って付ければ付けるほど辛くなると思うでしょ?
これが違う。
肉が熟成される際に染み込んで行く旨みは豚の中で新たな味を生み、焼き上がった豚ロースはタレのアシストを得てごくあっさりとした甘味を生み出すのだ。
胡椒の風味は辛味の限界の壁を越え、甘い風味をまとわせる。
あとは青海苔を降りかけて召し上がる。アツアツご飯がまたタレを絶妙に吸い込み、絶品。ああ、また食いたいぞ。


今回、その豚丼のタレを使用した揚げおかきが発売になるとのことで、我が家に初回生産分が送られてきた。
KIKYO-NAME.jpg

うむ。
焼酎の伴にぴったりだ。
BUTA-OKAKI.jpg

正直、あのめくるめく胡椒の風味こそないけれど、これはこれで杯がごいごい進む。
友よ。私を太らせるつもりか?
ただ、残念なことにこのおかきは北海道内で限定販売とのこと。
tokachi-name.jpg

しかも初回生産分は道東の各空港、温泉ホテル等に分けられ、現在在庫は無し。道南、道央方面は次回ロットから順次発送となるそうだ。そう遠からぬ時期には店頭に並ぶとのことなので、北海道に赴いた際には是非一度肴にしてはどうだろうか。

帯広に足を運ばれた際には『桔梗』の十割蕎麦と、もちろんできたての豚丼もご賞味いただきたい。

ちなみに場所は、
帯広市西2条南12丁目JR帯広駅エスタ西館ですわ。

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(1) | コメント(4) | 【23:55】 ギレン閣下の演説

2005.06.10

クールなビズでぶっとばせ!!

今、巷で流行り(というか、流行らそうと躍起になっている)クールビズ。
まあ、涼しい格好をして働き、少しでも冷房の温度を上昇させて環境に配慮しようという姿勢は世界環境デーに合わせたこの時期、とても意義深いものだと思う。
男性の場合、シャツのネクタイを一番上まで閉めてネクタイを締めると機密性が飛躍的に高まって熱かこもり、肌の表面温度は約2℃上昇。スーツ姿の上着を羽織るとさらに2℃上昇するというデータもあるらしい。本当かどうかはさておき、確かに暑いことは事実だ。
そこで半袖シャツ、第一ボタン解放という姿で働くことに急遽、職場が決定。しかも採用即実施という時流の流れに乗った素早さで通達がなされた。
当然、支給なんて洒落た制度はない。

・・・財布も風通りよくなるんですけど。
我が職場が補給線の延びきった最前線よりも過酷かも知れんと思う瞬間であった。

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【23:29】 ギレン閣下の演説

2005.06.07

身体の要

ここ二週間、忙しかったこともあって腰痛が酷かった。
数年前に腰を傷めて以来、完治するでもなく徐々に治まっては季節の変わり目や冬場、また疲労が溜まると痛むという持病になってるのだけど、ここ二週間は仕事中の痛みもさることながら、何せ寝起きが辛い。
起きられないのだ。
寝ている間はともかくとして。目が醒めてからがまるでアニメの拷問シーンで主人公が目覚めたあとのような始末。マンガ好きの方はかの名作Mマンガ『勇午』を思い描いていただきたい。
機敏に身体が動かない。寝返りが打てない。
やっとの思いで起き上がり、立ち上がってしばらくすると痛みはなくなる。・・・という塩梅。

今日、お医者さんに行ってきた。
何だかえらく難しい症状名を告知されたけど、要するに筋肉が疲労を起こしてガチガチに硬くなり痛むのだそうだ。しかも右側が特に酷いとのこと。
ヒゲ面のお医者さん、典型的な筋肉性腰痛であることを説明した後、こう切り出してきた。
ヒゲ『腰年齢ってのがあるねん。なーんも負担かかってない人の筋肉の硬さの平均から弾き出すんやけどな』
私『はぁ』
ヒゲ『だいたいの目安やで。正確な数値とかはないから』
私『はぁ』
ヒゲ『にーちゃんはなぁ、そやな・・・』
結構ドキドキする。

ヒゲ『60歳くらいやな』

ええええええっつぁぶぁ!??

痛み止めの経口ボルタレンがきつくて気分悪い。
でももっと気分悪いのはヒゲ、お前だ!!

記事URL | 体調メルトダウン | トラックバック(0) | コメント(9) | 【00:03】 ギレン閣下の演説

2005.06.06

む、さすが神というところか

かなり終盤に近付いた感のあるロマサガ。
知っての通りこのシリーズはフリーシナリオシステムを導入しているのでプレイヤーが選択した目的地で適宜イベントをこなして物語を<創作する>ことをマクロな目的に置いたRPGだ。
主人公キャラをグレイで始めた私のプレイ。
プロの冒険家らしく、スタート地点のリガウ島で仲間と恐竜の卵をかっぱらうところから物語は始まる。
地下を捜索中、古びた刀を発見。どうやら失われた太古の王国の遺物らしい。グレイの祖先もその国の人物だったようだ。補強して打ち直し、以降グレイの愛刀となる。この刀は一定数の敵を斬る度に補強を繰り返すことでさらに切れ味を増す妖刀だった。ここで補強したいがために戦闘を無駄に繰り返し、初期イベントのほとんどをすっ飛ばす。
海を渡り、大陸に。仲間と別れ、クローディアの護衛を引き受ける。
たった二人でミイラ商人の護衛とルーイの護衛、さらにはニンフ像を返すイベントを掛け持ち。当然ながらボコボコに連敗。
仕方なく各地を廻り、ミリアムとバーバラを仲間に。それでも負けるのでクリスタルシティでシフを引き込む。ハーレム4Pパーティを組んでイベントを進行。
途中オウルがクローディアを呼ぶ。仕方ないのでイベントをこなしてから迷いの森に。
次のイベントで皇帝の奇病発生。なし崩し的にウェイブに行く。古文書とシルバーの財宝が目当てでもあるのでゲラ=ハを仲間に。情報と装備をかっぱらい身包み剥いだら即オサラバしてウソでホークを仲間に。古文書買うと高いし。
が、ここで手順を誤り、結局ゲッコ族から買い取る羽目になる。
ホークはオサラバしようと考えていたけど、声が気に入ったのでそのまま加入。1:3の4Pパーティが2:3の乱交パーティになる。どうでもいいけどグレイとホークは達者そうだ。バーバラは床上手そうだし、シフなんていくら頑張っても満足して貰えそうにない。ではクローディアは、というと真顔で『早い』とか言われてホークがへこんでそうな気もするが。
恐竜の卵売却。しかし金子が足りないので暗殺者ギルドの依頼を受ける。
懐が暖かくなったところで二つの月の神殿に。さんざん各地をたらい回しにされた挙句ようやく到着。そしたらダルいことこの上ないダンジョンだった。
皇帝の奇病をクリア。帝国秘蔵の鎧を貰う。
次にウハンジからの依頼とパブの張り紙で水竜の神殿に。ここで四天王のお使いイベント発生。
藤娘欲しさに了承。途中、ヴァンパイアのイベントを起こして聖杯だけは取っておく。
で、各地を放浪してると船に乗った途端ミイラに襲われた。これを撃破、メルビルに着いたらそのままあの歌が・・・。

オレたちゃ海賊♪

勢いだけで撃破。
お使いを進める。
当然、ハゲは殺害。平気で人を殺めることが出来るのがグレイの由縁。
しかし後味が悪いので妖精の森でドーピングしてLPを増やした後、冥府でハゲを蘇らせる。盗人呼ばわりされたがまあ、よかろう。
罪滅ぼしに鉱山をドラゴンから解放した。

で。
当然。
クイックセーブして喧嘩を売ってみた。デスに。
結論。
まだ神には勝てない。

ウコムの海底神殿と砂漠のオパール、シルバーの財宝、ヴァンパイア退治が残ってるので何とかなるだろう。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【22:30】 ギレン閣下の演説

2005.06.06

終ぉ~わぁるぅ~ことの~ないぃぃぃ♪

どうでもいいが長すぎるぞ、四天王のお使いイベント。
旅路の果てにようやく水流の神殿に戻ってきた。藤娘をゲットしたら颯爽と冥府に行ってハゲを蘇らせよう。それから妖精の盛でLPドーピングだ!!

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【13:34】 ギレン閣下の演説

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。