FC2ブログ

2007.08.23

クロックス・エンデバー

マイ・ケイマン

『立ち読みのススメ』あるてぃさんが以前記事にしていたけれど、今年に入ってから人気が出て巷に流行っているウレタン系素材製ポーテッドサンダル。入ってくるのが早かったのでクロックスが日本では有名ですが、実は突出してクロックスが高名というわけではありません。各社多様な素材を選ぶことで差別化を図っているようです。

元々はアウトドア用のコンフォートサンダル――要は手軽なつっかけ――として開発された経緯がある商品群で、トレードマークともいえる穴が、『トムとジェリー』に出てくるチーズみたいにボコボコ空いているのは、通気性と水捌けを確保するのが目的。
例えば狭いカヌーの船内で、水しぶきで濡れても平気、おまけに汗で蒸れることもなく、水にもザブザブ入れるというのが当初の目的だったのですね。
ところが。
人間、ラクを覚えるとどんどんズボラになるのですね。
私は上陸当初にアウトドア仲間から勧められて以来、ひっそりとクロックスを履いていますが、もうね、ラク。とにかく、ラク。
素材全体が柔らかいので、足の裏全体が沈み込む感じで、かつフィットするので履き心地は抜群。軽いし、蒸れないし、抗菌素材なので臭くもならない。初めてナイキのAIRを履いた衝撃を再び味わえます。雨で濡れたタイルや鉄板の上でもない限りは、まず滑らないグリップの良さも魅力。
便利さは武器ナリ、この点を評価されて厨房や医療現場で使用されることも多く、アウトドア方面以外でどんどん履かれることになったのですね。

しかしまぁ、いくら便利でもねぇ。
こんだけ流行るとさすがにちょいと履くのに抵抗あるし、何より造りはまぁ、そこらの草履なワケで、『高ッ!!』って感じるのも無理からぬこと。事実、私は涼しいので夏場には愛用していましたが、さすがにオールシーズン履くことはなかったんですわ。
でも、先日エントリーに上げたばかりのアウトドアショップさんでで、穴あきモデル以外のタイプを試着させていただいたわけですよ。
クロックス・エンデバー

エンデバーってモデル。
そう、この手のサンダル最大の特徴でもある穴がない。
ここがポイント。
クロックス履いてる奴は多いけど、このモデルならちょい流行から外れてるのでいい感じ。
おまけに私が気に入った最大の理由は・・・。

冬に寒くない!

コレに尽きますわ。
冬場に履くにはちと辛いサンダル、これだと暖かいという寸法。いいなぁ、気になるぞ。
あと、子供さんにもこうしたサンダルは流行ってますが、正直あまり向かないのです。穴あきモデルは。だって砂場とかで遊んだら、穴から砂ドバドバ入ってくるからね。

どうでもいいけどな、このタイプのサンダルは、靴下履いてから着用するのが本来の履き方だからな。水辺以外では。街中で靴下履いてる人を見かけても、「プッ」と吹き出してはいけない。ココ重要。

だからって今日電車で見かけた、

網タイツにクロックスは

どうかと思うんだ、私は。
スポンサーサイト



記事URL | knockin' on outdoor! | トラックバック(1) | コメント(6) | 【12:11】 ギレン閣下の演説

| ホーム |