--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.06.18

再掲・ガンダムSEED DESTINY、第三十四話を観た

PHASE33を見終えた直後。
勢いに任せて手に汗握る興奮そのままに『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE34を観る・・・、わけも当然なく、出勤を間に挟み惰性で録画チェックに雪崩込む。
主役機交代の伏線というか、まんまな展開になるだろうことは全視聴者の知るところだろうから戦闘シーンだけは期待しておこう。

板野サーカスや谷口演出を超える怪作

であることは間違いなかろうしな。
前話の演説を受けて遂に刃を交える前・現兼任超絶ヒーロー主人公と、元今作主人公=今はスーパーエースという名のヒールが対決する今回。
腹黒議長とニセモノ巨乳に騙される民衆とザフト最高評議会。そしてうろたえるユウナ。
簡単に騙される市井もどうかと思うが、ゴムボート漕いで帰ったのか? ユウナ。
どうでもいいが。
『我々の本当の敵は連合でもナチュラルでもない』って議長のセリフ、笑える。
全人類の敵はお前だ。
どうでもいいが。
『今までとは違う何かが大きく動こうとしています』ってキラのセリフ、笑える。
好き勝手動いてるのはお前だ。

ザフト全軍にアークエンジェルがUNKNOWNからENEMYとして認識されたところから開始。
これまたどうでもいいが、ザフトの作戦コードネーム、センスのかけらもなくてステキ。壊滅的な服装のセンスといい、どこをどう遺伝子操作したらこういうヤレヤレぶりになるというのだろうか。
『エンジェルダウン作戦』て。恥ずかしいやろ、おい。場末のキャバクラでももう少しマシな看板掲げてるぞ。

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(0) | 【13:44】 ギレン閣下の演説

<<最強の刀 | ホーム | エロルバトン・サーガ>>

コメント

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/500-92839f91

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。