--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2007.03.31

アトポス

アトポス

学生の頃から私の家に入り浸っていた桔梗の店主や、私の家に遊びに来てくれたことのあるブロガー仲間のgenさんsomedayさんなら周知のことだけど、私のアジトである自室が、壁の一部が本棚に占拠されている。
神戸に引っ越す際にほとんどの蔵書はあげてしまったし、それこそ学生の頃なら暇を見つけては読んでいた読書の時間もめっきり減ってしまい、月に10冊どころか半年で10冊も怪しい生活になってしまったけれど、手放せなかった蔵書が今も並んでいる。

先日、桔梗の旦那から書庫を模したブログサービスがあるのを聞き、旦那の書庫を眺めていたら、『お前の本棚も何があるのか知りたいから作れ』とのご要望を受けた。
まぁ、基本的にはアフィリエイトに直結したブログだということと、レビューを書くと相当時間がかかるという難点があるため、ちょっとした時間で登録するにはあまりにも不向きで、本格的に密林でアフィリエイトの達人を目指さない限りは、お勧めは出来ない。とはいえ自分の本棚を作ってみるというのは中々面白かったので、ちょこちょこいじったりしていた。

で、登録してるとどうしても昔読んだ本の内容は不鮮明になっているからちょいと読み直し、とかになってしまうわけだが、ここのところはDSの『フロントミッション』と並行して御手洗潔シリーズを読んでいた。
いやぁ、面白いなぁ、御手洗モノ。
『異邦の騎士』と『暗闇坂の人喰いの木』はホント、名作。
前者は青春小説としても出色、後者は世間という名の日常空間において、いかに猟奇殺人という嗜好が異質であり、しかしながら抑えがたい欲求と共に社会の中に確かに存在するのだという事実を記したレポートとしても出色。
もっとも、この作品以降、作者の島田荘司は御手洗をスーパーマンにしてしまったのと、あと、一冊の本の中で二本話を読まないと物語として成り得ないという、正直読む側としてはたまったものではない手法をメインに据えるようになっていくので私自身は急速にファンでなくなっていっちゃったのですがね。

本日、『アトポス』を読了。
あー。御手洗の子供時代でも北欧時代でもない、馬車道時代のミステリが読みたいのぅ。
スポンサーサイト

記事URL | 書籍雑文 | トラックバック(0) | コメント(4) | 【21:08】 ギレン閣下の演説

<<雷電 | ホーム | アイと幻想の金儲け>>

コメント

「異邦の騎士」のあの熱い男が、今や何たる体たらく。
もう別人だと考えてます。

御手洗の天才っぷりの描写もスゴイですが、
レオナの美人っぷりの描写もスゴイと思います。
どんだけ美人やねん、みたいな。

【2007/03/31 21:43】 URL | gen #-[ 編集]

>genさん
今でただの変人学者ですからね。そう、鉄の馬に跨って土手に颯爽と現れた頃の活躍がまた読みたいですよ。

レオナは・・・、ニシノソノさんよりは素で美人だと思いますわ。

【2007/04/04 01:49】 URL | 少佐 #-[ 編集]

わぁ、何度も書き込みスミマセン。

>『異邦の騎士』と『暗闇坂の人喰いの木』はホント、名作。

わーわー。
こんなところにも御手洗ファンが!
『異邦の騎士』あたしも大好きです。一時期プロフの写真にも使ってました。あと個人的には『魔神の遊戯』が好きです。

馬車道時代のミステリをもっと読んでみたいですね。
やっぱりそこが御手洗さんと石岡君の原点ですもんね。

【2007/04/10 08:39】 URL | うるめいちご #-[ 編集]

>うるめいちごさん
『魔神の遊戯』、未読です。面白いのですか? 気になってきましたよ。
私個人としては、『アトポス』以降の御手洗は探偵でなくなっちゃったのでちょっと、なんですが、ざっと調べたところ『魔神の遊戯』はどうやら探偵時代の事件を回顧するという形式のようなので、期待できそうです!

【2007/04/11 00:57】 URL | 少佐 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/1093-e1d660e9

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。