--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2006.09.30

0円かぁ!

20060930195451
んー、画素数が落ちるのと容量が減るのは仕方ないかな。雨風を凌げて、かつ落とした時の保険気分を携帯できると考えれば、釣りにもトレッキングにも最適だろう。
…ゴツくて重いけどね。
新規のみ0円。
よし、買い換え決定。今のは解約。
スポンサーサイト

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(3) | 【19:54】 ギレン閣下の演説

2006.09.29

これで終わりじゃないぞ、もうちょっとだけ続くんじゃ

えーと。
FC2の管理画面にはブロガー同士の訪問履歴が残るので、この履歴をチェックしていればどのブロガーさんが訪問しに来てくれたのかが分かる仕組みになっています。
私のとこの常連さんの方も、活用されている方が多いですね。
ただ、私自身はこの機能、カットしてました。
どうもアクセス解析もそうですが、ブログを始めた頃と比べて一日何人お客さんがやってきたかとか、毎日更新するとか、そういったことがあまり気にならなくなってきたというのが理由です。

ところがどうもこの履歴を残していないと、ROMっていてもコメントを残すか、あるいは訪問先の管理人さんがアクセス解析を見ない限り、私自身がブログを辞めてしまったと思われてしまう可能性があるということに気付いたため、今さっきオンにしました。
いくら仕事に埋もれてて各地でコメントできないとはいえ、まだ生きてますよー(笑)。

いや、亀仙人ではないですが、『これで終わりじゃないぞ、もうちょっとだけ続くんじゃ』でお願いします。

記事URL | Blog Life | トラックバック(0) | コメント(4) | 【01:16】 ギレン閣下の演説

2006.09.26

ザ・ワールド21を使うのは不可能ゆえ

えー。
仕事上、かなりタフな扱いで腕時計を酷使するのですが、実は今年に入ってから二本、破損して修理を延び延びにしてました。
うち一本はかなり気に入ってたのになぁ。セイコー・スポーツ5のオレンジ。文字盤自体が回転しちゃうようになってしまったので、修理はかなり高額になるんだろうなぁ。

スントのヴェクターは山に登る時用に買ったものなので脇に置いておくと、実際に稼動状態にある私の所有腕時計は、電波式のタフソーラーGショックが一本きり。重いから普段はあまりしないホイヤーも電池切れで動きません。

仕方がないので遊皮が切れたまま放置していた年代モノDW-6100のバンドを買ってきて、自前で交換したものの、これも電池切れなのかなぁ。正常な表示がされないようになって動かなくなりました(泣)。
ちなみに前述の動かなくなったもう一本は、DW-003というモデルの、確か世界遺跡シリーズだったと思う。これは電池が切れてバックライトを点灯させると時間表示が消えるようになっちゃった。
うーん。
一本Gショックが欲しいなぁ。流行りは過ぎてしまったけれど、やっぱり便利なんですよね。特に野外好きとしては。
DW-5600FS-9JFって黄色のスピードモデルか、限定復刻したマッドマンが気になる今日この頃。オールドならジェイソンとかフロッグマンとか欲しいけど、目的が実用(しかもかなり酷使)なのでもったいない。


ああああ。
誰か詳しい人いませんか? 差し当たりDW-6100を動くようにしたいんですけど。説明書がなくなってしまって操作できません。ははははは。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【02:08】 ギレン閣下の演説

2006.09.23

ごくちち

出勤しようと、玄関へ。
リビングでTVを観ていたおとんから声がかかる。
おとん『何時頃になるんだ、帰ってくるのは』
流通業の土日に帰宅時間を訊ねるなよと思いながらも、わからん、と即答。
おとん『なんだよ、そんなこともわからねぇのか、オメェは』
うっ。
だからその、微妙に沖縄テイストの標準語は何とかならんのか。

というかな。

『ごくせん』の再放送観て、移ってるぞ、口調が!!
しかもなぜにおじいちゃんではなく四代目の口調なのだ。性別が異なるだろうが。


帰ってきたら、赤いジャージ姿で出汁巻き食ってたらどうしよう(笑)。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【13:41】 ギレン閣下の演説

2006.09.23

できておる喃

えー。
私は充分おっさんですから、エロ本を買うのも、エロDVDを買うのも、恥ずかしくありません。例えレジの担当が若くてかわいい女の子であっても、サラリと購入することが可能です。

少女マンガも同様。
『動物のお医者さん』や『彼氏彼女の事情』といった、比較的手の出しやすい花ゆめやLaLaはもちろん、ちょいと難度の高いリボンの『こどものおもちゃ』も当然、サラリと購入することが可能です。

が。
さすがに勇気を要するマンガに手を出してしまいました。
【カタパルト接続】

記事URL | マンガ雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【02:48】 ギレン閣下の演説

2006.09.21

曽我部さん、おつかれさま

鈴置洋孝さんのご逝去戸谷公次さんの訃報を耳にしたばかりだというのに、またも悲しいニュース。

2006年9月17日、曽我部和恭さんが食道ガンで亡くなられた。享年58。
自分の声に衰えを感じたとして、2000年12月31日に自ら引退。以降はほとんど出演することなく過ごされていたとのことだけれど、やはりショックは隠し切れない。
ガンダムの名脇役の一人、ワッケイン司令のケレン味ある演技も印象深いし、渋いところからギャグのツッコミまで幅広く魅せてくださった『パタリロ!』のバンコラン少佐役も忘れることはできない。
ブライガーのかみそりアイザック。
破裏拳ポリマー。
幽白の鈴木。
引退されていたとのことなので、演技途中のキャラクターなんかは後任していたから新録されることはもうなかったかも知れないけれど、心からお礼を言いたい。素晴らしい作品をありがとう。

謹んでご冥福をお祈りします。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【02:47】 ギレン閣下の演説

2006.09.20

たまねぎ日和

ファイナルファンタジーIII
スクウェア・エニックス (2006/08/24)

相変わらず激売れらしい、DS版FFIII。
先日再入荷したロットも、一瞬で完売したところが多かったみたいだ。中古価格が新品価格とほとんど変わらないという、ある意味最近のスクエニを象徴するかのようなソフトになりつつあるね。
古き良きスクウェア時代のリメイクは、息が長い人気なんだろうか。ロマサガ・ミンストみたいに。

それはさておき、クリアしました。
というか、とっくにクリアしてました。
最終的にはレベル64平均、ジョブはナイト/スパロウ(ルーネス)、導師/エドワード(アルクゥ)、風水師/シャルロット(レフィア)、魔剣士/アナキン(イングス)でした。
FC版同様、ラスボスよりもツーヘッドドラゴンの方が凶悪でしたね。嬉しい限りの再現率。

で、まあ、せっかく隠しイベントをクリアしたこともあってたまねぎ剣士にジョブチェンジできるようになったので、オニオン装備を収集しつつ、隠しボスと戦うために日々精進中。
現在、レベルは82平均。HPは7000前後。HPに関してはどうやらレベルアップ時の体力パラメータ依存のようなので、レベルアップ直前に空手家にジョブチェンジして戦闘→レベルアップするのがドーピング可能です。
ちなみにこれまでに回収したオニオンシリーズは、オニオンソード3振り、オニオンアーマー1個、オニオンヘルム3個、オニオレットはなし、オニオンシールド腐るほど。

レベル上げが(あまり)苦にならないRPGは久しぶり。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【01:21】 ギレン閣下の演説

2006.09.19

ルーツを探せ

廃材置き場

通勤途中の道すがら、建築途中の家の前にて。
最近はあまり見かけないけど、昔はこういう、廃材入れみたいなのが新築で棟上の済んだ家の前が必ずあった。
で、これが宝の山なんだわ。
大工さんや業者さんに一言かけて、よく貰って帰った。釘とトンカチで木を組み合わせては、得体の知れないオブジェや、耐久性のまるでないイスとかを作ったなぁ。
あと、竹の切れ端をしならせて、両端を紐で縛って弓を作るとかね。
ガンプラが流行する以前の私は、もっぱら木材専門だったから。

今思えば、私がゴチャゴチャ作ったり改造したりするのか好きになったルーツか?

あと、おがくず貰って帰ってヤキイモ焼くのも好きだったわ。
そっちはアウトドアの走りか?

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(5) | 【23:45】 ギレン閣下の演説

2006.09.18

ゼルダシリーズのファンだったならまだしも、そうでない人にはただのオッサンなんだろうなぁ・・・。


何というかね。
コレのデモ画面を見るたび、『おおっ!!』って思ってたんやわ。
ゼルダの(ある意味)名物キャラクターであるチンクルのスピンオフ。
そうくるか~ってな感じで結構楽しみにしてたんやけどね。
ふと目に付いた、デモのテロップ。


35歳独身男がしあわせ探しの旅に出る、


お金のやりくりRPG。



キューンとジョジョばりの擬音で、ココロが痛いよ。ママン。
ゲームして基本設定でヘコむってのは、なかなかない経験やで、ホンマに。
しかも、自分のHPの元が基本通貨であるルピーに左右されるってのも、また鞭打つ感じ。マウントでボコられて失神寸前に、テンプルに爪先のめり込むキックを食らったらあかんよな。ゲームの基本システムで。

私ぁ、HP一桁だよっ!!

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【23:37】 ギレン閣下の演説

2006.09.16

少数派?

20060916134419
好物。
焼き豚の硬い外側のところが大好きだ。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(11) | 【13:45】 ギレン閣下の演説

2006.09.13

寒いやん

けふはさすがにクールビズって言葉に限界を感じるわ。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(8) | 【13:18】 ギレン閣下の演説

2006.09.11

残酷な時代の流れのテーゼ

関西ブログ支部・脳立エヴァ教騎士団局長より入電。

いやぁ~。
発表されちゃいましたねぇ、『エヴァンゲリオン新劇場版』の製作が

前編・中編・後編・完結編の4部構成って・・・。

門田泰明の『特命武装検事・黒木豹介』シリーズじゃないんだからよぉ、ヲイ。

大月のインタビューによると、

・物語の時間軸はTVシリーズと同じだが、内容は全く異なっている。リメイクでも作り直しでもない”新作"。
・新訳Zとは違うアプローチで、大量の新設定も用意。
・TVシリーズをみていなくても楽しめる。内容はやさしくなるが、ボーッと見て分かるようなものにはしない。
・わざわざ難解な語句を撒き散らすようなテクニックはもうつかわない。
・TVシリーズを見返した庵野が「エヴァって面白い」といってくれて泣きそうになった。
・現状のアニメ業界に対するアンチテーゼとして、エヴァから始まった時代に幕を引くというのが制作側の心構え。

らしい。

・「リメイクでも作り直しでもない”新作"」ってコミックの時に散々使われた宣伝文句だし。
・「難解な語句を撒き散らすようなテクニック」を排除したら庵野には何が残るんだ・・?
・「庵野が(以下略)」って、そりゃキューティーハニーより面白くない作品なんて、なかなか撮れるもんじゃないだろ(あ。『デビルマン』があったか)。
・「幕を引く」というのが、最後でドカンと回収してハイ解散って目論見じゃないのか、ガイナ?

と、思わなくもないのだが、ヤシマ作戦のハイテンションがもう一度味わえるのなら、劇場に足を運んでお金払ってもいいと思っている。
・・・思っちゃうところが悲しい。ホントに。私、馬鹿ァ?

ガイナの負債に

サービス、サービス


ま、どーせ、

土壇場で公開延びるか、はたまた時間なかったというありきたりな文句で紙芝居観せられるんだろうけどな。

記事URL | 映画雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【14:49】 ギレン閣下の演説

2006.09.10

カットカット!!

十一月に桔梗の旦那が関西入り(と言っても、実際には名古屋で物産展を終えてから釣りしに来るだけだが)することが確定したので、ボンヤリと思考中。
旦那以外にも何人か集まる予定だし、今回はgenさんの顔見せもあるので、なかなか楽しみなんだけど、普通に出かけるだけだと、チョイと物足りないかなぁ。

学生の頃、自主制作映画のサークルを立ち上げて運営していたこともあって、すっごく久しぶりに編集作業なんかも面白いかなぁ、とも思ったりする。
要するにカメラを回しながら釣りをして、ソースを編集して、テロップやSEやBGMを入れて、ナレーションをかぶせる。
釣り番組を自前で作っちゃうというわけだ。
地味だけどとんでもなく楽しい作業なんよな。編集って。撮影も楽しいけど、裏方作業の方が充実感あったなぁ。

とか何とか考えてると、怖いもの見たさで10年以上昔の未編集のビデオテープを発掘して再生してみた。

あー。

なんだ。

そのー。

若っ!!

全身爆装状態で撮影したゾンビ映画。
ゲリラで撮影したから商店街が軽くパニックになったなぁ。
クチで「ボッ! ボボボボッ!!」って効果音入れながら撮影したカンフー映画。
酸欠で倒れた後輩が泡吹いてたなぁ。
深夜の公園で撮影してた青春映画。
女の子にキメ科白を吐いたあと、ブランコから飛び降りるシーンで勢い余って一周してきたブランコが、友人の頭に刺さって赤い水芸を披露したなぁ。

何より、

40度近い夏のまっ昼間、私がトレンチコート着込んで撮影してたら変質者と間違われて通報されたなぁ(笑)。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(5) | 【23:28】 ギレン閣下の演説

2006.09.09

人体実験の夜

女髪

さて、今年もやってきました、新商品の季節。
特にヘアケア商品の動向は、チェックしておかないとあかんのよね。
私はアレルギー体質なので普段は極力香料の入っていない物を身の周りで使っているもんで、顔を洗うのから身体、頭に至るまで、台所用の粉石けんで事足りるんやわ
とはいえさすがにこの時期はそうも言っていられない。お客さんにあれこれ訊ねられた時に困るのは自分自身やからね。
ってーことで、マイナーチェンジを除く完全新作商品を一通り試供してみますた。
※あくまで個人の使用感ですので、あしからず。

1.ラックス・スーパーリペア
傷んだ髪の補修効果を最も期待できると前評判だったのが、この人。
使った感じ、髪のコシというか、ストレート状態から髪を曲げた時の復元力は一番あったと思う。私の髪は太くて固いから、余計にそう感じたのかも知れない。指通りもいいし、引っかかりもなくて好印象。
パーマからストレートに戻したり、色を抜いたり染めたりした直後に使うと補修効果が顕著かも。
匂いはラックス! って感じ。

2.エッセンシャル・ダメージケア
これは二種類。
うち、ピンクの方のニュアンスエアリーを試供。ふわくしゅというか、ウェービーな人をターゲットにした方ね。
今までのエッセンシャルよりも若年層を意識した商品だけに、匂いも軽くて女の子っぽい。私はクセ毛なんだが、これを使った次の日は、髪が立ってて驚いた。ボリューム持たせる髪形が好みならオススメ。
詰め替えが同時発売なので、コストパフォーマンス高し。

3.ダヴ・アドバンストダメージケア
通称・青ダヴ。白ダヴもマイナーチェンジしてるのであんまり注目が集まってない気がするけど、個人的にはこれが一番使用感良かったな。
とにかく髪がサラサラになりますね。冗談抜きで、このサラサラ感は初めて。
逆に言えば、ワックスで立てたり、ミストで固めたりするなら、効果が活かせないかも。あくまでさらっと自然な感じでブローする人にはオススメするね。匂いはありきたりかな。

4.いち髪
アジエンス、TSUBAKIに続く、黒髪シリーズ第三弾。
さすがにシェアを独占状態の前2者に割って入るのは難しい・・・か?
山桜の香りってのがどうも桃にしか感じられないんだが。
ところが。
これ、もしかしたら独自シェア持つかも。アジエンスとTSUBAKIは香りの好みと髪の相性で選べばいいかなー、ってくらい、どちらも同じシットリ系。対していち髪はさらさら系。同じ路線ながらキャラがかぶらないのは新鮮だったね。


要は好みなんやけど、さ。
もっと詳しく聞きたい方はメールください。これ以上は書けません(笑)。

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【01:54】 ギレン閣下の演説

2006.09.08

やれやれだぜ

頼んでもいないのに、今年もひとつ、歳食ってしまいましたとさ。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(13) | 【02:46】 ギレン閣下の演説

2006.09.07

クリボー

20060907230927
『茄子とカシワのホワイトグラタンが食いたい』
何故、茄子ならミンチと合わせてブラウンソースでないのか、疑問は尽きないところだが、誕生日のリクエストなら仕方がない。
あとは型に入れてチーズ振って焼くだけに用意して、出勤。

で、帰宅したら。

茄子が神隠しに遭って、シメジとマイタケが入ってました。

…。
私、キノコって大嫌いなんよね。キノコの国を裏切った、クリボーの気持ちを想像してみる、そんな晩ごはん。

人の分まで食って、間に合わせで隠蔽するなよ、両親よ。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(4) | 【23:09】 ギレン閣下の演説

2006.09.07

『UDON』? そんなのズルズルに伸び切ったら、ただのスイトン以下じゃないか

指とヘルペスの治療で病院に。
待ち時間がとんでもないことになっていたので早々に待合室を脱出し、『UDON』を観てきました。

はぁ?

なんですか、コレ??


ってな、年末のフジ系列二時間ドラマスペシャルの再放送編集バージョンって感じの作品です。
本広克行、「踊る大捜査線」シリーズで群像劇を描かせたら出色として評価された監督ですが、『TVで』ってぇキャプションいるんじゃないか? それと、群像劇以外は描けないのではなかろうか。
1クールの長尺でこそ、伏線や縦糸のストーリーを仕込んでいって、持ち味を活かす監督ってことなんでしょうかね。『サマータイムマシン・ブルース』は面白かったのになぁ。・・・上野樹里の演技に相当オンブにダッコではあったけど。

ペラペラのストーリーはともかく、テンポ最悪。細かいエピソードを積み重ねて一本筋を通すなら、『ラブ・アクチュアリー』を4000回くらい観てからカメラ回せと言いたい。
ムダに豪華な脇役・チョイ役も、ダメダメの風格タップリ。
大体な。

カメオ出演ってのは、

演技の達者な役者さんが、

ホントに端役で出てくるから存在が光る


のであって、豪華キャストを出演させて見せ場作るためだけに(かどうかは分からないけど、観てる限りそうとしか思えない)シナリオひねり出して差し込んだエピソードの数々を積み重ねたって印象。
こういう作り方を始めると、ほぼ100%その監督の才能は枯れてる。『サトラレ』の頃の瑞々しさ皆無。

仲良しこよしの仲間内で作った自主制作映画を、

チケット手売りで学校の文化祭で上映してるんじゃないんだぞ。


たまーにおるんよなー。
おあげさんも、天ぷらも、天カスも、ワカメも、トロロ昆布も、卵も、コロッケも、なんでもかんでも具をブチ込んだら、うどんがゴージャスになるって勘違いしてる奴。

素うどん食ったことないんかい!?

記事URL | 映画雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【00:15】 ギレン閣下の演説

2006.09.06

お赤飯

20060906233346
飛曹長の誕生日。
本人はお赤飯食べる前に飲んだくれて、床に転がってます。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(3) | 【23:33】 ギレン閣下の演説

2006.09.04

撲殺

20060904230126
バハムートを殴り殺すノ図。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(7) | 【23:01】 ギレン閣下の演説

2006.09.04

ポン菓子

ポン菓子って関西での呼び方かなぁ。お米を爆発させて作るやつ。
で、あれを水飴みたいなので固めてバーにしてあるお菓子あるやん? 正式名称はちょっと分からんけど。

ちょうど私の左上半身、あんな感じでボコボコになってます。ヘルペス。痛痒くて身をねじることができません。

とりあえず寝ます。

記事URL | moblog | トラックバック(1) | コメント(7) | 【16:36】 ギレン閣下の演説

2006.09.03

宴の終わり

まあ、いくら九月に入ったとはいえ、飛び石でまた土曜ってんだから、ユトリ教育様サマなんだろうけどな。
あからさまに夏休みでなくてもガッコに行っていないコドモが、『あー。あっついなぁ。まだ夏休みでええやん』とか言いながら、ダベっているのは如何なものか。

あ。

いや、暑いから休みでもええんやけどな。

なぜビキニ姿の中学生くらいの女の子二人が駅の構内でウンコ座りしながら太股ボリボリ掻いてるのかが理解できん。つーか、パレオってのを初めて生で見たぞ、私ァ。しかも、何よりそれの相手をしているのが、ループタイをファッションリーダーと信じて止まない、目付きのやたら鋭い初老のおっさんなのかが輪を掛けて理解不能。
プチ剣客商売の世界か?

カオスだ。

あまつさえ、おっさんの『じゃあ、ここで始業式やろか?』って言葉に応じて三人で君が代を熱唱し始めた姿は、ダメージ限界突破で神々しささえ感じたほどだ。

おい。
石原よぉ。
凶悪な殺人や犯罪を罰するのに、年齢制限はいらん。それにゃあ拍手をもって首肯する。
けどな。
中高生をセックス禁止で締め付ける前に、ユトリ教育ってのを考え直す方がやっぱ、先やぞ。

あと、中高生ではなく中高年の性欲の方こそ締め付けせいって。
交通安全週間でネズミ捕りするよりも、夏や年末はいっぱい捕まえられると思うぞ。


・・・新手の補導員?
それはないなぁ。
【カタパルト接続】

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【00:05】 ギレン閣下の演説

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。