--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2008.03.15

はなくじら



母方が大阪の商売人の家系であることもあって、ウチの家でおでんというと関東煮のことを指す。
その差はかつてエントリーに上げたこともあるんだけど、そのせいもあって実は薄味のいわゆる「関西風」という奴に縁のない私は、「関西風」が少々苦手だったりするのだ。

そんな中で唯一の例外とも言えるお店がここ。
『はなくじら』。
CA340212.jpg

薄味だけれどしっかりした風味、そしてよく染み込んだ出汁。
見てよこの玉子の色。大根の染み込み方。大根にはほんの少し七味をかけていただきます。
CA340213.jpg

タコとシイタケ。
キノコが大嫌いな私が例外的に自発的に食べるのは大変珍しいのですが、ホントに美味しい。
あとタケノコ、ネギきんちゃく、UFO(魚のすり身の練り物)、オススメは幾つもあります。
そして何よりココの名物は、
CA340214.jpg

コロ。
いわゆるクジラの皮です。
そう、『はなくじら』は昔から食の台所・大坂で食べられ続けてきたクジラのおでんを今に伝えるお店。
写真にはありませんがさえずり(くじらの舌)やハリハリ巻き(しゃきしゃきの水菜をくじらで巻いてある)もいただけます。
CA340215.jpg

どうこの色。旨そうでしょ?
ただし、コロは獣臭があって思い切りクセがあるので万人受けはしませんが、好きな人にはたまらないです。

くじら食べるのは野蛮だとかかわいそうだとか色々言われている昨今ですが、こういう貴重な美味しいお店にはいつまでも通いたいですね。
スポンサーサイト

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(0) | コメント(2) | 【23:27】 ギレン閣下の演説

<<アンナビスケット | ホーム | フラグを狙い撃つぜ!!>>

コメント

不幸にして京都で鯨の扱いを一切習うことなく修行時代を終えてしまったのが心残りでならんのよ。
今度は是非連れて行ってくれ。

【2008/03/16 06:00】 URL | バタ #-[ 編集]

>バタ
行くかい?
大阪のコア地区ど真ん中だよ? 抜群に旨いで。

【2008/03/19 22:51】 URL | 少佐 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/1256-fe151ffb

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。