--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2006.01.31

レッドホットチリペッパー?

20060131225716
通勤に利用する、職場の最寄り駅。
人通りの少なくなったコンコースで、大音量で稼働させたラジカセの振り絞る曲に合わせて、何人かの女の子達がパラパラの練習をしている。
どうでもいいけど、この寒空にスエットは寒かろうと思うのだが、そんなことはお構いなしに踊り続ける彼女達。
その動作が大音量と共にぴたっと止んだ。
『あかん、電池切れたわ』
『コンビニ行こや、買わなあかんし』
そうか。電池切れたら鳴らないわな。
そんな会話を耳にしながら、駅のホームに向かって階段を昇る。

凛とした夜気の中、止んだ雨の恩恵か、いつもより綺麗に見える星空。
星が降るのはアラバマだけじゃないんだね、ってのは火浦功の名言やね。

何となく得した気分で階段を昇りきり、視線を水平に戻した瞬間。

いい歳こいたおっさんが、ワンカップぐびぐびやりながら駅備え付けの電源プラグで、携帯電話を充電してました!!!

いや、それって窃盗にはならんのだろうか。切符運賃に充電代って入ってないわなぁ。
仮にならないとして、おっさん、アンタのモラルはグロス幾らの量り売りなんだ・・・。

いっぺん、電線に引き込まれてみる?
スポンサーサイト

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(9) | 【22:57】 ギレン閣下の演説

2006.01.30

ゴールド・エクスペリメント

彼女の名は、環(むろん仮称)。
小学四年生の女の子だ。
同じお店で働く顔見知りのパートさんがお母さんなので、何度か担当違いの文房具を買い物に来た際に私が接客したことが始まりとなり、今では環ちゃん一人で買い物に来ても私に挨拶をして帰るようになった。
下に妹がいるとのことで、お姉さんの自覚が強いものか、とても大人びた話し方をする彼女は、私のことを『店員さん』と呼ぶ。
『おっちゃん』でも、
ちょいとサービスして『おにーさん』でも、
あまつさえ『少佐さん』でもなく。
『店員さん』である。
彼女に目に私がどう映るのかは分からないけど、一度夕方にお店に来た時に、
『店員さん、お腹減ってない?』
と聞くので、朝から何も食べてなかった私が、
『あー。減ったわー』
と答えると、がさごそと給食の残りであるコッペパンを取り出したことから推察するに、とても微妙なポジションのような気がする。
ただ一つ確かなのは、彼女が買い物をする時には私がレジ係でないといけないということだ。
よほどお客さんが混んでいない限り、彼女は私に商品を手渡して買い物をする。レジに並ぶということはしない。
・・・私は売り場係員なんだけど、あまりご指名には関係ないらしい。

そんな彼女がいつものようにお使いで買い物を済ませ、ため息混じりに私に口を開いた。
環『店員さん、貴方、疲れてるでしょ?』
そりゃ残業続きで疲れてることは事実だけど、小学四年生の女の子にそれを指摘されるほど酷い顔をしてるのか、私は(笑)。
私『そうかなぁ、疲れてる?』
環『ええ、とても。それにそのメガネ』
私『あ、コレ?』
真新しいメガネに触れる。
環『似合わないから』

ゲフン。

即答ですよ。

断言ですよ。


か、悲しい。
環『しょうがないなぁ』
そんな言葉を残して彼女はテクテク帰っていった。
そんなこんなで仕事を続けていたら、不意に後ろからクイクイとエプロンを引かれた。
私『?』
振り向くとそこには環ちゃん。
買い忘れでもしたかな?
私『ん? どうしたん?』
環『店員さんがへこんでたから仕方ないし、あげるわ』
そういって小さな手から差し出された、大きなカプセル。ガチャガチャのカプセルだ。
私『くれるの?』
環『ええ。悪いこと言っちゃったから』
私『そっか、ありがとう』
彼女はにっこりとカプセルを手渡し、今度こそテクテク帰っていった。

従業員用通路に出て、エプロンのポケットの丸いプラスチックを取り出す。
プレゼントしてくれたんだな、気を遣って。
ガンダムだろうか。
・・・と思ってカポッと開けてみたら。
【カタパルト接続】

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(17) | 【22:36】 ギレン閣下の演説

2006.01.29

一つの目で明日を見て、一つの目で昨日を見詰めるオトコ

9999

最近、特に眼精疲労が酷いので、いい加減メガネ作らないとと思ってはいたんだけど、まあ普通に見えてるしってことで放置していた。
ところが昨年末くらいから「おいおい、さすがにマズくないか?」ってくらい疲れることを実感しつつあったので、このところこまめにフレームをチョイスしてたんよ。

白山眼鏡店に通うこと、四度。
結論。

私には眼鏡が似合わない。

ああああ。
悲しいことにどうやら、その事実を受け入れるしかないようだ。
ということで他のフレームに移行、片っ端から試してようやくかけやすくてしっくりくるものを探し出した。
それが写真のもの。999.9
しかし、だ。
真に悲しかったのはここから。
視力測定をして貰って判明した事実に愕然。
何年か前に右0.6、左0.5だった視力が、0.3と0.4に落ちてるじゃないか!!
測定のおねーさんが『これでは普段も不自由があったのでは?』と心配してたけど、
そうなのか?
いや、普通に日常生活過ごしてましたけど・・・。
と、告げてみた。
するとダブルパンチ。
瞳の状態から測定すると、近視は0.3と0.4なんだけど、乱視がかなり進行していて、実質もっと視力は低下しているとのこと。乱視だから何とか日常生活に支障がなかっただけらしい。
特に左は乱視バリバリで、右目に頼ってものを見る癖がついているので、レンズを調整して左目でも見るよう矯正した方がいいとも言われた。
道理で右目が疲れるはずだ・・・。

あーあ。
ジェットに

『お前は止めとけ、目が良過ぎる』

とか言われたいなぁ。


まあ、メガネかけるならせっかくだし、この人をハァハァさせられるようになるまで頑張ってみますか。
・・・オトコはヤだけど。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(16) | 【14:15】 ギレン閣下の演説

2006.01.27

今起こったことをありのまま話すぜ

『温ザル蕎麦』ってメールで使おうとしたら、『おんざ』の時点で予測変換がたった一個だけ、

『オンザエッヂ』・・・。

神にでもなったつもりなのか? この携帯の変換機構? まさに境界線ギリギリのセンスやと思うぞ。

そんな会社、もうないし。今あるのももうすぐライブでなく死に絶えるか、どこかに食われる予感。
・・・ライブベイト?

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(7) | 【22:33】 ギレン閣下の演説

2006.01.26

手抜きで一汁二菜

ブリ!

棚卸しが近付いてきた今日この頃。
連日そろそろ定時+一時間では上がれなくなってきた。
こういう事態を見越して先日の全休、買ってきたブリの切り身を漬け込んでおいたものを照り焼きにする。
醤油とみりんと酒と塩を合わせたタレに二、三日漬けとくだけでいいんだから、お手軽で、しかも美味しい。
野菜煮込み

最近は野菜が高いので、野菜クズも捨てるのがもったいない。
ベーコンを敷いて、野菜各種のあり合わせをクタクタになるまで煮込む。
味付けは胡椒だけ。ベーコンの塩気が足りない時は塩を振るけど、基本的には野菜の甘味とベーコンの塩気だけ。ちなみに水も入れない。勝手に出てくるからね。

あとはお味噌汁作って終了。
手抜きでもアツアツは旨いね。

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(1) | コメント(5) | 【03:05】 ギレン閣下の演説

2006.01.25

アップル13



もう一昨日になってしまうんだけど、genさんと釣りに行く約束をしていたんですよ。
なのに前日からの降雪と路面凍結でgenさんと落ち合うことができなくなるという事態に陥り、あえなく中止。
全休だったのでコタツの番人をしてました。
でもまあ、お腹は減るわけで、休みの時くらいなんか変ったことしてみようかと思い立ったんですわ。

で、取り出したのがリンゴ。
このまま剥いて食べても美味しいんだけど、ちょいと手を加えてみようかと。
なんちゃって焼きリンゴを作ることにした。
【カタパルト接続】

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(0) | コメント(11) | 【03:24】 ギレン閣下の演説

2006.01.23

59634

投資家『金儲けのこと・・・、

知らないんだな。

広告塔はいつもインテリが始めるが、

夢みたいな目標をもってやるから、

いつも過激なことしかやらない!』


塀の中エモン『四方から地検特捜部が来る!?』

投資家『しかし合併の後では、

気高い株価の心だって、

官僚主義と大衆に飲み込まれていくから、

東証相場はそれを嫌って、

上場からも経済連からも身を引かされて犯罪人になる。

だったら・・・』


塀の中エモン『私は、違法など考えていないッ!

マスコミ共にその才能を利用されている者が言うことか!』


投資家『自民党!!』


インタビュー、面白過ぎる。
ホリエモン、GJ。
お金なくてもいいや。私。犯罪者嫌だし。

貴様ほど金に急ぎ過ぎもしなければ、

人類に絶望もしちゃいない!

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【22:32】 ギレン閣下の演説

2006.01.23

君の香りはずっと、今でも覚えている

ウチの家では唐揚げを揚げる時、胡麻油を半分だけ使う。
普段はごく普通のサラダ油か、おとんのご指名によりグレープシード油(中性脂肪対策らしい)。胡麻油だけで揚げると、どうも味に飽きるのが早い気がするから、混ぜることがおとんの味覚により定められてるんですわ。

で、お昼前に唐揚げを揚げて、夜ご飯の準備を終えて出勤したわけですよ。

『おはようございます~』とか言いながら軽やかに従業員通路から売り場に出ようとした瞬間。
パートさんに呼び止められました。
ここでハタと気付いたことが。

私、胡麻油臭い・・・!!

チェック厳しいなぁ、と思いながらも少々反省。
そりゃ、食料品売り場勤務でない従業員の通ったあとがことごとく胡麻油臭かったら問題あるわなぁ。暖房で匂いは倍増してるしな。
私『あ、ごめん、臭かった?』恐る恐る訊いてみる。
するとパートさん。

『あんたって子はホンマ、いつもお母さんの匂いのする子やなぁ』

!?
り、リアル・ミハルですか?
こんにちは、お急ぎですか?、ですか?
いや、別に急いでませんよ、ですよ?

ダレカ、イツモノトコロニオカネヲカクシテオイテクダサイ。スコシズツツカイマスカラ。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(10) | 【16:29】 ギレン閣下の演説

2006.01.22

雪景色夜景

20060122232419
風情だけはあるよなぁ。
また明日、交通がズタズタだよ…。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(2) | 【23:24】 ギレン閣下の演説

2006.01.22

また虫歯だよ

また虫歯

仕事から戻ると、いつも玄関まで迎えに来る我が家のワンコ三頭。
けれど、今日はどうも様子がおかしい。
息子と娘は歓迎してくれたけど、母犬が姿を見せない。
あれ?

首を捻りながらリビングに入ると、情けない顔をして寝そべってる母犬の姿が。
どうもご飯も食べなかったらしい。
ありゃ。
口の左横がボコッと腫れてるね。去年娘犬もなったけど、虫歯だぁ、こりゃ。
明日病院行こうな。しばらく投薬で炎症を治めることになるだろうけど、強制的ダイエットに突入しちゃったから、よくなったら新しい首輪を買ってあげるからな。

これで正月太りは解消。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【03:03】 ギレン閣下の演説

2006.01.20

左目の残照

20060120173313
どうも、昨日辺りから熱を持ってると思ったら。

めばちこ。

痛痒くて、視界がぼんやりした感じ。
まあ、この目だとあまりの目つきの悪さにお客さんが寄ってこないので、今日はラクラク。

あ。
somedayさん、ちなみに眼帯はしないからね。瞳も赤くないし(ボケ殺し)。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(9) | 【17:33】 ギレン閣下の演説

2006.01.20

左目の残照

20060120173311
どうも、昨日辺りから熱を持ってると思ったら。

めばちこ。

痛痒くて、視界がぼんやりした感じ。
まあ、この目だとあまりのブサイクさにお客さんが寄ってこないので、今日はラクラク。

あ。
somedayさん、ちなみに眼帯はしないからね。瞳も赤くないし(ボケ殺し)。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(6) | 【17:33】 ギレン閣下の演説

2006.01.20

こんなんに住んでたら

20060120145408
確実にダイエットできへんよなぁ。
チョコレートとピーナッツの食べ過ぎで鼻血が止まらん予感。

でも、魅力的やなぁ。
羨ましいぞ、キング・キョロちゃん!

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(6) | 【14:54】 ギレン閣下の演説

2006.01.20

犬も食わない

仕事から帰り、玄関の扉を開けた瞬間、威勢良く怒声が飛び込んできた。
雪の降る夜、切れそうなくらいに痛い耳に聞きたいものではない。
昔からよく言う言葉、あれはホント。
夫婦喧嘩は犬も食わない。ウチのワンコは三頭ともソファーで爆睡してた。アホらしいもんな。

着替えて、ご飯を温めて、食べ終わって、食後のコーヒーを台所で飲んでる最中に、遂におかんが泣き出した。
ちなみにウチの家はリビングダイニングなので、この時点に至るも私は視界の端にバトルを映しながらも完全無視を決め込んでいた。
おかん『あんたが他に手出してるんは知ってるねんからな!』
おっ。おとん、若いねー。そうなのか?
おとん『アホ、あれは俺の金で買ったんやから、文句ないやろが!!』うーん、別にいいけど『買う』いうな、おとんよ。
おかん『アタシが知らん思て。どこに隠したんや、アンタは!?』
そりゃ、目の前に連れて来れるはずもないしな。
おとん『だから、一回だけしかやってないんやって、ホンマに!』
そうかそうか、私は62のアンタが一回でもできたことが驚きだよ。
おかん『悔しいっ!! どこに隠してんねん、見せろ!!!』
あー。
ここら辺りまでかなー。
コーヒーカップを置いて、仕方なく腰を上げた。
私『あー。こらこら。殴る前にちゃんと話しなさい、二人とも。はいはい』
このあと、延々おかんが泣きながらおとんの疑惑をたらたら続けたわけだが。
とどのつまり。
【カタパルト接続】

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【02:31】 ギレン閣下の演説

2006.01.19

そりゃ晴れてても

20060119181805
吹雪くわ。
山の上から流れ込んで来てるもんなぁ。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(2) | 【18:18】 ギレン閣下の演説

2006.01.19

積もってるし

20060119160007
歩いてて撥水加工のダウンに積もるとは。
侮れんな、シベリア冬将軍!!

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(2) | 【16:00】 ギレン閣下の演説

2006.01.19

呉越同舟

20060119152104
クレーム処理で外勤中。
晴れ間から吹雪く雪を眺めながら電車待ちしてると、ホームにご同胞が。
そりゃそうだ、飛びにくいもんな。
でも羽毛100%がチョイと羨ましいな。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(6) | 【15:21】 ギレン閣下の演説

2006.01.19

お客様! 万古焼きですから!

ばんこやき

お客様。
読み方が激しく違います。

ば・ん・こ・や・き、ですから。

いくら関西地方とはいえ、売り場で連呼されては困ります。というか、お上品に『おソース』とか『お召し物』とか言い出さないうちに早く買っちゃって下さい。

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【02:39】 ギレン閣下の演説

2006.01.17

また、来年な。

白金のバーボン

焼酎の味を覚えた今でも、一年のうちで今日だけは、昔のようにバーボンで一杯目。
一口目でつるんと喉を通り、食道を焦がす甘味が広がる、フォア・ローゼスのプラチナ。取って置きだ。
オールドファッションドグラスでロックを飲んで過ごした幾つもの夜を、もう一緒に過ごせなくなってしまった者のために。
ショットグラスを年に一度だけ使う夜。

潜入したコロニーの秘密工場で、『滅び行くもののために』と祖国に酒と煙草を捧げた漢達に倣い、私も失ってしまった友達に酒を捧げたい。
私が今、とうの昔にラクダの煙草を止めてしまったことを知ると、あいつらに裏切り者って言われるかな。
きっと愚痴られるだろうなぁ。せめてジッポは添えてやるよ。


このエントリーを上げたら、またいつもの腰痛持ちのオタクのおっさんに戻ります。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【23:58】 ギレン閣下の演説

2006.01.17

超早お笑い予測

お笑い好きの同僚と、何となく話しているうちに今年のM-1のグランプリ予想になる。
個人的には、
『お前、今時その上着どこの店で買ってんねん!』とツッコミたい大悟が大好きなので、千鳥を推したい。
・・・のだが、やっぱネタが小さいので無理かと。めっちゃおもろいんやけどなぁ。ううむ。

となると、実力とネタの勢いからシャンプーハットやと思うね。うん。

同僚がノンスタイルを挙げてきたのには驚いた。新人トーナメントならかなり上位やと思うけどね。
笑い飯は笑えないおこげになっちゃったのは二人とも同意。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(3) | 【17:51】 ギレン閣下の演説

2006.01.17

朝河蘭も好物ですが、ゼフィランサスも大好きです。けれど愛飲は蘭ですね

咲きましたぁ~♪

先日、ブローカーをしたお礼にと、フジコさんから焼酎をいただいた。
蘭、という名前の、全芋焼酎。

通常、芋焼酎ってのは芋を麹を加えることで芋を発酵させて原酒を作り、これを蒸留して不純物を取り除いて精製される。
この時に加える麹の種類によって、芋焼酎の風味は大きく左右されるわけです。
現在の主流は、白麹。
この場合、キリッと味が締まり、辛味が増します。後味には甘味が残るんですけどね。比較的アルコール臭が残りやすいのが難点ですけど、スッキリとした味はゴイゴイいけます。
で、昔ながらの焼酎に多いのが、黒麹。
昔は麹って黒しかなかったから、これが本来の味(これを改良して腐敗しにくい麹として作られたのが白麹)。とにかく芋の風味が飛躍的に増します。飲み口も芋臭い、後味も芋臭い、でも旨い。甘味が格段に増します。というか、芋正中飲み続けてると、そのうち芋臭くないと飲んだ気がしなくなります。ゴイゴイいけます。
で、ちょっと前に流行のきっかけとなったのが、黄麹。
元々は日本酒の醸造に使われる麹で、フルーティでスッキリした仕上がりになりながらもまろやか。魔王とかはこのタイプですね。もちろんゴイゴイいけます。

で、この麹に焼き芋を使って作るのが、焼き芋焼酎。蘭とか一刻者、あとロバ子さんが愛飲している黒瀬何かはこのカテゴリ。
一見、全芋焼酎って相当芋臭いと思うでしょ?
これが、違う。芋臭いというより、南国のフルーツみたいにフルーティ。まあ、クセはかなりあるんだけどね。やっぱりゴイゴイいけます。

蘭の場合はそのフルーティさを南国の花に喩えたネーミングなんだそうだ。
早速いただいたボトルを開けて、楽しんでたんだけど・・・。
これが酔う。なぜか回る。
うーん、芋の風味に酔いが早いのかと思いきや。
蘭


アルコール度数40%。

普通のいわゆる本格焼酎が25%なんで、ほぼ倍。こりゃ酔うはずだぁ。
しかもよーく見たら、蔵元限定出荷の初垂れ原酒。こりゃあ業物だぁ!!
旨い!!
ありがとう、フジコさん。それと、見立ててくれたgenさん。


蘭、大好きです。
ちなみに朝河蘭も好物ですし、RX-78・GP-01もお気に入りです。

記事URL | ゴイゴイ焼酎 | トラックバック(0) | コメント(9) | 【03:31】 ギレン閣下の演説

2006.01.16

天と地の間、海と大地の間

20060116165414
上から見ると、すっごく綺麗な時間帯。
薄い紫色に見えるんよ。ほんと、パープルヘイズって感じに。
今日は暖かかったから、のんびり下ると楽しそう。

空の星は深海魚の光ではないのが残念。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(6) | 【16:54】 ギレン閣下の演説

2006.01.16

狼煙は狼の糞を燃やして焚きます

20060116155705
ああ、年も明けたなぁ。
あの黄色っぽい白い煙、あれ、枯れた蜜柑の枝葉を燃やしてる色。農家さんが年明けから暦と相談して燃やし始める。
あの灰を畑に蒔くと、豊作なんだとか。
でも、すっごく目に滲みるんよな、蜜柑の煙は。だから焚き火に当たっても暖まるというより拷問。
子供の頃、鬼ごっこで最後まで鬼だったやつが罰ゲームで煙に立ち向かうってのがスタンダードだったなぁ。
ちなみに、おいもさんをくべて焼き芋作っても、苦辛くなってエラい目に遭うし(笑)。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(3) | 【15:57】 ギレン閣下の演説

2006.01.16

強者どもが・・・

20060116154504
今日はお休みの日。
腰が痛いので、リハビリ代わりにテクテク散歩中。硬くなった筋肉をほぐしておかないと。

あれだけ苦しめられたセイタカアワダチソウも、枯れてしまうと何だか寂しい。

目はラクだけどね。サングラスいらないし。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(2) | 【15:45】 ギレン閣下の演説

2006.01.16

安西先生・・・

腰が痛いです・・・。
もう一度コルセットをしないでいいようになりたいです・・・。

つーか、最終回付近の桜木の背中ちゃうっちゅうねん!

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(6) | 【14:27】 ギレン閣下の演説

2006.01.14

使い慣れたのがいい

長い間

仕事柄、歩き回るのが常なので、靴の傷みはかなり早い方だと思う。
日祝日は一日40000歩がアベレージ。
ネクタイは締めるけどスーツ姿ではなく、足元も革靴ではなくスニーカー。
バスケットシューズを履くことが多かったので、今回は試しにフィットネス用のスニーカーを選んで履いていた。
アウトレットで購入、お値段2000円也。
これが意外や意外、履き心地がよくて仕事のストレスをかなり軽減したのがポイント高し。通気性がいいから蒸れないし、足首もそこそこ固定されるので走っても平気。こりゃいい買い物した、って喜んでたんだけど・・・。
ありがとう

パックリと逝ってしまった。
ありがとう、と言葉をかけて暇をあげることにしよう。

悲しいことに廃盤モデルだったので、同じモデルがもう手に入らないのが寂しい限り。

・・・って、
しんみりする気分をぶち壊すくらい臭いのは暗黙の了解。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(15) | 【23:55】 ギレン閣下の演説

2006.01.13

遙かなる旅路、さらば友よ

ジョセフ『どうしてもフランスに帰るのか? ポルナレフ。
もう身内はいないんじゃろう? よかったらわしの家のあるニューヨークに来ないか?』

ポルナレフ『ジョースターさん…身内はいなくてもフランスはおれの祖国なんです…故郷には思い出がある。どこに行っても必ず戻ってしまうとこなんです。
何かあったら呼んでください…。世界中どこでもすっとんでかけつけますよ』

ジョセフ『さびしくなるな』

承太郎『……』

ポルナレフ『つらいことがたくさんあったが…でも楽しかったよ。
みんながいたからこの旅は楽しかった』

承太郎『……』

ジョセフ『そうだな…楽しかった…心からそう思う…』

ポルナレフ『それじゃあな!!
しみったれたじいさん! 長生きしろよ!
そしてそのケチな孫よ! おれのこと忘れるなよ!』

ジョセフ『また会おうッ!
わしのことが嫌いじゃなけりゃあな!  マヌケ面ァ!』

承太郎『忘れたくてもそんなキャラクターしてねえぜ。…てめーはよ。
元気でな』

ポルナレフ『…あばよ。』

ドザアッ

ガチャリ

グイ!

只今より原隊に復帰、戦線に戻ります。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(5) | 【14:51】 ギレン閣下の演説

2006.01.09

桜並木

20060109124809
ばあちゃんの三回忌で里帰り。
通っていた高校がすぐ傍にあるから、読経と読経の間に散歩してみた。

春には桜並木になる川縁。

冬木の街を観ながら一杯…、ってには昨日飲み過ぎたわ。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(5) | 【12:48】 ギレン閣下の演説

2006.01.08

降雪ぅ?

20060108173323
降雪の影響で国鉄野郎のダイヤボロボロです!
オフ会が遠くなる…。
でも飛行機だけは勘弁な。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(4) | 【17:33】 ギレン閣下の演説

2006.01.08

エマージェンシー! エマージェンシー!

で、電気毛布が点きません。

エアコンが壊れてて、メイン暖房器具がコタツである私の部屋の事情から考えると、唯一の全身暖房器具を兼ねる布団のサブウエポンがロストというのはもしや、生命線にかかわるような気もしますが・・・?

ね、眠れません・・・。寒いです・・・。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【03:48】 ギレン閣下の演説

| ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。