--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.07.10

ヤシマ作戦

先日のエントリーにちらっと書いて以来、ポツポツとアクセス解析に上るようになった『ヤシマ作戦で終了すべきだった』という一文。

もう十年以上経っちゃったので何のことだかさっぱりな方もおられるかも知れないが、ヤシマ作戦ってのは『新世紀エヴァンゲリオン』の第伍話『レイ、心のむこうに』と第六話『決戦、第3新東京市』を通して描かれる、同作品の序盤最大の見せ場を含むエピソードで登場する作戦名のことである。
要するに日本中からかき集めた1億8千万キロワットの高エネルギー集束帯を超長距離狙撃による一点突破で敵にぶつけようというとんでもない作戦なのであるが、コレが熱い。
LD引っ張り出して観てみた。
戦略自衛隊つくば技術研究本部・第4特機格納庫から徴発されたプロトタイプのポジトロン砲をスナイパーライフルに急造改造、スペースシャトルのどてっ腹パーツを改造して盾を拵える辺りの描写、そして肝心の狙撃シーンとそこから繋がる綾波レイの微笑みは名作と断じていい。
・・・んだけどね。

本放送終了直後に巻き起こったブームのせいもあるかもしれないけど、不必要に哲学的付加価値を与えられ過ぎたと思うんですよ、エヴァ。
でも、庵野作品ってどれもあんな感じだからとりたてて哲学的ってわけでもなかろうと思ってた人も多かったと思うんですわ。ブームの後追いが盛り上がって重箱の隅突付き過ぎたというか。。
少なくともTV作品でナディア、エヴァ、カレカノ、続けていずれもどこかで破綻してる作品ですわ。
南の島編、TV版最後半~劇場版、パンチラ以降。
暴論ですが、ボロボロのクオリティでもめげることなくヨメにシナリオ書かせて迷走するSEEDデスティニーと、開き直りともいえるボロボロさを作品に取り込んだ庵野作品って、結局のところは未完という一点だけでは同じなんじゃなかろうか、と。

せめて第拾弐話『奇跡の価値は』くらいまでのシンプルなロボットモノで路線固めてたら、今頃エヴァってどういう風に語られてたんだろうか。
巨神兵みたいな綾波や、『気持ち悪い』の首絞め見せられるよりは私はその方がよかったんだけどなぁ。
スポンサーサイト

記事URL | アニメ雑文 | トラックバック(0) | コメント(13) | 【02:05】 ギレン閣下の演説

<<まごころを、君に | ホーム | グレイにシビれる深夜>>

コメント

ガイナックスの作品にはあまり思い入れがないです。
「トップ(1のみ)」と「オネアミス」は愛してますけど。

【2005/07/10 02:40】 URL | gen #-[ 編集]

確か、「おもちゃ屋を締め出すためロボットものではない」が、初期設定だったかと。TV版の最後をナディアの最後並みに、普通に終わらせれば、よい意味で語られる名作になれたのかな~

【2005/07/10 05:52】 URL | さなだむし #-[ 編集]

EVAには負の感想しかございません。

【2005/07/10 09:24】 URL | すしバー #-[ 編集]

>genさん
あ、genさんユングの声、好みですか?
トップは大好きですよ。ガイナックスが云々以前に庵野作品の中途半端さが気になるんですよね。ナディアのラスト三話分のクオリティが出力できるカントクなのになぁ。


>さなだむしさん
まさに仰るとおりの感想を私個人は持っております。
あそこまで伏線というか単語ちりばめて小難しくしなくてもよかったんじゃないかなぁ、と。単純な活劇で見せてくれるほうがよかったなぁ、と。


>すしバーさん
私も劇場版を観た直後はそうでしたね。今では+-ゼロって感じです。

【2005/07/11 14:26】 URL | 少佐 #-[ 編集]

逆に哲学的なのがまだ童貞だった僕には新鮮でしたわ。
ただの殺し合いじゃつまらないですし。
レゾン・デートル…答えが出なかったなぁ…
まぁ、あくまで個人的な意見です。

【2005/07/11 23:33】 URL | someday #-[ 編集]

>somedayさん
少なくとも私は、あの劇場版のエンディングを観るくらいならTV版で終わっておいてくれた方が救いがありました。それ単体で観た場合、TV版最終回はトンデモですが、『あれはあれでよかった』っていうファンの懐の深さに甘えておいてもよかったのではないかな、
と。
劇場版で、しかも二回に分けてまで無理して小難しい解釈が可能なエンディングをくっつけようとしたあまり、十年経った今ではキャラの人気こそ残っていても、作品の最終的な解釈について語られることは少なくなってしまったと思っています。
気に入ってる話だけを選んで観直す事はありますよ、今でも。

【2005/07/12 23:33】 URL | 少佐 #-[ 編集]

>『あれはあれでよかった』
僕もそう思ってましたよ。
どんな終局でもエヴァらしくていいじゃないかって。
だから劇場版はある意味蛇足にも感じるんですよ。
まぁ、いい商売にはなったでせうけどw
つーか大衆はやっぱイレギュラーが苦手なんですねw

【2005/07/14 23:27】 URL | someday #-[ 編集]

>somedayさん
そうですね、未だあれ以上のヒット作はガイナから出ていないわけですし。
イレギュラーが苦手というか、庵野カントクの放り投げをまともに理解しようとしたのが敗因じゃないかなぁ。オネアミスやトップでは完結してるわけで、ナディア以降の悪癖かもしれませんが。

【2005/07/15 23:12】 URL | 少佐 #-[ 編集]

ユングの声、川村さんですね。
川村さんだと、レッシィが一番好きです。
サンライズギャル(?)三本の指に入りますわ。

【2005/07/17 12:44】 URL | gen #-[ 編集]

>>genさん
川村まりあ
あー、永野護夫人ですな。
ベルトーチカ続投かのぅ…

【2005/07/17 22:20】 URL | someday #-[ 編集]

>genさん
レッシィですか、私も好きでしたね。髪切ってすぐの頃より、再登場してヌーベルディザード乗ってる頃の方が好き。


>somedayさん
ベルトートカの存在自体を私としては消去しても構わないんですが、ベルトーチカチルドレンがある以上、御大は残しでしょうね。声は続投かどうかはともかく。

【2005/07/18 00:40】 URL | 少佐 #-[ 編集]

>再登場して
セクスィ仕様の方ですね。大人になった雰囲気が好きでした。
髪型は切る前のロングが一番好きかなぁ。
駄馬の前で髪を切るシーンはLDが擦り切れるほど見ました。(?)

>ベルトーチカ
続投だと信じたいです。
川村さんは、富野作品にはよく出てるんで、たぶん外される事はないでしょう。
・・・そう信じたい。w

【2005/07/18 21:50】 URL | gen #-[ 編集]

>genさん
髪を切るシーンはいいですねぇ。色気炸裂ですから。
ベルトーチカ自体はキイパーソンですし、川村さんは外されないでしょう、きっと。
島津さんは最近、ナレーションとか多かったのも影響したのかなぁ。

【2005/07/20 00:28】 URL | 少佐 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/535-d6ee24f2

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。