--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.01.27

ノロウイルスの棲み処

何とか勤務先より帰還しました。
今回の風邪、頭痛と高熱はインフルエンザを疑ったものの、猛烈な吐き気があるので今流行の胃腸風邪らしい。
ん?
胃腸風邪って要するにノロウイルス感染症やろ?


棲んでマスカ!?

私の腸にッ!!?



折りしも今日のお仕事はノロウイルス対策の商品陳列を展開することだったというのが運命的な気がしないでもないが・・・。
厚生労働省のサイトにもある通り、ノロウイルスは石鹸による洗浄やアルコール滅菌では死滅しないのだそうだ。
私は今日、商品を納品に来た業者さんに初めて聞いた。
で、どうすりゃいいのかというと、一番手っ取り早くて効果的なのが85℃以上の熱湯で一分間以上の煮沸消毒。
これが一番安上がり。まぁ、手間ではあるが。
じゃ、手間でないのはどうするか?
台所用の塩素系除菌漂白剤あるでしょ?
L社のキ○イキ○イでもK社のハ○ターでも何でもいい。
それを原液20mlに対して水5Lで薄めた溶液をスプレーするだけで殆どが死滅するのだそうだ。もしくはもう一手間かけてフキンを溶液に浸してそれで吹いたり包んだりするとさらに効果的。
包丁とかまな板は特に包むといいそうだ。
トイレも同様に塩素系漂白剤でお掃除するといいらしい。


もっとも、私のように侵入と繁殖を許してしまった菌床の場合、今更漂白剤をガブ飲みしても効果はないのであしからず。対症療法が必要になるからね。
※念のために書くけど、塩素系漂白剤を人体が嚥下した場合、最悪のケースでは命に関わるので飲んではいけません。


以上、流通業従事者の豆知識をお送りしました。
ペコリ。
スポンサーサイト

記事URL | 仕事とネタの歪曲空間 | トラックバック(0) | コメント(8) | 【00:38】 ギレン閣下の演説

<<『ウッ、少し目に入ったか・・・』 | ホーム | ちょいと早いけど>>

コメント

ちょっと待て、先日ノロウイルス患者と待合室でいっしょだったぞ・・・・・・ハイターで沸かした85度の風呂に入るのですか・・・・タスケテ

【2005/01/27 02:45】 URL | さなだむし #-[ 編集]

いや、仕事してるみたいですけど、病院には行かれたんです・・・よね?
85度のお湯を一分間飲み続けてもダメですよね?

【2005/01/27 09:25】 URL | すしバー #-[ 編集]

ハイターは愛用してます(笑)

【2005/01/27 12:00】 URL | くろおび #-[ 編集]

>さなだむしさん
ハイターを沸かしたらきっと、浴室に入るだけで死にます。ノロウイルスもろとも。
毒ガスですから。


>すしバーさん
はい、今日の午前中に。だめですか? やっぱり。
お湯を一分間のみ続けるのはヒンドゥーの荒行並みですね。悟りが開けるかも知れません。


>くろおびさん
スポンジの殺菌に使ってらっしゃるんですよね。
すごいなぁ。
メーカーさん曰く、関西に田舎の方では台所で食器やふきんを漂白することを『ハイターする』というそうですから。
ちなみに衣類の漂白の場合は『ブライトする』だそうです。

【2005/01/27 15:23】 URL | 少佐 #-[ 編集]

すみません、「ブライトする」に激しく
反応してしまいました(笑)

確かに手間なしですね、彼は。
わはは。。。

【2005/01/27 16:26】 URL | てりこ #TXeTSpk2[ 編集]

>てりこさん
てりこさんも『ブライトする』って使われます?
有名な単語なのかなぁ。
流通業界では『テマブラ』と呼ばれてますね、彼は。

【2005/01/28 01:20】 URL | 少佐 #-[ 編集]

医療用漂白剤と成分や分量が一緒なんですよねぇ
ならば単価の安い方へ(笑)

【2005/01/29 11:56】 URL | くろおび #-[ 編集]

>くろおびさん
成分が同じということは、医療用といっても殺菌効果が三倍高いとかいうことはないんですね。
ちなみに原価的にK社よりもL社の商品の方がさらにお手ごろです。

【2005/01/30 23:56】 URL | 少佐 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/301-d289d08a

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。