--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.02.09

ええええっ!? 『暗闇坂の人喰いの木』、映画化!!?

何気なくアクセス解析を眺めていたら、<暗闇坂の人喰いの木 映画化>のキーワードを発見。
調べてみたら、どうやら事実らしい。島田荘司講演会で作者自らが語ったとのことなので、信憑性も極めて高そうだ。脚本も第二稿まで上がっているとのこと。

御手洗モノ、

映画化しないんじゃなかったのか?


英語が喋れないような役者に御手洗潔は演じられないとかどうとか書いてたような記憶が・・・。思い違いだろうか?
御手洗役はまだ内緒らしい。

御手洗モノは本格の主流に位置しながら、意外とトリック自体はエキセントリックでなく、むしろスタンダードだと私は思う。それだけに映画化はむしろ王道と言えなくもないし、映画として観たらそこそこ面白くなるだろう。
ただ、島田作品、中でも長編の御手洗シリーズは<並列する別物語>が伏線となり、それが本編に絡んでくる展開がほとんどだ。初期の作品群、抜群の文章力で一本道を読ませてトリックに引き込む手法は『異邦の騎士』くらいまでだろう。『眩暈』、『水晶のピラミッド』や『アトポス』辺りになると、物語を二本読むくらいの覚悟で接さないといけない。
『暗闇坂の人喰いの木』はそうした過渡期の作品だと私は思う。
バランスが絶妙で、文章力とトリックと構成が高次元で融合している御手洗モノの最高傑作だと断言する。


でもなぁ。
『姑獲鳥の夏』も夏には映画化が決定していて、キャスティングを見て瞬殺で落胆したからなぁ。
自分が大好きな小説が映像を伴って作品化された時、今までいい思いをしたことがないぞ。『マークスの山』も悲しかったし。『レディ・ジョーカー』に期待できるのだろうか?
怪しいなぁ。
スポンサーサイト

記事URL | 書籍雑文 | トラックバック(2) | コメント(12) | 【00:26】 ギレン閣下の演説

<<仙豆なしではキツいかも | ホーム | 着弾、初体験>>

コメント

キャスティングみてすごい落胆しそうですね・・・

御手洗シリーズ
京極堂シリーズ
すべてはFになるシリーズ
館シリーズ

この辺はなんども読み込んだ作品ですが、どれも映像化して欲しくないですし、実際したのもみてないです(爆)

とくに館シリーズのゲームなんて_/ ̄|○

【2005/02/09 11:03】 URL | くろおび #-[ 編集]

う~ん、私も少佐さんに同感です。

主人公がシリーズ化されてればそれだけキャラクター像が読者の中で固まってるはずだから、作者がどんなにイイと思った俳優を連れてきても納得できない読者は多いと思います。
だって、アノ金田一耕○にも石坂派と古谷派とかあるんですもんね。今じゃ稲垣派もだわ。
どうして「今」映画化なんでしょうかね?
その辺が謎ですね^^

と、ちょっと熱くなってしまいました。
読んでる本はくろおびさんと同じだぁ(笑)

【2005/02/09 17:00】 URL | てりこ #TXeTSpk2[ 編集]

御手洗シリーズの長編は、本当に2作入ってますね。
「水晶~」「アトポス」なんて丸々2本入ってると思います。
最近読んでないなぁ島田荘司。

>くろおびさん
犀川と萌絵のS&Mシリーズもゲームになってますよね。
萌絵にちっとも萌えないボクは全然楽しめませんでしたが。
(途中放棄済み)

【2005/02/09 20:31】 URL | gen #-[ 編集]

というか、出版業界不況なんでしょうか?
映像化お断りの夢枕獏の作品が漫画とかになっちゃってますし。

【2005/02/09 22:14】 URL | すしバー #-[ 編集]

初めまして。
こちらでこの情報を知ることが出来まして、この記事にトラックバックをさせていただきました。
ありがとうございます。

ほんと御手洗役は誰になるのでしょうね?
私の感覚では、田村正○は違うし、国際派弁護士??もぜんぜんイメージと違うなあ・・・気になりますっ。

【2005/02/10 00:06】 URL | yua #27Yb112I[ 編集]

>くろおびさん
西之園萌絵シリーズは比較的映像化も容易そうですけど、あの軽妙なテンポを表現するのはまず無理でしょうね。
それでいくと館シリーズや京極堂シリーズなんて端から手を出してはいけないような気さえします。
>とくに館シリーズのゲームなんて_/ ̄|○
あまりに嫌な予感がするのでスルーしましたが、ヤバかったですか?


>てりこさん
そうですね。先に小説から入ると必ずぶち当たる壁ですね。逆に映像から入った金田一モノは私の中では古谷です(混浴露天風呂も同様)。
今映像化するタイミングとしては確かに追い風かもしれません。原作付きの日本映画、結構ヒットしてますからね。


>genさん
やっぱり二本読んでる気分になりますよね。内一本がまるまるトリックですからね。『水晶~』や『アトポス』は映像化が不可能かと。そうなると『占星術~』か『暗闇坂~』になるのでしょうね。『異邦の騎士』だけは作者が許さないような気がします。


>すしバーさん
夢枕獏と菊池秀行、ハイパー伝奇小説の大御所二大巨頭はどちらも漫画化には消極的でしたね。ただ、獏さんはマンガ自体はかなり好きみたいですし、BSマンガ夜話なんかにもよく出てますから。菊池さんは特定の漫画家になら漫画化OKと断言してましたから、かなり選んで漫画化されているのではないでしょうか?


>yuaさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
田村正和は島田さん自身がキャスティングにオファーがあったことをかつて短編集のあとがきか何かで明かしていましたね。
うーん、誰なんでしょう。
誰がなっても100%はないでしょうからね。満足度に。
石岡君やレオナもどうするんだろ?

【2005/02/10 00:48】 URL | 少佐 #-[ 編集]

館ゲーム>
ミステリーから心霊になってましたよ_/ ̄|○

西之園萌絵シリーズ>
逆に一番難しいかも
特にタイトルど忘れなのですが、8本目くらいの過去の話
あれを映像にしたら最初からネタバレですし(笑)

【2005/02/12 15:15】 URL | くろおび #-[ 編集]

>くろおびさん
し、心霊ですか!?
理系ミステリから最も程遠いところから攻めて来ましたねぇ。スルーしてよかったです。

西之園萌絵シリーズはああ、そうか。ビジュアルとしては一番映像化がラクかと思ったんですけど、トリックが映像だと厳しいですか。
一作目からそうですね。ネタバレしてしまいます。

【2005/02/12 19:11】 URL | 少佐 #-[ 編集]

西之園萌絵シリーズは小説という触媒をふるにつかったトリックですからねぇ

【2005/02/14 12:24】 URL | くろおび #-[ 編集]

>くろおびさん
となると、京極堂もかなりヤバいと思うんですよ。謎解き、とんでもないセリフの応酬で終わってしまいますし、何より映像ではあの言い回し、きっと伝わりませんよ。

【2005/02/14 20:38】 URL | 少佐 #-[ 編集]

オダギリジョーという話がありますね。彼は英語を話せるし、仮面ライダークウガだからバイクにも乗れるし、いいですね。

【2005/07/12 04:18】 URL | 郭靖 #2NU31nKA[ 編集]

>郭靖さん
コメントありがとうございます。
オダギリジョーですか? 癖毛の髪型が似合うかどうかが微妙ですけど、私個人的にはキャスティングとしていい感じのような気がします。バイクかぁ、『異邦の騎士』だけは映画化しないで欲しいなぁ。

【2005/07/12 23:35】 URL | 少佐 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/328-f22d0b81

【上上下下左右左右bA】
ミステリーの話。 少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト(後期生産型)の ええええ

【2005/02/09 20:01】

『暗闇坂の人喰いの木』が映画化?【ユア、ログ】
以前読んで面白かったなあ、と思っていた島田荘司さんの『暗闇坂の人喰いの木』が映画化されるかもしれないようです。{/face_fight/}そのなると、どなたが御手洗潔役になるのでしょうかね?気になりま~す。そう言えば同著者の『眩暈』に出てくる「三崎陶太の手記」のような

【2005/02/10 00:03】

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。