FC2ブログ

2006.06.01

必需品

20060601134215
クレーム処理で、外回り。
必需品やね、この二つは。

あ、あと、銀のアネッサな。
スポンサーサイト



記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(4) | 【13:42】 ギレン閣下の演説

2006.06.01

Holy Knight



ウチの母犬。
今年の九月で15歳になる。
北欧のコンテストクイーンだかなんだかのブリーダードッグが、ひょんなブリーダーの手違いで「産んではいけない仔」数頭を身篭ったのがことの始まり。
ブリーダーさんが親切・・・というか良心的だったので、本来なら(文字通り)握り潰される命を落ち延びさせ、血統証未発行・生まれを保証しない条件で私の家に貰われてきた。

首に半月上の白い模様があることから「ツキ」と呼ばれていた仔犬はえらく利発で、あっという間に家族の一員になった。
貰われてきた日から二ヶ月、初めてのクリスマスを迎えたその日に私が名を付けた。
痩せぎすで華奢だったことから連想したヘプバーンの『ティファニーで朝食を』のヒロインから。
波乱に満ちた生まれが聖なるものになるようにと、ジョジョ第三部の承太郎の母から。

彼女は後に三頭の仔を産み、その内の二頭は今もウチで同居してる。
そんな母犬は歳を取り、大病も二度患った。
かくしゃくとしたおばあちゃんなのだけれど、やっぱり寄る年波には勝てないんだろう、最近は結石を持病にしており、普通のドッグフードではなく療養食を食べさせていた。
これが曲者で、結石を防ぐ代わりに腎臓に負担がかかっていたらしく、先日元気がなかったので病院に連れて行ったら即入院。
ようやく昨日帰って来た。

私を見上げる瞳を見ていると、闘病しながらの余生をどう過ごすのか、とふと思う。
年齢から考えれば、好きなことをさせてやるのもいいかもしれない。
食事制限をせずに好きなものを食べたいだけ食べさせてやるのもいいかもしれない。
でも、できるだけ長く彼女と一緒にいたいという家族の総意は一致した。

これからも頑張ろうな。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【01:05】 ギレン閣下の演説

| ホーム |