--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.03.26

ガンダムSEED DESTINY、第二十二話を観た

結構前に観ていたけど、エントリーをアップできずにいた『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE22。
周回遅れのアップなので気になったとこだけ要点を拾ってみよう。

ファントムペインの記憶操作
『記憶ってのはあった方が幸せなのか、無い方が幸せなのか、時々考えてしまうなぁ』との仮面の鷹のセリフ、そしてそれを補う『彼らには記憶が無い方が幸せだと思いますよ。指示された敵をただ倒すだけの戦闘マシーンに余計な感情は邪魔なだけです。効率も悪くなる』というセリフ。
強化人間で定着したこの手法、どうやらファントムペインの記憶操作はより徹底していて、およそ個を為すプライベートな情報記憶の蓄積はほぼ完全にフォーマットできるようだ。いわゆるPSやね。
せっせと携帯と貝殻(か?)を並べて眺めるシンが少々気の毒。もっとも、ステラにしても記憶操作云々以前にもう少しマシな色使いのハンカチが欲しかったろうが。

西川君
うーん、何のために派遣されたフェイスなのかはともかく、軍人としてはざっくばらんで、なおかつプロのようだ。というか、何考えてるのか分からん連中ばかりのミネルバにあって、唯一の良心かもしれん。
『割り切れよ。でないと、死ぬぞ』ってのはパイロットならむしろ、当然でしょうな。ノーキルなんて器用な、そして酔狂な真似、戦場で通用するとは思えない。アレは特例。キラ級でないとできん芸当だろう。

フリーダム登場
相変わらずバハムートの召喚シーンの如き登場。
開き直った演出なのか、セルフオマージュ。


_/ ̄|○
・・・思ったほど書くネタなかったよ、ママン。
スポンサーサイト

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(0) | 【21:40】 ギレン閣下の演説

<<ガンダムSEED DESTINY、第二十三話を観た | ホーム | 少しでも力になれれば>>

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/390-08a7819e

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。