--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.04.11

ガンダムSEED DESTINY、第二十四話を観た

今回は過酷な勤務体系と諸々により一週間周回遅れでビデオをチェックできたぞ。『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE24。
気になったとこだけ要点を拾ってみよう。

レイのルーツ
連合の研究施設を訪れて内部を確認した途端にパニック障害に陥るレイ。
分かり易過ぎる反応はともかく、連合の研究施設でいったい何が行われていたのかが焦点なのだろう。
ラウ・ル・クルーゼのクローンであると予想されるレイの出自ははっきりとはしないが、クルーゼ自身が鷹の旦那のオヤジのクローンであったことからも孫コピーであろうと推察される。ということはクローンの研究施設を目の当たりにして幼い頃の記憶がフラッシュバックしたというところか?
連合の施設で扱っていたのが前作の強化人間であるという可能性もあるので、レイがじつはヤク中であるという可能性もあるのか?
そういえばクルーゼみたいに細胞の分裂を抑制する薬(かどうかはわからんが、ともかく抑制剤)を飲んでところが描写されたことは未だないな。技術革新なのだろうか?

レイの情報戦
以前アスランがミネルバに着任した際にもセイバーと思しきコクピットから情報を引き出すような描写があったレイ。今回は独自にデータを受け取り、どうやら何らかを調査、それをさらにタリア艦長に報告している。
暗躍してるのか、それとも何かの特命なのか?

キラとアスラン
軍属に復帰して、一見筋の通ったような発言を押し通すアスランと、テロリストの扱いに甘んじながらもラクスを護り世界を再び戦乱に陥れないために立ったキラとの視点は大きく異なる。
そりゃアスランからすれば「むちゃくちゃだ!」であり、
キラからすれば「プラントも信じられない」であろう。
カガリを責めるアスランよ。じゃ、オーブを離れずに助けてやってればよかったんじゃないのか? カガリ単独じゃ抑え切れないことは容易に想像がついたはずだが。
ミーア及び議長を疑うキラよ。黒幕説は私も同意だが、だからといって手当たり次第の戦闘行為はテロですから。
どっちも痛いところを突き合ってるだけで話は平行線ですな。

アークエンジェル
温泉作るか、おい。
というか、ナデシコか?
入浴シーンはまあともかくだ。頭の上に手拭い載せて和んでるキラに衝撃。
いや、それ以上に衝撃だったのが箸を使ってる虎。
事欠いて、食べてるのがけつねうどん(蕎麦かも知れんが)とは・・・。汁はコーヒーか?
まあ、オーブにゃ日本料理って定着してそうだが。

まとめ

やっぱりリフレイン。

何度殺すのだ、二コルを。

そして、ハイネを。

残り二十二話としても・・・・、

三十回は固いと予想。

スポンサーサイト

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(2) | 【20:49】 ギレン閣下の演説

<<ガンダムSEED DESTINY、第二十五話を観た | ホーム | 赤い彗星の愛機>>

コメント

アークエンジェル内はいつから改装したのでしようね?
前回はあんなんじゃなかったはず(爆)

【2005/04/13 11:07】 URL | くろおび #-[ 編集]

>くろおびさん
きっと等級ははセネガル重工製の機動戦艦なんですね。

【2005/04/14 01:11】 URL | 少佐 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/409-5d6ae349

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。