--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2005.10.14

家にいながら帯広気分

大学時代の友人、帯広で蕎麦屋を営む『桔梗』の主人逗留二日目。
一日中釣りを楽しんで帰宅した。ちなみに行き先がgenさんの地元だったことが判明。今度ご一緒しましょう。

古くからの友人であり家族でもある主人をもてなすと、おかんが手早く肴を作る。
アサリのバター焼き

モツコンニャク

稚鮎の塩焼き

アサリのバター焼きとモツコンニャク、あとタイムリーに入手できた琵琶湖産稚鮎を塩焼きにしてリンゴ酢でいただく。

一通り酒が回ったところで真打ち登場。
新豚丼

旧タイプの豚丼をかなり改良したとのこと。
食った感想は、まず一言で。

旨い。

旧タイプは胡椒の風味がかなり濃厚であったところを、マイルドに仕上げた感じ。柑橘系の香りが飛躍的に向上しているのに驚いた。隠し味は企業秘密とのことだけど、なるほどという感じ。お肉の柔らかさはもう、とんでもないくらい段違いになってる。
うむ。
明日も食べられるのが幸せだ。
旧タイプのタレと新タイプのお肉をあわせるとバランス悪いのかなぁ。ということで、お肉に旧タイプに近くなる細工をしてもらうことにした。
ぜいたくだぁ。

スポンサーサイト

記事URL | 食べ物雑文 | トラックバック(0) | コメント(6) | 【23:38】 ギレン閣下の演説

<<強敵よ、また会おう | ホーム | ミルメークに恋焦がれる夜>>

コメント

どうもはじめまして。ご挨拶にちょっと寄ってみました。素的なブログですね。これからも更新楽しみにしてます。これからも仲良くしましょ。

【2005/10/14 23:41】 URL | ゴッドウーチン #-[ 編集]

 うわっ!
 トドロキさんが家に来てくれて豚丼を作ってくれるんですか!
 すげー!
 ぜいたくすぎです!
 こんな事、ブログに書かないでいただきたい!

【2005/10/15 00:47】 URL | びといん #bHwfVFXo[ 編集]

さて、いただけましたか。
これで、客層が若くなるのもうなづけると思います。
脂身の味じゃなくて、肉の味がすごくよくわかる感じがします。
ボリューム感とか、満足感がでかいです。
女性の一人客が「ハーフください」と注文するところを2度見ました。
で、豚丼に関して何の先入観も無いてりこさんが、一口食って、企業秘密の隠し味を察知したんで、もしかすると、女性に訴求力のある味にもなってるのかな?とかも思いました。

【2005/10/15 08:55】 URL | すしバー #-[ 編集]

豚丼、うまそーーー!
晩飯後ですが、なんか食欲がわいてきました。
あと少佐さんの母上の肴もうまそうじゃないですか。
ノンアルで(下戸なので)ご一緒したいなあw

【2005/10/15 20:31】 URL | マンガー #-[ 編集]

(*´∀`)・・・お肉(w
おいしそうですね。わたしもご馳走になりたい(w

【2005/10/15 21:24】 URL | いずみん #-[ 編集]

>ゴッドウーチンさん
あい、よろしく。


>びといんさん
この上ない贅沢ですね。どかどか肉乗せてみんなで食べましたよ。


>すしバーさん
まず、てりこさんの舌に驚愕です。私は全く分かりませんでしたよ。企業秘密。
お肉の柔らかさはもう、この上ないですね。女性にも食べやすいマイルドさでした。胡椒が弱まり味が柔らかくなったのでお肉の味は一層引き立つ、というか仰るとおりに味がよく分かりますね。
ウチではおかんが一番おいしいを連発していたので、女性に訴求力のある味なのかもしれません。


>マンガーさん
おかんが読んだら喜びそうです。ありがとうございます。
丼はノンアルでこそかき込む醍醐味があるのかも知れません。私達は飲んだ最後の締めにいただきました。
ご一緒したいですね。


>いずみんさん
いずみんさん、関東ですよね? 北海道に行くことがあれば寄って見てください。関西に来られるなら私に連絡を(笑)。

【2005/10/16 02:32】 URL | 少佐 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/662-00f7fcdb

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。