--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2007.01.31

300円の振動

20070131133258
オープン記念で通常500円のところ、300円だったので、ネタに乗ってみた。

すげぇ。10分間、腹の肉が揺れてるのを実感。何だこの敗北感は。

インストラクターのおねえさんの言葉によると、中腰で姿勢維持すると腰と太股、ふくらはぎを強化できるとのことだったので、後半5分は空気椅子を心がけたのだが(手すりはあるけどね)、…確かに。つらい。

筋肉痛が当日に来てよかったと胸を撫で下ろす、今日この頃。
スポンサーサイト

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(5) | 【13:32】 ギレン閣下の演説

2007.01.29

DAT萌え

DATっす

第一巻の内容のシブさに、続きが気になっていたガンダム漫画。
いや、ガンダムってのは何でもかんでも冠に名前つけて商売にしちゃうところがあるし、設定は当たり前のことながらどんどん後付けで公表しちゃうから、いかにもな隙間を埋めるストーリーってのは実はあまり好きではないのだけれど、この作品は大好きだ。
一年戦争時のカイも人間臭くて好きだったし、Zの頃のカイも大好き。新訳Zの登場も、かなり嬉しかったからね。

作者のことぶきつかさがガンオタであることもあって、ジャケットの裏にはこんなサービスまで。
裏表紙

これ、ホントにシブい。
これ読んでて、ついつい我慢の堤防が決壊。
マリーネカスタムの次は・・・。 【カタパルト接続】

記事URL | マンガ雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【18:37】 ギレン閣下の演説

2007.01.27

平成生まれは知らないだろなぁ

20070127114353
なつかしー。
仕事柄、お金は取り扱う機会が多いけど、こりゃまた随分とご無沙汰ぶりで再会したよ。
もちろん現行の読み取りレジではスキャンできず、『破損貨幣』としてハネられてたから、お目にかかれたのだけれど。

小学生の頃、お小遣いに貰っていたこの紙切れが、趣味の全てを賄っていたんよなー。
朝六時に量販店に並んで整理券貰って、1/144のアッガイ一個と耐水ペーパーと塗料一本買ったら、あとは一ヶ月それをいじって遊んでた。
Gアーマーなんて、二カ月分の財政をつぎ込む大型投資だったからね(笑)。
それに比べたら、贅沢になったもんだ。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(24) | 【11:43】 ギレン閣下の演説

2007.01.25

焼っきあがり~

20070125235250
どうも風邪っぽいので、ニンニクとニラの補給。
包んでから冷蔵庫で一晩寝かしておいたから、かなり上出来♪

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(2) | 【23:56】 ギレン閣下の演説

2007.01.23

ホント歯痒いねぇ。全く進まんぞ、おい。

第四回仮組

何だかほとんど進んでいないように見えますが、少しずつ時間取っていじってます。
つーかこれ、ホントに完成するのか怪しいと思い始めてきた今日この頃。

記事URL | シーマ様のモビルスーツを! | トラックバック(0) | コメント(3) | 【01:03】 ギレン閣下の演説

2007.01.19

プレ健康診断

医務兼仮眠室に握力計があったので、測定。
右手なぁ。義体化したいぜぃ。細い銀時計は巻かないがね。
真冬で腱鞘炎は痛む時期。おまけに人差し指の骨折後リハビリ中。
で。

12キロ。

マジっすか!?

二桁久しぶり。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(0) | 【14:00】 ギレン閣下の演説

2007.01.17

よう。久しぶり。

手帳たち

自慢ではないが、私は手帳を上手く使いこなせない種類の人間だ。
従って、梅雨を迎える頃には手帳の役目を終えたパルプの綴じ紙がメモ用紙に取って代わっているなんてことはザラ・・・、というか、毎年の恒例、もはや風物詩ですらある。
もっとも、それが分かっている上で、一応給金で糊口を凌いでいる者の常として、それなりに毎年末には気分を改めて手帳を購入するという儀式には参加しているわけだが。

ここ数年はイノヴェーター、そのまえはオレンジページの手帳を使っていた。前者は紙質が個人的には大好きで書きやすく、後者は質実剛健さが気に入っていた。それよりも前になると、システム手帳。大学生の頃は講義管理に活躍していたな。

引っ越しの時、唯一処分できなかった、私の最後のシステム手帳。
そうそう、毎年毎年見栄張ってそこそこお金かけた手帳買ってたのに、この手帳を買った年末は有馬記念でボロ負けして、選択肢なく無印で買い揃えたんだっけ。
例年なら初夏くらいまで飽きるのを騙し騙し使い込む手帳。
それが真新しいまま、12年間放置してある。
大学の後期試験初っ端、西洋哲学史の試験の前日に予定を書き込んだまま、以降のスケジュールを失ってしまった手帳。
その数ヵ月後、この手帳に最後に追加して書き込まれた言葉はたった一言、『もうこれで終わりだと思いたい』という、今思うと甚だ的外れな言葉なのだけれど、20歳とそこそこの若造は、必死で何かを残そうと考えていたのだろう。
もう会うことの出来なくなった友達たちと、それぞれ最後のお別れをした日を書き込むことに、果たして何の意味があったのか。
当時の私にそれを見つけることは出来なかったけれど、12年経った今、真新しい手帳を繰りながら取って置きのフォア・ローゼスのプラチナを飲むことが出来るようになった。
また、来年な。


このエントリーを上げたら、またいつもの腰痛持ちのオタクのおっさんに戻ります。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(5) | 【23:22】 ギレン閣下の演説

2007.01.15

暮れてくると

20070115165239
やっぱり寒くなる。真冬だから当たり前だけど、影が長い時間帯は身に凍みる外回り。

あー。かみすぎて鼻の下がガサガサや。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(3) | 【16:52】 ギレン閣下の演説

2007.01.10

ソニー帝国相手に死のギャンブルなんて久々にワクワクするぜ。俺の命、そっくりチップにしてDSに賭けるぜ!

現在、アドバンス版FF6をまったりプレイ中。いやー、ゲームはDSで充分ですね。
以前もエントリーで上げたけれど、私は基本的にはデフォルトの名前でプレイしないのが信条なので、当然今回もリネームリネーム。
6は登場人物が物語の進行に合わせて徐々に集結する形式なので、まだ全員と出会ってはいませんが、今までの進捗状況では、

・トレジャーハンターにして冒険家のロック君、大という名に改名。・・・を断念して海賊スパロウ。
・メインヒロインのティナ、ポニーテールなので迷わず美沙・・・にはせず、ここはフランス娘シャルロット。
・マシーナリーの王様エドガー、ここは意味深にデッカード。ブラスターって機械があればいいのに。
・その弟、筋肉だるまマッシュにはヒックス。ショットガンは持ってないけどな。
・出て来い出て来い暗殺者、シャドウってどうよ。まあ、ちんけな強盗なんですけど、ここはレオンと命名。
・美貌の常勝将軍、セリス嬢。オペラの見せ場のあるし、いっちょクラリスで。
・ござるござるの必殺剣をひっさげたカイエン、どうもイメージが違うけれどヘイゾウ。
・ガウ。うお、使い難いなぁ、とりあえず元ネタ的にヴィクトール。
・FF史上で私が一番好きなキャラ、セッツァー。コーディネートイベント大好きだったなぁ。稀代のギャンブラーならここはフッカーかエディ・・・なんだけど、年齢的にヴィンセントに。ちなみに変態美形ガンマンじゃないよ。

を仲間にしたところ。
前にも少し書いたけれど、このFF6、実は私は『FFは終わった・・・』と偉く落胆したタイトルだったんですね。
リアルタイムでコンピュータRPGの急速な成長を体験してきたスノッブゲーマーだった当時、革新的な「中世ヨーロッパ的なファンタジー世界」から脱却を図ったFFが極めて違和感あったのがその原因。・・・だったのだと思ってました。6の世界はまさに7のミッドガルに直結する感じですしね。
今回プレイしてみて、もちろんその辺りの世界観ももちろんのこと、当時私が感じた終末感を再度感じて『あー、なるほど』と思いましたよ。
今もってFF史上最大人数のプレイヤーキャラを立てて捌くため、序盤と世界崩壊後(まだそこまで進んでないけど)のミニシナリオがそう感じさせたのでしょうね。
FF=レールを敷かれた紙芝居って図式を強く体感したんだと思います。
世界中を色々駆け巡りながらも、「自分で動かしている」のではなく「物語に動かされている」感覚が、私の中で相容れないものだった、ということなんですね、きっと。でもまぁ、今や自由度高い一方の雄DQにしても、私の忍耐力では石版集めすら完遂できずに投げ出したままシリーズを放置しているのですが。

なんにせよ、昔のFFは面白いですわ。
ただ、6と5のどちらを買うかで激しく迷った時、店頭のデモDVD観て6に決めたんですけどね、一言だけ言わせてください。
アドバンス版はセリフ横にキャラの顔が表示されるんですよ、ええ。
私がスーファミ期FFの中で最も好きな5を切り捨て、あえて6を選んだ最大の理由。

【カタパルト接続】

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【01:13】 ギレン閣下の演説

2007.01.09

詰まってるのはアンコではなく、ましてや希望って訳でもないの。…ただの肉。

20070109161224
年が明けてから2日間しか正月休みなかったのに、お腹だけは食っちゃ寝した様相を呈しているような…。
この人のお腹みたいにならないよう、運動を強化しなければならない状況切迫の予感。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(6) | 【16:12】 ギレン閣下の演説

2007.01.06

マリーネカスタム製作06・いろいろいじってました

マリーネ・シーマカスタム

HGUCのキットと、同じくHGUCのシャアゲルをニコイチして製作中のゲルググマリーネ・シーマカスタム。
(ちなみに15年以上のブランクのあるおっさんが、怪我した指のリハビリを兼ねて作ってるので、設定と基本工作のセオリーとは無縁です。よって製作記としてはほとんど意味がありません。メモに近いです)

エントリーを上げずにいた間も何やかんやといじってました。まあ、遅々として進まないので完成は程遠いのですが・・・。


【カタパルト接続】

記事URL | シーマ様のモビルスーツを! | トラックバック(0) | コメント(3) | 【17:35】 ギレン閣下の演説

2007.01.05

バトルマニア

なんつーか。
人の道に激しく踏み外したブツであることだけは、確実なのだろうけれど・・・。

【カタパルト接続】

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【00:11】 ギレン閣下の演説

2007.01.03

専用だからって三倍乗れる訳じゃない

20070103132105
このピンクの警告から解放されるのも、今日限りかぁ。
さて、お仕事お仕事。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(5) | 【13:21】 ギレン閣下の演説

2007.01.01

あけました回顧主義、おめでとうございます

アドバンスFF6

年末の忙しさも相まって、プレイ時間があまり取れなかった『ワイルドアームズ5thヴァンガード』を売却してきました。
4で一新された戦闘システムにこだわるあまりに冗長になった感が否めなかったし、金子がメインのシナリオライターからプロデュース寄りになったことも割引。このシリーズは3以降、戦闘で演出のサービスと過剰さとを取り違えてしまったまま、今に至る気がします。正直、ベスト版の中古で充分。だもんで売却してアドバンス版のFF6と入れ替えました。
いや、FF6もかつて、私自身が『FFは終わった』と見翳った作品なんだけどさ、12年経った今、自分自身がどう評価できるかを試してみたくてね。


ゲームに集中できなくなってきたことも事実だし、回顧主義といわれるかもしれないけれど、ま、おっさんがクダ巻く当ブログを今年もよろしくお願いします。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【23:10】 ギレン閣下の演説

2007.01.01

みんなやるよね?

20070101033827
うーむ。
見事に青い機体だ。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(5) | 【03:38】 ギレン閣下の演説

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。