FC2ブログ

2007.10.13

『機動戦士ガンダム00』、#02を観た

今週も始まりました00。
アバンで語られる世界情勢。
世界は三つに大分された・・・、て。
アメリカを中心とする世界経済連合・ユニオン。
中国、ロシア、インドの共同体、人類革新連盟。
そして新ヨーロッパ共同体・AEU。

それ、なんて『フロントミッション』?

スゲェ、あのオレンジ色のハロには、きっと今は亡き恋人の脳みそとか入ってるんだぜ。きっと。

とか言ってみる。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(1) | コメント(3) | 【01:40】 ギレン閣下の演説

2007.10.06

『機動戦士ガンダム00』、#01を観た

始まりました00。
食わず嫌いはイケナイとか思うのも、もう大概この時間この枠この放送局しいては負債に対する悪意の前では瑣末な問題に過ぎないわけですが、そこは悲しいことにガノタなわけでして。
えー、まともにレビュー記事を書くのがいつまでキチンと続くか分かりませんが、種や種死より酷くなる様なことはないだろうと楽観的に鑑賞してみますた。

西暦2301年のゲリラ掃討戦からアバン開始。
宗教と少年兵とゲリラ戦、分かりやすいまでの物語導入部。
この世界に神なんていない、という独白から、後の主人公君がなぜにエージェント・・・ガンダムマイスター?・・・になったのかという推察を匂わせる作りですね。
まぁ、さすがにライフル一丁でMSに対抗するという荒業はメロウリンクでも不可能でしょう、そもそも小刹那くんのライフルにはパイルバンカーが付いてませんし。
ってなことをツッコんでいたら、キャメル艦隊のムサイを蜂の巣にした射撃よろしくビームの雨と共に、空からRX-78が降ってきました。
背面のドライブ部分から見て、どうやらエクシア他の4機と共通のテクノロジーが組み込まれているようです。
となると・・・?

ははぁーーーん。

これ、後半の主役機で、かつ

のちの4機の

マイスター搭乗機の原型になった機体だろ。


とか言ってみる。


【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(3) | コメント(2) | 【21:39】 ギレン閣下の演説

2006.03.06

劇場版『機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-』を観た

ExMIA+MIAセカンドのハイメガランチャー

劇場公開初日に観てきました、劇場版『機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-』(以下、文中『鼓動』)。
元々、『星を継ぐ者』の上映時には劇場に足を運ばなかったし、『恋人たち』を劇場で観たあとでDVDで観たくらい、期待値は低かったんですよ。
機動戦士ZガンダムII -恋人たち-
バンダイビジュアル (2006/02/24)
おすすめ度の平均: 1.57
1 大失敗
1 やっぱり駄目
4 フォウの件も含めた劇場感想

『恋人たち』のレビュー・エントリーでも書いたけど、ファンでないと観ても意味の分からん映像になってるのは容易に想像できたし、映画好きとしては、一本の作品としての体裁にさえなっていないだろうという侮蔑もありましたし。
じゃあなんで、初日に立ち見札が出てるにもかかわらず狭い劇場に潜り込み、スクリーン横の通路に鎮座していたかというと――。

フォウの・・・。

フォウの仇が討ちたかったんですよ。


それだけ。
もっとも、当然クリアカラーの限定HGUC・Zガンダムは入手したわけですが(笑)。
限定クリアカラーZ

さすが初日。
シネ・リーブル梅田、シアター1が『星の鼓動は愛』、シアター2が『美しき野獣』(ちなみに【R-15】)の上映だったんですが、
・・・見事に韓流を押し退けてます。
おばさまたちを弾き飛ばしてます。

ヲタの群れが!!

客年齢層も、図らずもR-15です。
というか、R-30といっても過言ではありません。
通常会話で『ジェネレータ出力』なんてセリフを連発する人たちがたくさんいました。
大阪は怖いところです(ある意味)、ママン。
何より一番驚いたのが、劇場に入る前、必ずトイレに行っておくクセのある私が個室で瞑想に耽っていると、隣の個室でものすごい轟音が。
周辺にG-3並の危険ガスを振り撒きながらも私よりも先に個室を出た隣人、どうやら友人を待たせていたらしい。

隣人『いやぁ、参った参った。腹具合がメガバスーカランチャーでな』

友人『うむ。ここまでプレッシャーを感じる音やったわ』


・・・・・・。
なんつーか、私、この人たちと間違いなく同じ人種なわけで、とても悲しくなりましたよ、ええ。
ま、私の方はというと、ここ数日風邪のせいで調子が悪くサイコガンダムの拡散メガ粒子砲だったのですがね。

註:総集編の映画にネタバレも何もあるものではないと思うけど、ここから先は私の『星の鼓動は愛』の感想とレビューになります。
事前情報を仕入れないように注意されている方も多いと思いますので、続きはかなりハイパーメガランチャーでネタバレであることを了承いただいてからお進み下さい。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(1) | コメント(9) | 【16:33】 ギレン閣下の演説

2005.10.31

劇場版『機動戦士ZガンダムII -恋人たち-』を観た

離脱するぞ

おとついですね。
劇場公開初日に観てきました、『劇場版・機動戦士ZガンダムII 恋人たち』(以下、文中『恋人たち』)。
ええ。白状すると。
実は私、『星を継ぐ者』(以下、前作)を観ずに第二作を観たことになります。
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
バンダイビジュアル (2005/10/28)
売り上げランキング: 12
おすすめ度の平均: 2.87
3 今後の第二部、第三部に期待
5 これは
1 かな~り適当な感じ

DVDすら観ずにいきなりどうして初日にスクリーン中央を占める最高の席に鎮座していたかというと――。

劇場限定販売のHGUC百式が・・・。

クリアバージョンが欲しかったんですよ。


それだけ。
これ欲しくてさ

だもんで劇場のチケット売り場でクールに『限定のプラモデル下さい』って言ったら、営業用のスマイルすら恵んでくれないメガネのおねいさんが『チケットを購入された方、もしくは前売りで映画をご覧になったあとしかご購入いただけません』ってスラスラ用意された返答だったので、同じこと考えてた輩が多かったのだろうと想像。
しかも一人一個の個数制限付き。
やむを得ず、ちょうど40分後に始まる回を仕方なく観たというのがホントのところ。

さすが初日。
普段はそんじょそこらでかからないような小規模かつマニアックな映画を上映している静かな劇場だけにOLのおねいさんとかが結構多いところなのに、今回は違ったね。
チケットにプリントされた整理番号順に五人ずつがシアターに入場、自由席を順次選んで座る方式の完全入れ替え制の劇場。係員さんの『一番から五番のチケットをお持ちのお客様、ご入場どうぞ』とのことばに呼応した観客がやってくれました。
劇場内に入る扉をくぐる瞬間。
百式の入った緑の買いもの袋を抱えたまま一度腰だめになり、

『クワトロ・バジーナ、百式、出る!!』

と小声で入場していきました。
大阪は怖いところです(ある意味)、ママン。
あえて似ているパイロットを探すとするなら、どう見ても『重戦機エルガイム』でアトールVに登場していたマフ=マクトミンみたいな人でしたがねぇ。ガンダムでいうとなんだけどね。

註:総集編の映画にネタバレも何もあるものではないと思うけど、ここから先は私の『恋人たち』の感想とレビューになります。
事前情報を仕入れないように注意されている方も多いと思いますので、続きはかなりネタバレであることを了承いただいてからお進み下さい。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(16) | コメント(10) | 【02:35】 ギレン閣下の演説

2005.09.27

ガンダムSEED DESTINY、第四十九話を観た

いよいよラス前、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE49。
佳境ということで気合入れて観ました。
・・・。
ごめんなさい、言うまでもなくウソです。
それはさておき、ここまでくるとある意味とんでもなく期待してしまう最終回に繋がるだけにどんなトンデモを展開してくれるのかが気になるところ。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(3) | コメント(11) | 【03:10】 ギレン閣下の演説

2005.09.17

ガンダムSEED DESTINY、第四十八話を観た

うまく帰宅時間に合ったので、今週もリアルタイムでチェックした『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE48。
あと三回。
あと三回ですよ。

種運命最終回。
それは、バンダイがガンダムブランドの落着を我慢することのできる限界。
種運命最終回。
それは、この一年間の我慢大会の終わり。
ここを超えても、ガンオタは運命の評価を変えはしない。
視聴者。
制作サイド。
宿命のガンヲタと負債。
それぞれの宿命の限界まで、あと僅か。
最終回まで、あと僅か。

気分的にはとっくに私の心へ

『駄作』の名のコロニー落着してるんだけどな!!

【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(30) | コメント(5) | 【21:48】 ギレン閣下の演説

2005.09.17

ガンダムSEED DESTINY、第四十七話を観た

今回はなんと!
当日にチェックしました『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のPHASE47。
でもアップは一週間遅れ(笑)。
あー。
後番組のカットが異常に気になる今日この頃。
おーおーおー、どーせ総集編だろ、この野郎!
って感じで観てたのですが。
【カタパルト接続】

記事URL | ガンダム鑑賞・アストナージのふんばり | トラックバック(0) | コメント(6) | 【18:25】 ギレン閣下の演説

前ページ | ホーム | 次ページ