FC2ブログ

2004.08.28

ポーク・チューン

昨日から連休だったのでBlogの引っ越しやなんかをちんたらして過していたところ、キーボードを打つのにも飽きて中断。昼過ぎから釣具を整理する。
そしてら春先に買って放ったらかしになっていたビッグダディを発見。
買ったな、そういえば。
秋になればポークキーパーの煩わしさからも解放されるので今のうちにチューンをしておくことにした。

ステップ1
まず激硬い二匹共をかまぼこ板(台所から回収。洗ってから天日干ししておく。ポーク使いの必需品)の上に載せて、親の敵の如くナイフの背でトントン叩く。一心不乱に叩く。

ステップ2
保存液にポークソフナーをぶち込む。ティースプーン(100円ショップで購入。ポーク使いの必需品)二杯程度。

ステップ3
まあ、ここまですればあとは勝手に柔らかくなる。思い出した時に瓶を振ってシェイクしておくといい。あとは好みだ。
【カタパルト接続】

記事URL | ブラック補給線 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【23:07】 ギレン閣下の演説

2004.08.27

物欲魔人

タイラントHD!

手に入るまでどのくらいかかるのだろう?
ここはないものねだりしても侘しくなるだけなので、せめて真冬のジグ&ポークまでには間に合えばよしとしておくのが建設的か。


そんなに待てねぇって!!

記事URL | ブラック補給線 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【23:01】 ギレン閣下の演説

2004.08.22

違いの分からないオトコ

20041227192009.jpg

こいつ(↑)はゲーリーヤマモトのファットイカ。カラーは#020-235、私がベイトタックルのノーシンカーで最も偏愛するソフトルアーだ。
こいつの逆付けはラバージグのフォローとしてカバーに撃ち込むこともあれば、なーんもないところでトゥイッチさせてもよし、ダラダラとスイミングさせてもよしと、信頼に足る。

まあ、実釣面以外では問題も多いので割引は必要。高価で非常に脆いこと、またカラーを豊富に揃えている店舗が殆どないなど、調達に難のある時点でレギュラールアーとしては失格と言わざるを得ない。

で、心許なくなってきたストックを補充するために折を見ては釣具店を覗くのだが、これがまたずーーーーーっと手に入らない日々が続いた。
・・・のだが。
何気なくブラついていた店内で、似た様な商品を発見。
をわ!! こ、これは・・・。
20041227192140.jpg

こちら(↑)はキナミベイツのパームツリー、という代物。
キナミベイツって確かゲーリーの息子が立ち上げた会社だったはず。素材も似たようなものか? 名前こそ『でぶイカ』と『やしのき』ではそもそも比べようもないが、見た目も同じ。何よりお安くて色が選べる!!

万が一の場合を想定して大人買いは控えた。次の出撃で確認でき次第、問題なければ買占め予定。

記事URL | ブラック補給線 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【22:51】 ギレン閣下の演説

2004.08.21

迫りくるSPINの脅威

20041227191139.jpg

私の所有ルアーは洋の内外、時代の新旧に関わらず、自らの閃きとゴーストの囁きにのみ従って購入したものだ。ほぼ全品に手を入れて改造するのも性癖で、いわば異形の者共の傭兵部隊である。


そんな中、寒い懐具合に買い物を控えようと心に誓いながらもついつい釣具屋を覗くのも悲しい性なのか?
某店店内でクラクラした。
クレイドル・ハイパーソニック、D-ZONEフライ、タライロン、デビルリッパー・ジンガ、スタンブル、本山べビトー、ファットイカを発見。
色の好みでまず、D-ZONEフライ、ファットイカが脱落。既にこの時点で買う気だ。せめてもの理性が必死になってふるいにかけることだった。
手持ちで考えると、ハイパーソニックはバジンクランクで、スタンブルはオリジナルのクレイドルでもいいような。デビルリッパー・ジンガはとりあえずアマゾンリッパーで。動きは違うらしいが。

ん?

タライロンもアマゾンペンシルでいいかも。これも動きは違うらしいが(→充分手駒を所有している自分にはたと気付く瞬間)。


で。

先日仲間が仕留めた40アップのスコアがクリアカラーのジッターバグだったことを思い出す。その興奮と悔しさから、買ってしまった。
本山さん、あんたがどこの生まれの人かは知らないが、その田舎臭いまでの純朴そうな顔を信じてこいつを選んだぜ。

しかし。 【カタパルト接続】

記事URL | ブラック補給線 | トラックバック(0) | コメント(0) | 【13:49】 ギレン閣下の演説

2004.08.20

セミの新兵補充

20041227190833.jpg

本山バージョンのタイニークレイジークローラー。
ずっと気になっていたけど、高くて買わずにいた。へドンのルアーはオープン価格のため、店毎に価格差あり過ぎ。

野池陸っぱり中心の私にとって、コンパクトなスピナベは定番として外せないのでD-ZONEフライを物色しに店内を歩いていると、割引しているこちらを発見した。

オリジナルはバス釣りするなら誰もが持ってるルアーの一つ。この本山バージョンを手本にいじったセミで戦果を挙げている私としては期待度はかなり高い。
一口サイズのこいつなら間違いなくフォトダービーで成果を出してくれるハズ!!

本格的に復帰して三年以上。長いブランクの間に劇的な進化を遂げたハードルアーを買い漁ってはタックルボックスの肥やしにしてきた。

今年に入ってからはラバジの補充とトレーラーに使うワーム、それとビッグベイト以外でルアーを買うことは殆どなかった。使わない二軍ルアーがあまりに増えたからなぁ。
まあ、所有ルアーが大リーグ並みの仲間もいる。一軍~三軍だけでは足りず、1A~3Aまで抱えてるけど(笑)。

たまたま散髪に行った出先で、普段は中々足を運ぶことがない釣具屋での出来事。

買え! と囁いたのだ、私のゴーストが。

記事URL | ブラック補給線 | トラックバック(2) | コメント(0) | 【22:39】 ギレン閣下の演説

前ページ | ホーム |