--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.06.30

ゲームな音楽で眠る夜・サウンド編

ゲームというメディアに使用される音楽が市民権を得たのが一体いつのことだったか、思い起こせばもう随分と昔のことになる。
BGMなんてなくて当たり前、単純な効果音さえプレイヤーが感動した時代が確かに存在したのだ。

そんな遠い遠い昔。
世界初のゲームミュージックアルバムとして世に登場したのが『NAMCO VIDEO GAME MUSIC』だった。
ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック
ゲーム・ミュージック
サイトロン・デジタルコンテンツ (2001/03/23)
売り上げランキング: 3,787
おすすめ度の平均: 4.75
5 感無量
5 ハマル~
5 もう最高!!

まだCDなんてドーナツに似てるとさえ認知されていなかった時代、LPでの発売だった。
薄暗い店内、懐かしいタバコの煙、それにインスタントラーメンの自動販売機と匂い。テーブルに硬貨を積み上げてせっせと足繁く通ったゲーセンで楽しむ娯楽であったアーケードゲームのBGMを発売するという狂気の沙汰はしかし、その後の1ジャンルを確実に築く礎となった。
ゼビウス、マッピー、リブルラブル、ニューラリーX。キラ星のようなタイトル達。自宅でプレイを夢想できるだけで幸福だった。
絶対いたはずだ、私の他にも。あのキンキン音を再現したいがためにこのアルバムを聴いた後でバキュラにソルバルウでひたすら挑んだ猛者が。
以降、ナムコはゲームミュージック文化の中核となるメーカーであり続けた。

それに追随したのがセガ。
ハードにおける没落の貴族はしかし、音楽において類稀なる才能を持ち合わせ、なおかつ音楽に惜しみない投資を行う先見の明さえ備えていた。惜しむらくはその1/100でいいからハードの販売方法と戦略にも先見の明があればよかったのだが・・・。
体感ゲームと呼ばれる大型筐体を用いたアーケードゲームを花形に、セガのサウンドはゲーマーを虜にした。
セガコン ~THE BEST OF SEGA GAME MUSIC~ VOL.1
ゲーム・ミュージック
アニプレックス (2001/10/24)
売り上げランキング: 17,502
おすすめ度の平均: 4
4 思い出を聞く
4 ゲームミュージックの宝箱

伝説的な『アウトラン』の『MAGICAL SOUND SHOWER』『SPLASH WAVE』『PASSING BREEZE』、タムタムが飛び切りイカす『スペースハリアー』の『MAIN THEME-SPACE HARRIER-』、一般筐体では『ファンタジーゾーン』の『OPA-OPA!』や『DREAMING TOMMROW』がゲーセンには溢れていた。

タイトーも追い上げた。
ZUNTATAを結成、セガに比肩し得るサウンドを量産する。
ニンジャウォーリアーズ・コンプリート・アルバム
ゲーム:ニンジャウォリアーズ
キャニオンレコード (1993/03/19)
おすすめ度の平均: 4
4 ダディマルク

ここに至って『ニンジャウォリアーズ』の名曲『DUDDY MULK』が降臨する。

こうした流れはPCゲームにも影響を与え、PCゲームの黎明期最後を飾る大作叙事詩を彩る素晴らしい名作群を生み出す。
ソーサリアン フォーエバーI
ゲームミュージック
キングレコード (1996/06/21)
おすすめ度の平均: 4
4 ソーサリアン、フォーエバー。

ソーサリアン フォーエヴァーII
ゲームミュージック
キングレコード (1996/07/24)
おすすめ度の平均: 4
4 ソーサリアン、フォーエバー…

オリジナル音源だけでなく、この頃になるとゲームサウンドがアレンジされて電子音楽ではなく実際に楽器で演奏されることも当たり前になってきていた。そうした意味ではこの『ソーサリアン』が果たした功績は極めて大きい。スーパーアレンジヴァージョンを一度耳にすればその音色に驚愕することだろう。


懐かしいなぁ。
小学生から高校生だった頃までの思い出がギッシリのタイトルばかりですわ。
スポンサーサイト

記事URL | ゲーム雑文 | トラックバック(0) | コメント(3) | 【02:20】 ギレン閣下の演説

<<ごく最近のブログライフ | ホーム | 裏設定はナシの方向で>>

コメント

ナムコのジャケット、懐しっす!
小学校低学年の頃にファミマガで見て
ゲームの世界の奥深さを知りましたよ♪
もちろん当時はLP。
あの時、君は若かったw

【2005/07/01 22:16】 URL | someday #-[ 編集]

>ナムコ・ビデオ・ゲーム・ミュージック
これって細野晴臣監修だったような。
ゼビウスやマッピーのメロディは永遠です。

逆に最近のナムコは「なんだかなぁ」なカンジがします。

【2005/07/01 23:46】 URL | gen #-[ 編集]

>somedayさん
ゲームに使用されていた音源がそのままアルバムになるって画期的でしたからね。今聴いても耳に残るということは、そしてこれほど古いタイトルが再版されるということは、いかにこの頃のナムコの完成度が高かったかという証明でしょう。
名盤です。


>genさん
>これって細野晴臣監修だったような
そうですね、ぜビウスなんかはテクノっぽく収められてましたし。
>逆に最近のナムコは
流行りモノに手を出すと失敗してきましたからね、ナムコは。独自のとんがった作風が魅力なのになぁ。

【2005/07/02 00:37】 URL | 少佐 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/515-9c4c2b4b

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。