--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2006.08.31

断腸の思い

_| ̄|○
メガフレアに対抗するため、断腸の思いで白魔を加入。
…なんやねん。
ケアルが40発以上撃てるというのか…。ケアルラが全体がけで使える幸福は、まさに白い麻薬。
スポンサーサイト

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(0) | 【13:46】 ギレン閣下の演説

2006.08.29

大空のネ申・健在ガルーダ

ネ申降臨

えー。
ようやく中盤の盛り上がりに突入してきたFF3。
遂に・・・。
遂に奴が帰ってきたんだ!!
悪名高い旧作のクリスタルタワーのノンセーブと双璧をなす、神が舞い降りる。
うごうらえあげぇあぁぁぁとか言いながらキュートな唇を歪める、羽の生えた量産型エヴァの如きその姿こそ旧作から大きく変わったものの(写真は自粛処理)。

強さはそのままですた!!

まずは肩慣らし。
バ魔風シで突入。
1ターン目、シーフの攻撃が済んだ直後にいかずちと打撃を食らって全滅。
ココで判明。
バイキングの魔法防御はザル同然。

魔剣士の物理防御は紙同然。


いかん。
真面目に竜×4人で再突入。ちなみにレベルは全員31。
全滅。
全滅。
全滅。
全滅。
・・・これ、運の要素炸裂。いかずちがきたらほぼアウト。
旧作も極悪だったけど、今作もエグい。
全滅。

何だかよく分からない衝動に駆られてしまう私。

ちょwwおまwww!!
DSを握り締める握力がエキサイトした瞬間。
【カタパルト接続】

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【00:10】 ギレン閣下の演説

2006.08.28

ちょっとくすんだ光の戦士達

えー。
最近、住んでいる村とクリスタルの世界を往復して一日を終えている少佐です、コンバンハ。

DS Liteを買って以来、いくつかプレイしていたタイトルは、ぶつ森以外全て売却。ギラギラとクリアを渇望するスノッブだったのも今は昔、ヌルいゲーマーになったものだと隠居生活を決め込んでいたおっさんでしたが・・・。

いや、ホント面白いです、FF3。
ここ数年、というか、PSの『ワイルドアームズ2ndイグニッション』以来の名作の予感です。個人的には。
攻略サイトに頼らずにプレイしてるのと、のんびり一周目なのでやりこみ度合いは低いので、あまり予備情報はないのですが、とりあえず確認しておきたかったので調べたところ、
・たまねぎ剣士は、いる。ただし隠しジョブ。要Wi-Fiらしい。
・黒魔法が弱体化。あまり使えない。
・旧作では目立たなかったジョブが強化されている。
・旧作のニンジャ、賢者が弱体化。
・バグは多いので複数セーブ推奨。
ということだけを頭に叩き込み、プレイ開始。

少々抜けた、飄々としたリーダーに、当然海賊スパロウ。
温和なおっとり君に、ビスケットでできた心臓を持つエドワード。
クソ生意気だけど実は心優しい女の子に、フランス娘シャルロット。
無愛想な騎士見習いに、暗黒面に落ちる鼻高々アナキン。

と名付けましたとさ。
リメイクとはいえ、16年も前の作品なのでネタバレを回避するためにストーリーには触れませんが、現在プレイ時間11時間25分。まだ一度も全滅してません。
すっぴんからから始まった冒険、レベルは24。ただ、今作はレベルよりもジョブ熟練度の方が重要っぽい。ちなみにジョブですが、
スパロウ君はすっぴん→シーフと繋いで、当たり前のように今ではバイキング。だって、海賊だから。
エドワード君はすっぴん→バイオとクエイクが使いたかったので黒魔道師ときて、やっぱりあまり魔法を使わないのでシーフ。
シャルロット嬢はすっぴん→ワイトスレイヤーを無駄にしないよう赤魔道師ときて、風水師。冗談抜きでパーティ内最強。
アナキン君はすっぴん→戦士→ナイトと繋いで、念願の魔剣士。ラストまでこのまんま予定。

パラメータの増減はジョブに応じて変化するようです。
すでにHPがバラつき始めました。
ヤッベ、やり込み要素充分だよ。

あー。
どうでもいいけど私のパーティは回復役がいませんので、ポーション99個は必須です。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【01:39】 ギレン閣下の演説

2006.08.25

冒険日記:ミスリルの指輪を求めて

これ幸いというか、何というか。
右手の人差し指があんまり動かない身にとって、タッチペンは恩恵あるなぁ・・・、としみじみ小一時間。

今のところ、かなり好感触です。FF3。
サウンドのアレンジ具合も気に入ったし、オープニングのムービーも厭味にならずあっさりしてたし。つか、ムービーが普通に流れるのがスゴい、DSで。いらないけど。

いんやぁ、やっぱ2HIT!とか出たら、後半は18回ヒットとか狙いたくなりますねぇ。
そんなこんなで未だみんなすっぴん。
リーダーのオトボケ・スパロウ。
ショタ担当・エドワード。
鉄火肌・シャルロット。
騎士見習い・アナキン。
しばらくは村とクリスタルの世界を往復する予定。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【01:40】 ギレン閣下の演説

2006.08.23

ナーシャ・ジベリと冒険気分

もう、今から20年近くも前のこと。
熱病にかかるように多くの人々が熱狂した、『ドラゴンクエスト』に端を発するコンピュータRPGブームの真っ只中、そのゲームは現れた。
制作会社の解散を賭けてリリースされたその作品は、しかし相当の野心作だった。
『ドラゴンクエスト』は派手に喧伝した、シナリオライター・堀井雄二とキャラクターデザイン・鳥山明に対抗して、配したのがシナリオに寺田憲史、デザイナーに天野喜孝。
『ウルティマ』を徹底的にモデファイして間口を広めた先達に対し、こちらは初期『ウィザードリィ』をブラッシュアップして世界を構築した。『ディープダンジョン』の不成功は、『ドラゴンクエスト』の良い部分をエキスとして抽出、融合を図ることで深みへと変じたのである。
その他のスタッフ、坂口博信をはじめ、河津秋敏、石井浩一、植松伸夫などなど。
『最後の夢物語』と名付けられたその作品は、クリスタルの輝きで世界に平和をもたらすだけでなく、会社に安定と発展をももたらした。

そんなスタッフの中、一人のイラン人がいた。
天才的なその技術は当時のゲーム雑誌ですでに『芸術』とまで評され、アーケードの稼動基盤からすれば格段のショボさは否定できなかったファミコンというハード面の制約の中、『スペースハリアー』・・・を模した『とびだせ大作戦』の高速スクロール、『アウトラン』・・・を模した『ハイウェイスター』のアップダウン走行、どれもこれも当時のプログラム技術として抜きん出た才能と言えた。・・・作品はパクリだっが。
世界中を放浪した彼は、やっぱり小さな島国に永住するということはなく、のちにファミコンで制作されていた幻の第四作目が破棄されたために日本を去ることとなるが、全部で三作の『最後の夢物語』をプログラマとして世に送り出した。
他機種に移植されない理由は、彼のプログラムがあまりに高度過ぎて誰も手が出せない為とまで評された芸術的なその作品は、多少趣を変え、現代風にアレンジされた。もう彼の手元を離れてしまったけれど、およそ16年の時を経て、再度私達の元に現れることとなった。
伝説的な最強アイテム無限増殖は天才のお遊びだったのか、それとも複雑過ぎる演算処理の中で偶発的に生まれたものなのか、それは分からない。
ファイナルファンタジーIII
スクウェア・エニックス (2006/08/24)

私がまだ中学生だった頃、卒業文集の尊敬する人ってところにナーシャ・ジベリって書いたことがある。
当然、何者かを知らない学校の先生は説明を求め、私が仕方なく答えると、職員室総出で私はこっ酷く叱られた。
ゲームを作ってるような外人を尊敬するとは何事だ、そんな感じだった。


そんなこんなでわたしの尊敬する人欄は修正液で白塗りされてしまったままわら半紙で刷られたので空白だけれど、今でも私の選択は間違っていないと信じている。


たまねぎ剣士が帰ってくる。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【01:33】 ギレン閣下の演説

2006.08.20

高所シンパシー

自慢だが、私は高所恐怖症だ。
観光名所によくあるナントカタワーの類は大嫌いだし、遊園地やデートスポットの観覧車はある意味、憎んでも憎みきれない存在だ。

まぁ、そんなことを口にしても大概の人は一笑に付すだけだし、「そんなんどこがこわいんさ?」と逆に質問される有様なので、公言してはばからないというよりは、むしろ避けて避けて棲息しているわけだ。
ちなみに私は高所に登ると内股の辺りから痺れていって、最後には下半身の感覚がなくなってくる。


で、先日。
話す機会のあった女性と、ひょんなことから高所恐怖症の話になった。
女の子『あ、私、全然ダメですよ、高いところ!!』
心強い断言である。
私『んー、じゃ、観覧車とかは?』
女の子『嫌いです』
即答、キターーー!!
女の子『だって途中でゴンドラ落ちたらどうするんですかっ!? 風でグルングルン回転したらどうするんですかっ!!?』
私『取りあえずショック死するな』
女の子『だって私、非常階段で階段と階段の間に隙間があるのを見るのさえ嫌ですよ。ありえないじゃないですか、崩れたらどうするんですかっ!? 足がズボッって入ったらこまるじゃないですかっ!!?』
・・・ん?
さすがにそこまではこの私も怖く・・・。
私『じゃあ、手すりあったら高いところに近づける?』
女の子『ガラスがあれば。金網とかはダメです。金属が錆びてたら困るじゃないですか。腐ってるかもしれません』
そうか。その可能性があったか。
女の子『そもそも手すりをしっかり握って、手を思い切り伸ばしたままで、そーっと覗き込みますよ』
そしてゼスチャー。
なんというか、『マトリックス』の有名なのけぞりポーズの途中くらいの角度で、ピンと手を伸ばしたまま、目を細めて首から上だけで覗き込む仕草。
うむ。
気持ちは分かる。
女の子『大体、手すり持ったままクリンって前転しちゃったらどうするんですか!! 鉄棒の原理を無視してはいけません!!』
そうくるか!!
私『じゃあ、ビルとかでガラス張りのエレベーターあるやん?』
女の子『ドアの前でドアを見詰めます』
即答。
か、かわいー。よしよししたいくらいだ。
私『そこまで怖いか?』
女の子『だって私、歩道橋の端っこも歩きませんよ。何があるか分かりません。真ん中歩きます』

・・・一休さん!?

私、人生で初めて高所恐怖症で敗北感を味わいましたよ。
高所恐怖症じゃない人からしたら何でもないことかも知れないけど、ね。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(11) | 【02:07】 ギレン閣下の演説

2006.08.16

桔梗・物産展へ進路をとれ!

予てからアナウンスしていた通り、桔梗の北海道物産展が正式に決定しましたのでここにお伝えします。

06年年内、今回は東京、福岡、名古屋の三都市を巡業することが確定。


東部百貨店・池袋店
期間:九月二十一日から二十七日まで。
開催中、豚丼弁当のみの展開。

三越・福岡店
期間:十月三日から十月十一日まで。
開催中、豚丼弁当のみの展開。

名鉄百貨店・本店
期間:十一月一日から十一月六日まで。
開催中、豚丼弁当の持ち帰りだけでなく、イートインも展開。


うちのブログの常連さんは比較的関東方面の方が多いし、名古屋方面、福岡方面にもおられるので、訪れていただければ幸いです。
もちろん、常連さん以外の読者さん(そんな奇特な人がいれば、だが)もよろしければ是非。

あ。
直前にはまた旦那と連動企画やります。
合言葉に答えると、ちょいとおまけ、ってやつね。

ちょっと先の話になるかとは思いますが、よろしくお願いいたします。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【01:12】 ギレン閣下の演説

2006.08.15

向こう側が透ける人

お盆。
まあ、仕事柄毎年出勤なんですけど、今年は見舞いだ、怪我だ、で病院と職場とを往復する始末。こりゃいかん。

この時期は帰ってきてはる人たくさんおるからなぁ。
もっとも、不浄の徒と化したアンデッドを目撃しちゃうよりゃあ遙かにマシなんだろうけどね。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(5) | 【23:37】 ギレン閣下の演説

2006.08.14

戸谷さん、おつかれさま

先日、鈴置さんの訃報を耳にしたところだったのに・・・。
仕事中に緊急入電したメールでまたも訃報。
色々と真偽のほどが騒がれたみたいだけれど、どうやら本当・・・、信じたくない。

リアルロボットモノを愛するアニメファンには馴染み深い、戸谷公次 さんがお亡くなりになっていることに衝撃を受けている。
個性とアクの強い名バイプレイヤー役で耳に馴染んだベテランの声をもう聞くことが出来ないのかと思うと、残念でならない。
Zのカクリコンを挙げる方も多いだろうが、私にとってはメタルギアシリーズのオセロット、ボトムズのバッテンタイン閣下、エルガイムのハッシャ=モッシャ、北斗の三男・・・。
挙げればキリがない。

一度でもスパロボをプレイし、エンディングを迎えたことのあるプレイヤーなら、戸谷さんの名が何度も何度もCVのロールに現れることを知っているはずだ。私達はその多くのキャラ達の新録を失ったということなのだ。
何て言っていいか、言葉が浮かばない。本当に本当に残念だ。


謹んでご冥福をお祈りします。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【02:06】 ギレン閣下の演説

2006.08.12

この鉄骨はフルメタルジャケットだ

なんじゃこりゃあ

仕事中、落下してきた什器の下敷きになって骨折。
その昔、手品師じみた曲芸スイーパーはパイソン357のフルメタルジャケットで手の甲を打ち抜き、手首から先が吹っ飛ぶどころか骨すら無事という、あり得ないイリュージョンを披露して見せたけれど、私の場合は器用にも、床についていた右手の人差し指だけを鉄骨二本がクリティカルの2ヒット。
応急のレントゲンでは、関節をはさんで二カ所でひび割れ。うむむ、さすがに体内だと、いつもみたいにアロンアルファでくっつけるわけにいかないぞ。

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(0) | コメント(10) | 【02:24】 ギレン閣下の演説

2006.08.11

鈴置さん、おつかれさま

仕事中に貰ったメールで知った訃報。
声優の鈴置洋孝さん死去 「ガンダム」のブライト艦長役
五月に倒れられてからかなり調子が悪いとのことはいつも巡回させていただいているブログさんで目にしていたのですが、ずっと闘病されていたのですね。
享年56歳。
若い。若過ぎる。
まだまだ声が聞き足りないぞ、何やってるの!!
そんな言葉が浮かぶ。
井上さん、塩沢さんに次ぎ、また一人。ガンダムを彩った偉大な方が旅立たれた。
私のようなガンオタにとっては、何より印象深いブライト艦長。そしてダイターンの破嵐万丈。ゴーショーグンの真吾。もう軽快なアメリカンジョーク節がスパロボのライブラリでしか聞くことが出来ないのが寂しい。
キャプ翼・日向小次郎のタイガーショット「でいやぁぁぁーーー!!」は鈴置さんだし、 スター・スクリームも紫龍も伊達臣人もイエローも天津飯も斎藤一も肉の小西も、鈴置さん。


謹んでご冥福をお祈りします。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(2) | コメント(4) | 【01:38】 ギレン閣下の演説

2006.08.10

夢の月刊誌

よくおじゃましているブログさんで、食い付きたいネタ発見。

漫画家10人集めて新雑誌作るとしたら誰にする?
うーむ、実際のところ、売れる売れないってのが雑誌にはつきまとうのと、どの層をターゲットに据えるかで大きく編成も変わると思うのだけれど、これはなかなか難しい。

取りあえず、月刊誌。
看板作家は、
荒木飛呂彦(冒険モノ=ジョジョ第○×部)
岩明均(策士を描く歴史モノと見せかけて、スポーツモノとかな)

すでにこの時点で看板なのかどうかが甚だ怪しい気がするのだが、ここに、
平野耕太(当然熱いホラーモノ。多分ナチが出てくる)
沙村広明(時代劇ではなく青春群像モノ)
福本伸行(ここはやはり麻雀モノ)

を配す。なんというか、全く女性読者を無視しているような気がしてきたので、
西原理恵子(アクの強い家族モノ)
で一息つきながらも、ここで
野口賢(バケモノの出てくる新撰組モノ)
を押さえる。
野中英次(クロ高まんまでいいのだが)
で笑いを取っておき、
冨樫義博(バトルモノ)
は、毎号5ページでいいから休載なし(笑)。

ここに不定期連載で
巻来功士(何だか分からんけど気持ち悪いアクションモノ)
読み切りでたまに
木多康昭(何でもアリアリ)
を。

あ、当然巻末の四コマは、
駒井悠(初期そんな奴テイスト)
でガチ。

これで定価950円。
売れ・・・ないかなぁ。

記事URL | マンガ雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【02:31】 ギレン閣下の演説

2006.08.08

前触れ

20060808191540
さて、いよいよ接近してきたな、って感じやね。
嵐の前の何とやら、風も止んだ。火は消えてないし、土は腐ってないし、水は澱んでないけどね。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(3) | 【19:15】 ギレン閣下の演説

2006.08.08

台風、襲来

20060808134817
手前の雲ははっきり見えるのに、奥のは風が強くて流れてる。
風、巻いてるなぁ。やっぱり台風上陸するんやろか。
この暑さと強風、イヤやなぁ。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(4) | 【13:48】 ギレン閣下の演説

2006.08.06

天敵準備中

20060806134515
秋が花粉症ピークの私にとって、スギやヒノキよりも脅威の存在、キリンソウ。
くそう、おひさま浴びてスクスクと準備中か!
セイタカアワダチソウってのは因果な名前やなぁ。背高くならなくていいし!

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(11) | 【13:45】 ギレン閣下の演説

2006.08.05

うっ

立ちくらみするわ…ってより、軽い熱中症の気がする。視界がセピア色になってきた。
こんな時は、あわてて水飲む前に、財布に忍ばせてある小袋の塩を舐めるべし。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(3) | 【16:39】 ギレン閣下の演説

2006.08.02

夏い、なぁ

20060802133919
麦藁帽と虫かごと白い網がたまらなく恋しい、クレーム廻りの昼下がり。

あー。ミヤマクワガタ採りたい。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(4) | 【13:39】 ギレン閣下の演説

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。