FC2ブログ

2005.07.31

失笑

第3次スパロボ、我慢できずにプレイ中。
リアル系男主人公(キャラ云々以前に金子デザインの機体に興味津々)、現在第九話をクリア。熟練度は当然ながら9。

何だかんだ言いながらSEEDの機体、使い勝手いいのでストライク=キラも、ゼロ=ムゥも主力なんだけどね。特に兄貴は結構気に入ってる。いいぞ、軽いノリのパイロットは大好きだ。ガンバレル飛ばしてさ、

『こういうの、オールレンジ攻撃って言うんだぜ!』

とか吐かれた日には、もう胸キュン(爆)。公式設定もそういう名称になってたか? まあ、いいけど。
いや、冗談でなくムゥはSEED中数少ない、お気に入りキャラだし。

このシリーズ、特にリアル系をプレイしたことのある人には分かると思うけど、物語中の地球圏の軍事バランスは各ガンダム世界を統合した形がベースになっている。そんなこんなでファースト以降の連邦軍とSEEDの連合軍が同一組織として統合されているのはまあ手っ取り早くて分かりやすい。
一方のプラント。
ジュピトリアンと同じ扱いなんですな。ま、そんなところか。こうしてみるとコーディネーターって設定自体がスパロボを見据えたものという気がするね。ストライクルージュなんてスパロボを意識してなければ登場意図さえよく分からない機体だと個人的には思う(もっとも、SEEDにゃそんな機体は多いし、デスティニーに至るやもう、てんこ盛だけど)。制作サイドのスタッフ間でもSEEDは扱いが微妙なのはセリフの端々に皮肉が感じられるところからも伺える。
何気にデュオが、

『ザフト脅威のメカニズムってやつさ』

って吐き捨てた時にはさすがに失笑しましたわ。
まさかこんなセリフがふとぅに出てくるとはね。ある意味やるな、バンダイ。
スポンサーサイト

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【03:40】 ギレン閣下の演説

| ホーム |