--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】 ギレン閣下の演説

2006.05.15

夏の思い出・『ビーチ・ボーイ』

琵琶湖でザリガニをしこたま捕まえて、ガンボスープを作って飲んでた話を前回エントリー上げたんだけど、夏の琵琶湖で思い出すのはザリガニだけでなく、今思えば無謀極まりない、まさに『認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを』って経験が二度あります。
学生の頃、死にかけましたよ、二度。一度は私自身も、もう一度は十五年来の友人が。
生命の危機に直面するという貴重な体験はあとだから話せるものであって、そりゃもう、遭遇してる時の気分は常に冒険野郎マクガイバーやマスターキートンでしたからね。

一度目の危機は水上でした。
琵琶湖にはいくつか内湖があって、その中でも最大級の規模を誇るのが、水郷巡りと安土ヨシで有名な西ノ湖です。
ここはかなり古くからレンタルボートが完備されていて、釣りにもってこいの好ポイントなんですけど、それだけに人気が高くて、特に夏の長期休み中は朝早くからボートの順番待ちで人が並ぶくらい。当時はブームのど真ん中でもあったので、ヘタすればボートの乗れないこともしばしばあったんですね。
その夏の日、私と友人が様子見で到着した時点で6時寸前。すでに長蛇の列。
こりゃマズイと並んだものの、買い出しも何もしていない状態で、飲み物を買ってすらいない。なぜかまぁ、行きの途中で寄ったコンビニで買ったプッチンプリンはあったんですが、水分はゼロ。
気楽に考えていた私と友人は順番に滑り込んでそのまま出船、釣りしてました。
・・・ついでに黒く焼こうと上半身裸になって。
この時点でライフジャケットを着用していないわけで、例え死んでも文句一ついえないバカなのですがね。

今書いていても自殺行為の上限振り切る勢いですよ。
午前中はそれでも釣りをしていましたが、昼過ぎにお天道様が頭の真上にあるな~って意識し始めたころから身体がおかしい。

・・・汗が出ない。

文字通り全く汗をかかないんですよ。
アレッと思った時にはもう遅い。
口の中はカラカラ、視野が暗くなり、猛烈な吐き気と頭痛。なのに視界はピンク色に染まるという、脱水症状一直線。

ボートは手漕ぎの和船だったんですが、オールすら握れない。
声も出なくなってきて、搾り出すような苦痛に耐えて友人に訊いてみたら、もう一時間くらい私と同じような症状だといいます。
湖のど真ん中、どの岸からも遠い状態で、当然携帯なんてない時代のこと、周りを水に囲まれていながら干乾びて死ぬのを意識しましたね。
西ノ湖はマッディウォーター、つまり極端に濁った水質であまり綺麗な湖ではないので、水を飲むという選択肢は当時私達になかったんですね。
折りしもO-157が猛威を振るっていた時期でもあり、わざわざ大腸菌がウヨウヨいるであろう水を飲もうなんて考えもしませんでした。

当然、今なら即飛び込んでがぶ飲みしますが。

腹が痛くなろうが、今そこで死ぬかも知れないのですから、泥水だって啜ります。あるいは助かるならケンシロウの靴だって舐めるかも知れません。
鉛のような身体を引き摺り、こめかみの血管の音だけをぼんやりと聞きながら、オールをのろのろと動かすことしかできません。
途中、友人の制止を振り切り、止せというのにプッチンプリンの水気に負けてプリンを頬張った私は、その甘さにさらに喉が渇くというボーンヘッドでダウン。
あとは友人が文字通り命の恩人ですよ。
プッチンプリンの僅かな水気を舐めながら、向こう岸の崖まで辿り着いて工事現場のロープをよじ登った先がたまたま住宅地になっていて、そこで見つけた自動販売機で売り切れランプ出るまでスポーツドリンク買いました。
むせるわ、身体が受け付けないわで、今ならコレも危なかったですね。
スポーツドリンクは水で薄めて飲んだ方が吸収しやすいとTVで観たことあります。あまりに濃いとショック症状を起こす場合もあるとか。そういえばマラソン選手なんかはかなり薄めてあるのを飲んでるとも聞きます。

で、目に付いたお家の玄関先に放り出してあった園芸ホースを無断拝借して頭から水をかぶりました。

バカですねー。
しかしバカは死ぬまで治らないものか、この友人からの大きな借りは次の年の夏、倍返しで回収されることとなったのでしたとさ。
スポンサーサイト

記事URL | knockin' on outdoor! | トラックバック(0) | コメント(8) | 【22:09】 ギレン閣下の演説

<<素朴な疑問サーガ | ホーム | 夏の思い出・『黄の節制』>>

コメント

琵琶湖はやっぱ外国だったのくわぁ!

【2006/05/16 01:12】 URL | さなだむし #-[ 編集]

>さなだむしさん
えと、どこをどうして外国!?

【2006/05/18 12:39】 URL | 少佐 #-[ 編集]

お、次へ続くわけですね。
生死がかかってる状態も、過去のこととなると笑い話ですわね。
楽しく読ませてもらいましたw

【2006/05/19 00:00】 URL | あるてぃ #-[ 編集]

湖でビーチ・・・ん~

【2006/05/19 00:11】 URL | T-Style(るし) #-[ 編集]

>あるてぃさん
いやぁ、もう、ホントに死ぬところでしたから。
次回のはもっと危険域でしたよ。


>るしさん
あ。元ネタわかんなかったですか。釣り繋がりだったんですけどね。

【2006/05/19 00:20】 URL | 少佐 #-[ 編集]

あぁ・・・そういう事かw

【2006/05/19 18:00】 URL | T-Style(るし) #-[ 編集]

元ネタは<グレイトフル・デッド>と一緒に出てきた奴じゃないの?
名前忘れたけども。

【2006/05/21 08:29】 URL | あるてぃ #-[ 編集]

>るしさん
あ、分かりましたか!!


>あるてぃさん
あの、電車で攻撃しかけてきた奴らですよ。5部ですね。

【2006/05/22 02:09】 URL | 少佐 #-[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://syousa.blog2.fc2.com/tb.php/883-9d7074ae

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。