--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2004.12.10

名機ザクのレッドショルダー・カスタム化計画・天佑とはこのことか

20050106195441.jpg

二十円で購入した、MSFのMS-06F-2ザク後期生産型。
MSFはたまに気に入った機体が単体売りされてると思い出したように買う程度。でも、こういったアプローチには弱い。
大体、リアル系ロボットモノではこうした描写が事の外多い。武器を全身にゴテゴテ背負わせた機体ってのはどこか漢のロマンと色気があるのだろうか。
フル武装の羽折れザブングルも、レッドショルダー・カスタムのスコタコも、サイド6を強襲したケンプファーも然り。
うーん。
パーフェクトガンダムとかフルアーマーとかV2アサルトバスターは少し違う。ポイントは武器なのだ。

装備は携帯火器限定。

ココ大事。
使い捨ての大量生産品を全身に配しているところがイイのだ。



0083で初出したMS-06F-2ザク後期生産型、設定によると性能的には対MS戦能力を底上げした機体であるため、連邦のGMクラスとはタメを張れる仕上がりになっている。
汎用機で言うなら、
MS-06F<MS-06F-2<MS-06FZなのかな。
前面から見ると、右手にMMP-78(後期型):120mmマシンガン、左手にH&L-SB25K:280mmバズーカ、両足にZi-Me/Mk.IV:三連装ミサイルポッド、左腰にはMarkVIII:シュツルムファウスト。
20050106195452.jpg

後面から見ると、腰にMMP-80(前期型):90mmマシンガンをマウントし、右腰にはそのマガジン。さらに背中には使い捨てのブースターときた。あと、ヒートホークがあればおよそザクの代表的兵装の塊である。脚部のミサイルユニットが陸戦用なので、比較するなら局地戦用機か。ドムには及ばないだろうけど、J型やD型には負けないだろう。グフよりも強いかも知れない(除く、B3型)。

オデッサで「コイツに乗れ!」と命令されたら小躍りするほど喜ばないまでも、まあ、承服できるレベルか。ザクタンクなんぞに割り当てられたらそれはもう、何をか況や、でやろ? 陣営は違うけど、ソロモンでボールって言われたらもう、泣くしかない。
よくあるよな、ベテランパイロットが『俺にはザクが似合ってるんだ』とか言って06系を偏愛するオラザク設定。
あれってカッコいいけど、やっぱ、変。
私ならどんな汚い手を使って、どんな計略を巡らせてもゲルググを支給して欲しいぞ。
基本性能が違うやん。
実際に最前線で最新鋭機に一兵士が搭乗するなんて可能性はそれこそゼロなわけだが。


この機体はアフリカ・キンバライト鉱山跡基地のノイエン・ビッター少将機をモチーフにしている武装のようだ。ツノはないけどな。
全て実弾兵器ってのがまた、潔い。
少将やミーシャを乗せるよりはむしろバーニィにこそ、乗って欲しい機体やわー。


ただ、ケンプファーと違ってホバー機能がないから、遠くからビームで狙撃されて「はい、おしまい」となってしまいそうな感じがそこはかとなくするけどな。
スポンサーサイト

記事URL | テム・レイの回路 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【01:57】 ギレン閣下の演説

<<タブレット界の重鎮、幻のコーヒー味 | ホーム | 改造人間を連れ帰るワゴン売り>>

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/152-37265afc

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。