--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2007.11.30

脱力のブドウ

20071130132554
調子の悪い時、水分補給も兼ねて恒例になりつつある2本飲みシリーズ。
今日はビタミンとポリフェノールを摂取した後、喉を労ってみた。

なんつーか。
酸っぱさ炸裂のブドウ食べた気分。口の中が渋いっす。
スポンサーサイト

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(2) | 【13:25】 ギレン閣下の演説

2007.11.28

あんまり導かれていない者だけど

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち
スクウェア・エニックス (2007/11/22)
売り上げランキング: 2
おすすめ度の平均: 4.0
1 サイアク
5 やはり楽しい♪
3 ぬるすぎる・・・・

何気にDSでマトモにゲームをするのは数ヶ月ぶりですが、現在プレイ中。
IV自体はFC版でプレイして以来となるので、えーと、何年ぶりだ?

正直、いい思い出のないタイトルです。
DQはリアルタイムでVIまではプレイしていましたが、IIIを頂点にしてなんだかなー、ってのが個人的感想。中でもIVのガッカリ感が猛烈に記憶に残っていたので、逆にそのガッカリ感が一体何に起因するものだったのかを確認するためにDSでプレイしてみたという感じですね。
ちなみにDQ自体もPS版VII冒頭で放り投げて以来となります。

現在、5章の変化の杖をゲットしたところ。
マーニャが使えないという向きも(稀有ながら)あるようですが、・・・そうか? ブライはバイキルト要員だろ?
そんなわけで男勇者少佐は、アリーナとクリフトとマーニャを引き連れて冒険中。
実際のところ、古いゲームなのでシナリオ的にあまりに唐突な展開も多々ありますが、DQは元々お使いRPGなので気にならないのが不思議です。でもまぁ、来月に出るFFVIの方が好きかな。


しかし、何でこれをプレイした高校生当時の私はガッカリしたんだろう?
AIがあまりにアホやから?
アリーナの賢さがかわいそうなくらい低いから?
トルネコがイマイチ存在意義わかんねーから?

・・・多分、牧歌的なコンピュータRPGの時代がひとつの区切りをつけた時期だったからなんでしょうね。戦闘AIはその最たる例だったのかも。
レベル上げの時に「ガンガン」行く以外は、「めいれいさせろ!」しか使ったことなかったもんなぁ。

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【01:57】 ギレン閣下の演説

2007.11.25

『機動戦士ガンダム00』、#08を観た

回を追うごとにリアリティの追求を散りばめていた本編がどんどん種化していってる気がするガンダム00の#08。

なんかもう、ツッコみ所満載になってるソレスタルビーイングに対して、ちょいと株を上げたのがおねえちゃんの報道姿勢。
テロの被害者がある日突然生命と生活と未来を奪われるという現状。そして遺された遺族の怒りと悲しみに対して「取材するのが正直キツイ」というセリフは、非常に秀逸です。
ガンダムは基本的にロボットアニメなので、MSの戦闘が描かれないと商業として成り立ちません。
そこは仕方のないこと。しかしこういう市井の人々の言葉はその世界観にとって重要な構成要素ですから、至極真っ当な感情を持つ報道関係者の義憤というのは評価される描き方だと思いますね。

ソレに対するソレスタルビーイング。
世界情勢が利害の一致する限り彼らを利用するという姿勢を描く情報のリーク戦はとても面白いところ。こういう裏舞台こそが本当の意味での戦争の花形なんですよね。こういう部分を丁寧に描かなかった種とは一線を画する部分です。
ところがですよ。
肝心の主人公がダメダメ。

何この劣化宗介。

イスラム教徒らしき名を持つ幼少期といい、ゲリラをやっていたことといい、もう意識しまくりですな。ただでさえロン毛はクルツと言われてるのに、これでは手の施しようなし。
輪を掛けて王女とのお手軽な出会い・・・。

何この種テイスト。

おまけに自らがソレスタルビーイングの所属であること、コードネームまで明かし、馬鹿じゃねーか?
エージェントって自覚ないよなぁ。メガネ、撃っていいよもう。
おまけに簡単に囲まれてるし。チャリでも逃げ切るくらいじゃねーと、自爆してガンダムから落下しても血を流しただけで復活した短パンエージェントにはなれんぞ?
王女にしても「笑えない冗談」だと脱力していたのに、最後に馬鹿丁寧にガンダムで顔見せまでしちゃ、そりゃマイスター剥奪でしょ。
まぁ、この未熟さを描く物語といえばそれまでだけどねぇ。
そもそも道端で擦れ違っただけの少年を同郷と見抜き、SP使って他国で犯罪偽証して助けた挙句話しかける国家元首ってテロ以前に危険なわけだが、うなじが好物なので不問とする。
まっ、いーや。
見所はそこじゃないし。
何気に出てきたMA?
ああ、グラブロっぽくて結構好きですよ。
どう考えても水中でビームと名のつく兵器を運用するというのは解せませんが、この世界のビームサーベルがどういう構造なのかよくわかんないので不思議粒子でなんとかしてるんでしょ。
戦闘の天才にしてスペシャルなウッソでさえ、密着させた状態でしか水中でビームを展開するなんてことしなかったのに、あまつさえ刃を形成してましたよ、エクシア。
そんなことよりも着目するところがあるだけです。

何このスメラギねーやんのけしからん水着と乳。

そして何この、

ワキフェチに対する挑発的ポーズ!?



全くけしからん。
なんかもう、ここしか観るとこないようぅ。

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(2) | コメント(4) | 【00:00】 ギレン閣下の演説

2007.11.24

『機動戦士ガンダム00』、#07を焦って観た

おっさん傭兵最高。
ねーやんの乳最高。

ん?
他に何かあるか?

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(0) | 【21:31】 ギレン閣下の演説

2007.11.20

伯爵カラー

20071120162647
2、3足のスニーカーをローテーションして長持ちさせるのを常とする私としては、こんなカラーを発見してしまった以上、お財布の拘束制御術式を解放するしかないでしょ。

伯爵カラーですよ?

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(0) | 【16:26】 ギレン閣下の演説

2007.11.18

『機動戦士ガンダム00』、#06を(ようやっと)観た

あー、えーと。
誤記ではありません。
先週分をようやく観ました。

感想は。
そうですね。


なに、あのけしからん乳?


どんな服を着てもけしからん乳??


見せたいのか? そうなのか?


ええ、見ますとも!!



・・・でしょうか。
スメラギねーやん、もはやアンタのタメに観てる気がしてきたよ。ガンダム。

でもさー。
確か「敵勢力の手に落ちる可能性のある兵装や装備はありきたりの技術や生産品で作られているために機密保持製が高い」とかいう設定、アレもうポイしたのか?

どう見てもビームダガーを投擲していた

ように見えたのだが。
ビームサーベルが世界勢力ではまだ実用化されていないことをセリフで説明しておいて、ホイホイ投げ捨ててたら機密も何もあったもんじゃなかろうと思うのだが。

コブラの右手みたいに無線で飛んでくるのだろうか?

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(4) | 【01:06】 ギレン閣下の演説

2007.11.18

なんだこれの最低野郎

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ (1)
バンダイビジュアル (2007/10/26)
売り上げランキング: 1082
おすすめ度の平均: 3.5
4 政治劇として十分に期待出来る内容
4 雰囲気はやはりボトムズ
4 駆動音がATじゃないけど…

えー。
ようやく観ました。
約12年ぶりの新作となる装甲騎兵ボトムズ『ペールゼン・ファイルズ』です。
感想の第一声は・・・。

なんだ、これ。

そりゃ私はリアルロボットモノではボトムズを頂点と崇める信者なので、新作の評価は「了見狭いマニアだから」辛いと容易に想像つくでしょ?
うん。その通り。
第一話の渡河作戦のリアリティが秀逸だった・・・といってもプライベートライアンをATでやってるだけなんだけど・・・のみで、他に面白味のあった部分はむしろペールゼンの法廷劇部分という辺りがもうねぇ。新OPとED、ここはまだ我慢できても、最大のウリであるCGモデリングのATが激ヤバ。
相当な手間隙をかけて製作されているのは分かるけど、正直「作品クラス」として登場させるにしては役不足。
モデリング単体はスゴいんですけでね。コンシューマゲーム機のプラットフォームがPS2に移行した数年前には既にこの程度のCGでは、それこそFFクラスのソフトにもれなく入っているムービーを見慣れた目には滑稽に映るというのが正直なところ。
つか、ボトムズをリスペクトしているフロントミッションシリーズのムービーを観たことのある方なら、絶対に違和感を感じるハズ。
キャラだけをあそこから絵に換えるくらいまでの完成度がないなら、そりゃキツイわな。

今更全セルでやれとは言わないけれど、おなじCG多用のベクトルでも新劇場版エヴァの方向で進めなかったのかなぁ、と。

ということで、レンタル派です。

記事URL | アニメ雑文 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【00:33】 ギレン閣下の演説

2007.11.16

リアル最後の一葉

20071116132252
なんつーか、将来私の毛根が、彼の葉を見習ってくれることを熱望する。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(4) | 【13:22】 ギレン閣下の演説

2007.11.15

シャッフル同盟

20071115132230
シャッフルして一発目が超お気に入りだと、一日中得した気分でいられるのは、私だけだろうか?

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(5) | 【13:22】 ギレン閣下の演説

2007.11.15

寒いなぁ、オイ。AMEN

急激に気温が落ち込んできたのは大誤算。
私の部屋のエアコンは壊れてるので、冬はホットカーペットとコタツで過ごすという有様なのだけれど、そのコタツどころかカーペットすら敷かずにフローリングのまま。
うう。
さっむ。
仕事から帰ってから部屋を掃除する元気もないし、そもそも夜中にドタバタできるわけがないので、諦めました。
そう、古来冷えた体を温めるのは酒ですよ、酒。

つーことで、『HELLSING』の9巻を読みながらトマトジュースで割ったエビスをグビグビっと。
カッケー。
ウォルター、カッケー。
『吠えるな、駄犬』は『豚のような悲鳴をあげろ』に次ぐ名言の予感。

ちーと酒量が物足りなかったので、輪切りにしたキウイを肴に焼酎ロックにスイッチします。
湯飲みが空になるまで、『HEKKSING』OVAの3巻でも観るとするか。

・・・あ。
00の第六話、まだ観てねーわ。

記事URL | マンガ雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【02:47】 ギレン閣下の演説

2007.11.11

信じるも信じないも書き取り次第

20071111132117.jpg

乗り合わせた電車で、ふと目をやると彫ってあった落書き。
コンパスの針なのか、はたまたシャーペンなのか、それはさておき、よくトイレの個室に書いてある電話番号とはまた違った趣がある。
いい言葉だ。
奮い立つね、こういうノリは嫌いじゃない。

たださー。
『自分を信じる』前に、自分の国語力は疑った方がいいよな。

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【13:21】 ギレン閣下の演説

2007.11.10

松崎コブラの残響を洗い流す夜

おとついのこと。
genさんからメールがきたのでどうしたのかなーと思って携帯を引っ張り出したら、『BSで松崎コブラをやるのってどうですか?』との内容。
んー、私、かつてエントリーに上げたことあるんですけど、そりゃもう酷い有様です。
音響は素晴らしいのに、CVを調整失敗しただけで作品が大きく変わるといういい例ですね。

謝れ! 那智に謝れ!!

まぁ、新録版の劇場版ガンダム三部作も相当酷いですが、あれよりもまだ斜め上をいってますから。
ちなみに、私個人的に音楽が神の領域に踏み込んでる(単純にクリアな音質というのではなく、作品と融合という意味で)と思うのは、いくつかありますけどやはりコレとコレが最高です。

ああああ、シビれるぜ!
荒木一郎最高。

ゲーム原作のアニメ化ではコレが最高傑作ではなかろうか。
スクービードゥー最高。

世間的に評価が思い切り高いコレも、

恐ろしく作り込まれてるということが容易に分かる上、実際クオリティ高いと思いますね。
ですが、作中歌の挿入で最も涙腺が緩む最高峰は、ブッちぎりでコレな。

ジジイ最高。
ゴメス最高。

しかし、だ。

マツよ・・・。
どうやったらこのクオリティが、

こうなるのだ・・・。

まぁ、コレはコレでナシなのだが。

康雄・・・(涙)。

記事URL | アニメ雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【02:32】 ギレン閣下の演説

2007.11.07

リアルファイト

20071107132606
風邪で熱っぽく、喉が無性に乾くのに寒いという、まさに今の私にぴったりなカップリングやな、おい。
つーことで飲んでみました。
最初に左、次に右。

感想。
ゲップが生暖かいオロC炭酸のココアです。
真似はあまりオススメしません。

記事URL | moblog | トラックバック(0) | コメント(2) | 【13:26】 ギレン閣下の演説

2007.11.07

『機動戦士ガンダム00』、#05を観た

遅ればせながらようやく観ましたガンダム00・#5。
世間で酷評されてるほど酷くはないと思うんだ、・・・ガンダムって冠さえなければ。
なんつーか、アレ?
『今のオレにはガンダムの名は重過ぎる』
って感じか?
とりあえず、セリフで世界情勢と心情を説明するのはどうかと思うんだ。


とか言ってみる。 【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(2) | 【02:46】 ギレン閣下の演説

2007.11.06

古着紀行



夏の終わりに発見したお気に入りのお店
アウトドアカジュアルの雑貨&古着の品揃えが、お店の人のセンスと私の好みがピッタリと合うというのが嬉しいところ。
秋~初冬ものが欲しい季節になったので、ちょいと足を延ばしてきました。

こちらのお店、『Kampera』(カンペラ)という屋号は、スウェーデン語で野営するという意味から来ているのだそうだけれども、アウトドアで外に出ていて知り合った人ってのは、見ず知らずにもかかわらず助け合うことってのがよくあるもの。
そういう人がやってるお店なので、本当に丁寧で暖かい感じが心地いい。
前回はクロックスのシューチャームを探しに訪れたのだけれども、今回は「夏が終わったら古着を買いに行こう!」と決めていたので、お目当てのトレーナーとロングTシャツを物色。
前回も接客してくれた女性店員さんがやんわりと私に合う色目をアドバイスしてくれたのが高ポイント。好感度大でした。
テナントショップやブランド代理店だと、あまり自分に似合ってるかどうかを教えてくれないのよ、基本的には。
『まーお似合いになりますわお客さま』って棒読み、経験したこと誰でもあるんじゃないかな。
ところがね、古着ってのは一品モノだから、似合うだけでなくフィットするかどうかも賭けみたいなもの。だからこそ商品を管理されているお店の方に的確なアドバイスをいただけるってのは貴重なんよねー。
特に私のようなオサレとは無縁のおっさんにとっては。
だからこちらのお店でカウンターから出てきてくれた上に
『うーん、袖の具合が短めですね』
とか、
『あまり寒色を選ぶより、暖色の方がいいかも?』
とか、
そういう店員さんの助言は私のようにセンスに自信のない者には大変有難いデス。
ちなみにこの店員さん、アウトドアの知識がものすごく豊富で、とっても楽しい。
おまけに自分の髪が伸びたので、思い立って自前でバッサリ切っちゃったという。
・・・それもビクトリノクスのツールナイフのはさみでですよ!?
こういう武勇伝を持つ人がいるお店が、アウトドア好きにとって退屈なハズがない(ブログに書いてあったように少し髪形がクリボーだったのは内緒)


結局、店員さんオススメのブラウンのパーカートレーナーと、色合いが気に入ったワッフルのニットを購入。
CA340156.jpg

お会計をしようとカウンターに廻る時に目に入って一目で気に入った、フィンランド国旗カラーのカシミアのニット帽を追加。こちらのカシミアニットは古着ではなく新品だったけど、値引きのダイナミックさ=超激安に感動しました。
やっぱカート式のストーブはプリムスがいいんですかねー、
とかアウトドアの話をしながらお会計をしていただいてる間、カウンター上のジビッツを物色。
そこで発見してしまいましたよ、ナイスなものを。
こりゃ釣りをする私としては買っておくしかない!
・・・まぁ、気に入ったシューチャームがあれば買うつもりではあったのでエンデバーを履いて出かけていたのですが、女性店員さん、それも看破されていました。
『カスタムしましょうか?』
にっこり笑いながら窺っていただいたので、その場でお願いしました。
これがまた実に鮮やかで、一発でポンチ穴を開けてカスタマイズする様は、「むぅ」と唸るくらいでした。
ちなみに工賃は無料。完全サービスというのだから恐れ入ります。
いやー、自分で空けた時にはあんなに簡単にできなかったんだもの。
画像は後日自宅で撮影したもの。
CA340176.jpg

よーく見ると、
CA340178.jpg

うおおお、これいいわ。

カスタマイズありがとう、店員さん!


お休みの日にのんびりとお話しながら好みのものを丁寧に選んで買える。
これってすげー贅沢なんでしょうね。
『Kampera』さん、次は冬物買いにいきますねー!

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(1) | コメント(2) | 【01:56】 ギレン閣下の演説

2007.11.03

マスクドは目だし帽

寒くなってきましたねー。
朝夕の冷え込みは冬を感じさせるようになってきましたよ。

とかいう話を同僚としていたら、その中の一人が力説を始めました。

冬の女の子のニット帽姿が激エロ

なんだと。
うーん。
意外だったのは、放していた面子五人のうち、他にうち二人までもが同意したという点。
そ、そうなのか?
女の子が頭に何かかぶっているというフェチなのだろうか。
むむむ。
私なら一番エロいと思うのは・・・、お風呂上りに濡れたタオルをターバンみたいに巻いてる姿だと思うのだけれども。
ダメ?

記事URL | 日常生活雑文 | トラックバック(0) | コメント(7) | 【00:02】 ギレン閣下の演説

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。