--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2007.06.30

あっつー

20070630172407
さっぱり酢飯が食べたくなったので、生節の葛絡めにして寿司にすることにした。
スポンサーサイト

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(0) | 【17:24】 ギレン閣下の演説

2007.06.30

ハイザックカスタム製作05・やすってばかりだよ



製作途中で煮詰まってしまったHGUCゲルググマリーネ・シーマカスタムの息抜きに、チマチマ作り始めたハイザックカスタム。
(ちなみに15年以上のブランクのあるおっさんが、怪我した指のリハビリを兼ねて作ってるので、設定と基本工作のセオリーとは相も変わらず無縁です。よって製作記としてはほとんど意味がありません。メモに近いです)
目標は完成させること。積みプラも未完成品もこれ以上増やすのはどうもなぁ。ははははは。
というわけで、改造はお手軽に。

まとまってプラモ作る時間が取れないのが痛いところで、チマチマと1日30分とかの作業をしたかと思うと3日間放置とか、そんな感じでした。
【カタパルト接続】

記事URL | 10機目が百式だったのが運の尽き | トラックバック(0) | コメント(2) | 【13:50】 ギレン閣下の演説

2007.06.29

肉希望

なんつーか、ここまでひどいと失笑してしまうよなー。ミートホープ。
つか、なんてーかさ。
ある意味斬新だったわ。
あんなにワケの分からないものや不衛生な食材ぶち込まれたコロッケ食ってたんだぞ?

なかなか死なないもんだな、人間ってやつは(陸奥九十九:談)

敵は中国だけじゃないと思うぞ、マジで。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【00:07】 ギレン閣下の演説

2007.06.26

ヘルメット

20070626024150
目つきを悪くして、頭をヘルメット化。間に合わせでモノアイを貼っ付けてみた。
やっぱりザクはこの、ギョロッ! がカッコいい。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(2) | 【02:41】 ギレン閣下の演説

2007.06.25

日常に潜む違和感

20070625172320
家電量販店にて。
まあ、在庫があって然るべき商品ではあるのだが、釈然としない違和感を感じる。
つーか、こんな明るいとこで売ってもいいのか? これ買う人の目的は十中八九決まってるだろうし。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(5) | 【17:23】 ギレン閣下の演説

2007.06.24

えらく無骨になってきたぞ

070624_0310~0001.jpg

脚の形状変更点、および両肩の粗方の形を決定。
一部の仮組をマスキングテープから真鍮線に変更、それに伴いフロントアーマーの大きさを一回り大型化、膝アーマーを小型化。

ディテールと細かい作りこみは置いておいて、全体像としてはあとは頭と両腕か。とりあえずは順調・・・なのか?

記事URL | 10機目が百式だったのが運の尽き | トラックバック(0) | コメント(5) | 【02:34】 ギレン閣下の演説

2007.06.23

エリクサー

20070623141641
エリクサーみたいにHPMP完全回復!

…したら、ある意味身体には激悪そうやよね。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(2) | 【14:16】 ギレン閣下の演説

2007.06.22

結局プラ板工作

20070622023659.jpg

積層+エポパテ。
代わり映えしない古典的な手法を用い、あとはゴリゴリゴリっと。
大まかな全体像が見えてきたような、ほど遠いような…。

記事URL | 10機目が百式だったのが運の尽き | トラックバック(0) | コメント(2) | 【02:36】 ギレン閣下の演説

2007.06.19

呉には海軍基地があったのよ

小耳に挟んだニュースでは、90歳の女性にわいせつな行為を行った男性が逮捕されたとか。
普通は有り得んと思うでしょ?
熟女フェチ・・・の極度の奴か?
まー、こういうのは年齢差ってのがポイントなわけで、例えば29歳の男性が『くぅぅ、このアイドル俺様を誘ってやがるぅ。くうぅっふぅ~』とか14歳の女の子に対して言ってたら問題あるわけだが、この尺度を拡大して、45歳の男性が30歳の女性に対して『くぅぅ、このオンナ俺様を誘ってやがるぅ。くうぅっふぅ~』とか妄想しても問題はないわけですよ。・・・一応はね。
ところが、実際歳を取ると、こういうロジックはあまり信憑性がないと思うこともままあったりする。
例えば私、34歳のおっさんが女性を認識するとして、
15歳→守備範囲外。犯罪。幼女寄りの女の子。
20歳→かろうじて守備範囲。限りなく犯罪。女の子。
25歳→守備範囲。でも若いよなー。女の子。
30歳→守備範囲。年下。女の子。
35歳→守備範囲。同い年。女の子。
40歳→条件付守備範囲。年上の女性。
となるよな。
そうなんよ。自分が歳を取るに連れ、『女の子』ってのは自分の実年齢と共にその範囲を徐々に広げていくモンなんよね。でも、これを弐〇の男性からしてみたら、30歳の女性を『女の子』とは呼ばないでしょ?

この辺りがポイント、

私が昔勤務していた老人福祉某施設では、有名なじーさんがいましたよ。御歳80くらいだったと記憶します。
ええ、思い切りモテるんですよ。それも複数の女性から。
ここが寛容な点で、下は50代後半、上は90代前半。
これってすごいでしょ?
80のじーさんが60歳の女性と腕組んでブチューと糸引きそうなディープキスなんてしてたものなら、ほかのじじいどもの殺気たるや、

『クッ、地球が震えてやがる!!!!!』

てな感じでしたからね。

『この鬼畜ロリコンが、てめーが呉所属じゃなかったらブチ殺してるところやぞ!?』

ってーセリフが沸いて出てくるくらいのね。

このじーさんがまた、床上手なんよ。施設の待合室で談笑してたと思ったら、次に目をやった瞬間、桑原和男師匠でおなじみのおっぱいを惜しみなくサービスしながら『堪忍してぇ』と涙声でソファに沈むおばあちゃんを、数人見かけましたが・・・。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【02:15】 ギレン閣下の演説

2007.06.19

イメージと理想

梅雨ってのはなくてはならないものなんで、近畿の水瓶琵琶湖の水位を引き合いに出すまでもなく雨にゃ降って貰わないと困るものなのだ・・・が、接着剤とエポパテの硬化が思うように進まないのが困り者。
この湿気はどうしようもないなぁ。
つーことで、OVA『ヘルシング』の三巻を繰り返し観ながら陸ガンをパチ組して過ごす。

んー。

ヤッベ。マクスウェル、ヤッベ。
まだレコンキスタ発動前なのに、登場して即、声が出来る子だ。
ヤッベ。伊達男、ヤッベ。
マジ豚の悲鳴を上げてるぞ、大塚。カッコよ過ぎ。

それに引き換え・・・。

陸ガン。
パーツの構成、抜き、造形、どれも最新キットの名に恥じない出来。
よく動く。
カッコいいスマートさを保ちながら、MIA並みにこれだけ可動させるというのは、もはやプラモって域を越えかけてるといっても過言ではないかも。旧キット出身としては。
なんだけどね。
カッコいいのに、どうもしっくりこない。
私は『形はこうなってますよー』程度にしか設定を考えてませぬ。
シーマカスタムにしても、隠れハイザックにしても、どう考えても立体化できないデザインや解釈というものもあるし、根源的に私のウデ、それに怪我の影響からいまだ抜けきらない指の動きでは再現するのには限界があるし。
設定画至上主義ではないから、どこがどう違うというのではないのだけ
れども。
微妙に設定画とかけ離れてるよーな?
加えて、私は復帰する以前から可動ってのをあまり重視してませんでしたから、すぐに劇中のイメージ重視で関節を切り飛ばして固定ポーズにするクセがあります。まぁ、これは旧キットのクオリティではそうでもしないとカッコいいポージングが不可能だったという事情が根底にあるのですが。
だから自分なりの作中イメージを持ってる機体を作りたがる傾向にありますし、また、そのイメージに支配されたシルエットに近づけたがるのですね。
シーマカスタムにしても、隠れハイザックにしても、ある意味その極地であるつもりですし。


ということで話を陸ガンに戻すと。
『ガンダム』という名のつく機体の中で、私はこの陸ガン、好き好きランキングの上位に入りますよ。
ブッちぎりの一番はデンドロビウム、次点はMK-II、以降はEz-8と試作2号機・・・そして陸ガン。特に『震える山』でノリスのグフカスタムと対峙した際のサンダース機は、長物スキーな私にとって格好の好物ですよ。
そのシーンのイメージが強いのかなぁ。
マニュアルの写真ほど酷くはないにせよ、気になるところが。
・首が短い。
・腕が長い。
・足が細い。
・足首が高い。
・接地性が悪い。
実物を見た限り、ボディの無骨さと大きさはあまり気にならない・・・というよりも、むしろ陸戦型なのでこのくらいオットコマエの方が好みだし、フェイス一体型の顔もモールドがシャープなので、多分バラすことしなくてもスミ入れしたらハンサムになると思うのだけども。
キットとしてのデキがいいだけに、弄るとなると相当キツいだろうなぁ。単純に脚だけ見ても、パーティングラインを殺す加減上、左右分割ではなく前後分割なのですよ。プラ板挟めません。ブロック毎にばらすのは泣くほど大変。


さて、Ez-8もどうせ同じ金型を改修して発売になるだろうから、今のうちに改造方法を模索しておきたいところなんだけどなー。

記事URL | プラモデル雑記 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【01:47】 ギレン閣下の演説

2007.06.17

ハイザックカスタム製作04・ガンダリウム合金



製作途中で煮詰まってしまったHGUCゲルググマリーネ・シーマカスタムの息抜きに、チマチマ作り始めたハイザックカスタム。
(ちなみに15年以上のブランクのあるおっさんが、怪我した指のリハビリを兼ねて作ってるので、設定と基本工作のセオリーとは相も変わらず無縁です。よって製作記としてはほとんど意味がありません。メモに近いです)
目標は完成させること。積みプラも未完成品もこれ以上増やすのはどうもなぁ。ははははは。
というわけで、改造はお手軽に。

なんだかんだで色々手を入れてたら、キットのままの部分がどんどん少なくなってきた・・・。
早く完成させて陸ガン買いたいのだが。

【カタパルト接続】

記事URL | 10機目が百式だったのが運の尽き | トラックバック(0) | コメント(2) | 【01:04】 ギレン閣下の演説

2007.06.14

ちゃーんちゃらちゃーんちゃらちゃっちゃっちゃぁーーーーーん♪



このところ、このままじゃいかんと思い立つ毎日。
あからさまに『過労死』とか『胃潰瘍』とか『吐血』とかがマブタの裏に浮かんでは消える日々是戦闘ですよ、ええ。

正直、働いても働いても「諸般の事情」という、世間では水よりも非常に重いとされているネビュラチェーンでグルングルンに大岩に巻かれている状態なので、

『フフン、生憎とオレの聖衣は黄金の血など必要とせず再生するのでな・・・』

なーんて敵の真ん前で両目瞑って一人ゴチたりする根性は中々醸し出せない訳ですが、さすがに死ぬかもと思うとそうも言ってられませんよ、兄さん。
ちょいと真剣に考えますよ、ジョブチェンジ。
アビリティに

・過労死回避

と、

・女性捕獲可能職場

があれば、とりあえず満足です。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【00:40】 ギレン閣下の演説

2007.06.11

リアルタイプ

20070611110648
シローとカレン、怖いよ。つーか、黒騎士物語に出てきそうだ。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(4) | 【11:06】 ギレン閣下の演説

2007.06.09

ハイザックカスタム製作03・色々いじってみた

070521_1754~0002.jpg

製作途中で煮詰まってしまったHGUCゲルググマリーネ・シーマカスタムの息抜きに、チマチマ作り始めたハイザックカスタム。
(ちなみに15年以上のブランクのあるおっさんが、怪我した指のリハビリを兼ねて作ってるので、設定と基本工作のセオリーとは相も変わらず無縁です。よって製作記としてはほとんど意味がありません。メモに近いです)
目標は完成させること。積みプラも未完成品もこれ以上増やすのはどうもなぁ。ははははは。
というわけで、改造はお手軽に。

安直に改造を始めて後悔すると言うのはまぁ、よくある話なのだけれども(笑)。
【カタパルト接続】

記事URL | 10機目が百式だったのが運の尽き | トラックバック(0) | コメント(3) | 【21:44】 ギレン閣下の演説

2007.06.08

すさまじい・・・・・・なんてあきれた生物だ。ヤバイ相手だぜ・・・・・・。

暑い。
蒸し暑さ炸裂。
こんな気候が続くようなら夏にはバッチリ痩せられそうなもんだが。
あんまり暑いので、まだ六月の初旬だというのに家の中ではTシャツとトランクスで徘徊するおっさん。

しかし、しかしだ。注意が必要だぞ、ナイスガイ共!
かつて一度記事にしたことがあったけど、

ま・・・またまたやらせていただきましたァン!!!

トランクスの隙間から侵入したモスキートに、精子製造工場を強襲されたぞ、おい。
つーかな、蚊。
お前、おっさんの局部から血を吸って、旨いのか?
・・・と私は問いたい。

か・・・痒い! 鋭い痒みが ゆっくりとやってくるっ!

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【23:29】 ギレン閣下の演説

2007.06.06

線路は続くよ3年間

出勤途中の電車車両内にて。
向かい合わせに陣取り、座席の上に胡坐をかいている女子高校生が数人。
どうでもいいけど電車の中でおべんと食うのはやめろと心底思うのだけれども、そんなことをこれっぽっちも考えていない様子で4人が話し込んでいる。
A『マッジヤバイって、乳でか過ぎるから男子見てるやん、いつも。ガン見やん?』
まー、自意識過剰ではないだろうが、その前にポロシャツのボタン全開で屈むな。
C『てか、なんでオトコって乳ばっかみるんや?』
ばっかとか言うな。ばっかとか。他も見てるぞ。
D『パンツもや、すぐ覗くやん。B、お前見られすぎ。なんでスカート直やねんって話や』
いや、だったら短い制服のスカートで、胡坐かくなよ。向かいのおっちゃんが席を立ったじゃないか。
B『ウッソ、なんで見せなあかんねん、うざいわ』
そこまで言うなら、まずはくるぶしまであるスカート履いて通学しろって。
C『キモい』
「ヤバい」と「キモい」と「かわいい」以外の語彙がないのか。
D『あっしはお前らの乳見てる方がええわ、オトコのピー(自主規制・車中言語のまま)なんか見たないし』
すまん、こちらも君のは見たくねぇ。

何というかな、んー。

心配するな、賞味期限は人それぞれだが、少なくとも「高校生」という商品ブランドでちやほやされる期間はそう長くない。三年で終わりを告げるから。
そこから先、それでも同じようなことを口走ることが出来るなら、それこそとことんオトコが不甲斐無いということなのだろうが。
でもな。
これだけは、言っておく。

乳は問題じゃねぇ。むしろ尻だ、尻。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【00:07】 ギレン閣下の演説

2007.06.02

伊達男

えー、職場の上司が転勤になりました。
割と遠方に異動が決まったので、先方への着任にはまだ間があるのに送別会。気乗りはしませんが出てきました。
なんというか、あれだね、こういう時オタクってのは困る。
どーせロクに飲み食いできないのに会費を払う悲しさよ、『あー、あんだけあったらヘルシングのVOL.3買えるのになー』とか。

とにかくムダに長い飲み会の二次会で、一部オーバー45のおっさんによくありがちな、
『おーおーおー、オレの男気見せたるきに。ほいじゃあここはひとつ、無礼講ということで、日頃思うちょるオレへの意見を忌憚なく聞かせてみぃや。んーーー?』
という雰囲気に。
こういう懐の広さを吹聴する輩に限って、了見が狭いってのは仕事絡みの飲み会の鉄則だから、あんまり深入りしないように私は端っこでウーロン茶飲んでましたよ。
動いてナンボの職場なのに、オーダーメイドのスーツに、ワインレッドのネクタイ。着るものにお金をかけ、身だしなみにはうるさい伊達男だ。あんま地雷を踏むなよ・・・。
って。
やれ、足が臭いだの。
やれ、いつもスーツを着ていて近寄りがたいだの。
やれ、仕事が出来るから恨まれるだの。

踏みまくりかい!

まー、当たり障りのないところまではよかったんだけど。
新入社員君の一言で場が急変することに。
やれ、香水臭い。
やれ、かわいい女の子にだけ優しくする。甘い。
やれ、健康診断ヤバイ。メタボってる。
あー。あー。あー。
言いたい放題だな、おい。実際どこにいても臭いだけで探知できるくらいタクティクスのつけ過ぎと、セクハラまがいのおさわりは茶飯事だけど。健康診断要精密検査(肝臓)だし。
当然おっさん、梅干をつっ込んだお湯割り焼酎をテーブルに叩き付けましたよ。

了見、狭ッ!!

挙句、「あの時はオレが助けてやった」だの「礼儀がなってない」だの、説教を始める始末。
こりゃ堪らん。
新人も世間が狭いとも言えるがね、おっさんが大人気ない。そもそも自分が振ったんだからな。

私『と、まー。こういう指示をいただけるのも本日限りとなるわけで、ご指導いただいてもただ豚のようにブヒブヒ唸るだけだった私達の不勉強さが身に染みます』
おっさん『お? そうかそうか』
私『この辺りで盛り上がってきたことですし、もう一杯グイっとどーぞ』
おっさん『おーおーおー』
グビグビグビ。
私『では無礼講、もっともっと呷りましょう。そして・・・。

豚のような悲鳴をあげろ!!

せーの』

ブヒーーーーー♪

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【21:25】 ギレン閣下の演説

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。